page d-173         In the souk

つくって、うたって、録って、撮って、すこぶる好調。
page d-173           In the souk_a0028990_18425558.jpg


3rdフルアルバムタイトルは「In the souk」。
souk(スーク)とは、アラブ世界で「市場」という意味。
『その語源には、「手渡し」という意味があるんだ』と、マラケシュの商人が言った。
マラケシュのスーク(市場)では、ほとんどのモノに値札がついていないので、
何を買うにも値段を交渉しなくてはならない。
ネゴシエイト&コミュニケイト、
略してN&C、わたしは心でクスッと呟いていたのだが、
このN&C、結構な体力と気力がいるのだ。

だがしかし、
Nしている間に自然と、否応無しにCがはじまっている。
商人たちと、心の機微を読み合って、迷路のような会話の駒をすすめる。
言葉がわからなければ、数字を書く、電卓をたたく、ジェスチャーをする。
こころ弾めばまけてくれるし、両者一点張りの平行線でおわることもある。
なにはともあれ、Nからはじまるコミュニケート。
会話、温度、笑顔、感情の「手渡し」がここにある。
身振りと道具、言葉という
原始的伝達手段を介して、真っ正面から。

いかんっ!、と思いながらも
一言も発さずして書籍やdvdを届けてもらったり、
ついにはネットスーパーまで利用しはじめるという
過剰文明を存分に享受しているわたしにとって、
スークでのN&Cはなんとも「人らしい」と感じさせ、
身のまわりの過保護体制を再認識させるものであった。






でもこれって、
とても、音楽的ではないか。
特にライヴなんて、複製と保存と効率のこの時代において、
あまりにも稀すぎる刹那さ、アナログさ、生々しさ。
ここにいるわたしから(あなたから)、
あなたに(わたしに)気持の「手渡し」ができるのだ。
だからこそ、とっても貴重で、
なんとも「人らしい」。
音楽を通してコミュニケイト。
これをわたしはミュージック&コミュニケイト、
略してM&C、とたった今つけた。
温度感のある言葉。
血が通った伝達。
手渡しの音楽。
ものすごく熱かったり冷たかったり、という
刺激的なものではないのかもしれないが、
じわっと寄り添う、低反発系音楽として、
体液に近いPH(ペーハー)で、
心をこめてつくっています。







In the souk。
タイトルに込めたもう1つの意味。
スークのがもつ特質、迷路感である。
狭い路地が入り組んだスークにおいて、
土地勘をつかむのは至難の業であり(地図もあってないようなもの)
一度はいってしまえば、おおいにラビリンスを楽しむほかない。
殊に日暮れから夜にかけての、その妖しさとエキゾチックさといったら!
好奇心と興奮、少しばかりの恐怖で震えるほどである。

スークに惑わされながら、わたしは人間についての
裏と表、善と悪、陰と陽について、さんざん思考した。
わたしの好きなプチ哲学タイムである。
(プチ哲学タイムはリズムよい歩行と相性がよい)
もう誰を信じていいのかわからない。
この笑顔は信用していいのであろうか。
どうしてこうも簡単に、ぽやーんとしたわたしを!欺けるのだろうか。

そうして出口を探そうとすればするほど
スポットライトが自分にむけられていくことに気付く。
人ごとで俯瞰するでない、
むしろ己自身がおおいに対象者である。
さっきまで清廉潔白で道徳的に機能していた脳が、
なにかのタイミングで
ふいに、思考にえぐみが増してきて、
ものすごい嫌な人間になっていく。
きたなくなっていく。
そして「ああ、嫌な人間だな」
と審判しているわたしは、
これまた一体誰でしょうか。
プチ哲学は常にシーソーゲームで、
おわりなき迷路なのである。






そのうち、わたしは意思を持って実際に二足を地につけて歩いているのか、
もしくは、自動歩行モードの二足に引きずられ、
乖離した思考のみが浮遊して歩いているのか、わからなくなってしまう。
そこで大変なことに気付いてしまった。
われわれは
自分の頭の中にこそ
大きなスークを抱えていたのだ!!!
脳こそが、スークそのものではないか!!!
なにかによって迷わされているのではなく、自ら迷っているのだと。
受動態でなく、能動態なのだと。
大いなる誤算と、混乱が招いた発見に震撼した。


マラケシュのスークが、
とても「人らしい」と思った所以は、おそらくここにあった。
懐かしい。知っている。産まれる前から知っている。
ああ、もともと内蔵されいた脳の、
具現化がこのスークなんだ。

つまり、わたしはスーク改め、脳内を自ら彷徨っていたわけである。


そして、その脳(スーク)なしにわたしは存在しない。
純度の高い「わたし」は
巨大ロポットの目のところの操縦室より小さい小さいところで、
全体をつかさどりながら、
どこか借り物感のある、身体とよばる容れ物と日々を共にしている。
つまり、全てをはしょってしまえば、わたし=スークという結論に辿り着いてしまう!
なんてこった!!



page d-173           In the souk_a0028990_1973357.jpg












Out the souk。
試行錯誤、
思考錯誤、
やっとの思いで
スークを抜け出して
広がる光景。


スークの入口とも出口ともいえる迷路の起点である、ジャマ・エル・フナ広場。
かつては公開処刑場であったこの地で、
大道芸人やミュージシャンがお祭り騒ぎを繰り広げ、
ところ狭しと並んだ屋台と商店が、
大勢の人間と混然となって賑わいをみせていた。
このうえなく「人らしい」ではないか。


心が翻るさまや不審感、気だるさ、妖しさ、
でも愉しいことや愛に溢れたことが、やっぱりやっぱりすっごく大好きで、
生まれて死ぬまで迷い続ける人、人、人。

今「なんのために生きているのか」と聞かれたら
迷わず「迷いにきたのだ」と答えよう。







「In the souk」は2010年5月12日リリース。
スーク=脳内の想像と創造の世界へおつれします!
迷っている自分に迷いがない、より逃避的で、楽観的で、ごきげんな自信作。

そして、7thワンマンライヴ「No.SOUK」も決まりました!
5月28日。渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて!
M&Cしようね。詳細は後日!
# by akiha_10 | 2010-03-05 19:58 | Daily thinking

page d-172          まだまだ音サンド

page d-172          まだまだ音サンド_a0028990_1855432.jpg

うなセッションの音録り。
お芝居の主題歌「ULTRA PURE!」とインスト曲、
などなど、、、盛りだくさん。

振り返ってみれば、何気にうなさんとは長いおつきあいです。
心の揺れと連動する音楽の陽陰について共通言語があって、
とても信頼できる方。

いつも頭の中のこーんな感じでこーんな感じ、
というのをUSBケーブルでひっぱって音にしてほしい!!と思うわけですが、
まるでそんな感じに、うり脳とうな脳のプラグの形状が同じ。
いつも感覚を汲んでくれます。
さらに、一層世界を膨らませてくれたり、おもしろい事が起こっている。
感謝です。



今回のレコーディングも
惚れ惚れミュージシャンばかり!!
この度のレコーディングは素敵な出会いばかりです。



page d-172          まだまだ音サンド_a0028990_19551814.jpg
うなさん、そして
(P)Keiko(from Vanilla Mood)
(B)須永和弘(from quasimode)
(D)渡辺豊
(G)佐藤嘉風
(敬称略)

豊師匠のがっつりドラムに支えられ、
またもや同年代、
チームエイティーズ(生まれ)
のプレイヤーが
自由気ままに奏でまくってます。
すっごくいい!!乞うご期待!









そしてそして、先日の晴れ豆ライヴお越し下さったみなさん!
ありがとう。
遠くから来てくれたあなたも!本当に嬉しかったです。

レコーディングをして、
自分の中で色々と吸収できているものがあると実感しているので、
ライヴに生かせたらと思っています。
来月は大阪に行くよ、ぜひぜひ遊びにきてくださいね!!

3/12(金)心斎橋Soap opera classics

昨年のMINAMI WHEEL出演時にライブを行なった会場になります。
詳しい情報(開場開演/チケット代金/他出演者 等)は決まり次第HP等でお知らせします!



そして今週のラジオは初のゲストG2さんをお迎えしてお送りしますよ〜。
こちらもお楽しみに。

でわ、今夜も唄ってきます〜。
# by akiha_10 | 2010-02-24 18:58 | Daily thinking

page d-171        How to edit

毎日つくっとるよ〜うたっとるよ〜。
すこし気分転換。

page d-171        How to edit_a0028990_1102058.jpg

ジャケットの衣装探しがてら表参道あたりに行ったときのこと。
目の保養に「THE SECRET CLOSET」をひやかすが
リュクスすぎてプライスカードはあえて見ず。
将来的にああいうのを格好よく着るベクトルでいくのか、
もっと牧歌的に、朗らかな大人ベクトルでいくのか、
わたし、みらい、楽しみね、と妄想暴走。






page d-171        How to edit_a0028990_1134299.jpg友人とお茶したタスヤードカフェ
(こちらのロイヤルミルクティー、ダイコウブツ!)
ででてきたカップに一目惚れ。
岡山県でつくっているという天沼徹さんのカップ。
調子にのって4つも買ったけど、、、
これってまかのマルチカッターデラックス
(野菜のスライサー)ふたたび…?
(ラジオで話したのですが、
いつか「きっと」するだろうホームパーティー用に
思いきって通販で購入したが、
誰も来やしないよ!という話)
マルチカッターデラックス。
一度、冷やし中華のきゅうりを無駄に繊細に切って以来、
その品名の躍動感も虚しく、
デラックスとはほど遠い、DX的には屈辱の、
戸棚のさらに奥の奥に追いやられてしょんぼりしている。
このカップは、普段から使えばいいんよね。
服も物も、日常にこそ、本命を。




紙やさん、PAPIER LABOに寄ったとき
目についた素敵な表紙のフリーペーパー、「雲のうえ」。
よく見ると地元「北九州市」の文字。
吸い寄せられて、手にとってパラパラ見ていたら、
なんと北九州市が発行しているフリーペーパーではないか!
内容もオールアバウト北九州!
北九州っちこんな、いい感じやったけね(いや、好きやけどね。)??
と思うような質感と、文化的気配、お見事な捉え方。
とってもクウネルテイストの編集だと思ったら、実際クウネルの方々が手がけているんだと店主。
頂戴して帰って読んでみるとまた、記事に注がれた愛情に嬉しくなる。
わたしの祖母をクウネルに載せて頂いた時のように、
ここに載ったおじ(い)ちゃんおば(あ)ちゃんも
「見てん!!載ったんよ〜」と鼻高々に見せたり配ったりしとるんかな〜と
想像を巡らせるだけで、あたたかい気分に。
(うちのおばあちゃんは50冊くらい買って配ったらしい…!)
ほっこりと洗練された冊子を閉じると、
突如裏表紙が北予備の広告であることに、ニヤリ。
ぐっとくる。


この冊子は市がオーダーして、季刊誌で出してるらしい。
懐深いよ北九州。
フィルター通せば曽根の漁師のおっちゃんもフォトジェニック。しぶいぜ。
そういえば、以前乗ったスターフライヤー(北九〜羽田便)の機内誌が別冊「GQ」だった事にも驚いた。
どうやらデザインやイメージに理解があり、力を注いでいる様子。あついよ北九州。


そういえば、わたしもそうであるように、
周りも含め北九っ子の、
地元に対する愛情たっぷりな毒づき方は一体なんでしょうね。
どこであっても、地元というのはそういうものでしょうか。
しかし、改めて、こんなにいいところだったんだ!!などという再発見は
比較対象となる風景の蓄積や心の鍛錬なしに気付くのは難しい。
どこをいいと思うのか、
なにが豊かと思うのか、
切り取り次第、
編集次第である。


ちょうど現在レコーディングしている曲の一節(つくったのは4年前だが)
「目に見えるものは君がcut&paste」という歌詞とクロスする。
見方ひとつ、魅せ方ひとつ、
人差し指と親指で囲ったスクエアになにをおさめるのか、
それをどう思うのか、
年齢が重なるにつれ、
「アリ」なものが増え、いいと思うものが増え、
(決めつけないことが増えたのだろう)
豊富な選択肢のなかで
惑いながらも、審美眼が培われる時。
味のあるフィルターとなれ。
一生なんてコラージュ次第。







page d-171        How to edit_a0028990_125052.jpg




ほぼ忘却、
素通りしていたバレンタインでしたが
女子としてちょっと反省。
遅ればせながら、ガトーつくったよ。
料理はいい気分転換になります。
# by akiha_10 | 2010-02-20 01:26 | Daily thinking

page d-170    続々  音サンド

レコーディング風景、いろいろ。なにかしら演奏中。
page d-170             続々  音サンド_a0028990_18291367.jpg




page d-170             続々  音サンド_a0028990_18342919.jpg




中西氏と、
タイコごしのツーショット。
(結局いれんかったけど…)












page d-170             続々  音サンド_a0028990_1832419.jpg


レコーディング前、
みんなで中西邸でプリプロ
(本番前にアレンジを練ったりこねたり)しておりました。
この空間、
ラボラトリーっぽくてすごいよい。
自然光もはいって理想的。
同じスタジオでも
外と接触があるだけで
(窓があるだけで)
随分気持が違うんよね〜。
# by akiha_10 | 2010-02-13 18:40 | Daily thinking

page d-169          続・音サンド

page d-169          続・音サンド_a0028990_1746406.jpg


こんばんわ。
二月ってやっぱり寒いのね!と思い知らされる近頃。
冬が本気を出してきましたね。


中西セッションウィーク。
中西俊博氏、もう随分前から大先輩お友達だったのですが、
今回アレンジをしていただけることになったのです!

今回のアルバム、先輩方と創作でき、成長させていただいております。
学ぶことが多い。


わたしがトマトが好きだということで、
中西邸より持って来てくださったミニトマトジュース。
ミニトマトだけでつくったらしい。かなりおいしい。こりゃあ、滅多に飲めないいいやつやね。



中西レコーディングでご一緒した
同世代のミュージシャンの方々。
本当にすばらしいです。
ちょっと前までは現場で末っ子、、というのが当たり前でしたが
今はむかし。



page d-169          続・音サンド_a0028990_17402310.jpg



木村将之(b)ファルコン(g)
伊賀拓郎(p)はたけやま裕(perc)

裕さんと、ファルコン、伊賀さん、
譜面を眺めて、「ふむふむ」
 
ハッピーターンを眺める
うりゅう








page d-169          続・音サンド_a0028990_17533734.jpg






謎のバンド。
そして木村くんボーカル…??
しかも結構シャウトな音楽らしい。








ごきげん写真満載ですが、
みなさんすばらしい集中力。
とっても素敵なので、
音源をお楽しみに!
本当にありがとうございました。
いいレコーディングだった!!
# by akiha_10 | 2010-02-13 18:04 | Daily thinking