<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ニューヨークジャーナル 118

a0028990_683210.jpg

ミートパッキングエリアでアイコンのひとつともいえるスタンダードホテルがいつのまにかイーストヴィレッジにもできていました。ペントハウスのルーフトップ。こじんまりしたスペースだけど開放的、ダウンタウンを見下ろし初秋の風にふかれる。

a0028990_6231028.jpg
















ここで日本人女性がライヴをやっている、という漠然とした情報で誘われて行ってみたらチボ・マットの羽鳥美保さんがパフォーマンスをされていた。完全なるインプロヴィゼーションで、その場にいた音楽関係の方が、このようなノイズ系のエレクトロはまさにLowerEastSide系だというのを教えてくださった。わたしがNY的なサウンド、と把握していた最近よくお目(耳?)にかかるソリッドでノイジーな音楽、というよりアート寄りの実験的音楽はNY的というよりLES発信なんだなぁ。ここ数年で確立されたブルックリン系(一時の下北沢のような音楽発信地)は、もうすこし定義の幅がひろがり、メロディアスで音楽的なものを示すらしい。ファッションでもよく使われていますが、どこでも地域の◯◯系とカテゴライズするのは同じなんですね。そう考えると文化はロケーションベースに沸き上がるものなんだと考えさせられます。

観光で来ていた時に直感的にLESが心地よく感じ、近所に住もうと決めた。自分が爽快でいられるのでここで空気を吸っていたいと思った。昔は危ないと言われていたイーストヴィレッジの東、アルファベットシティあたりも小さなバーやカフェがあって散歩しているだけで鼻歌がこぼれる。ブルックリンブームにおされて、「クリエイティヴなことをやろうとする人がまだマンハッタンにいるなんて」とステイタス逆転という風潮すらあるマンハッタン。そんな中で、ここの辺は唯一おもしろいエッセンスが残っている場所なのかもしれない。いや、どんどん先を見越している、まことのニューヨーカーから言わせればわたしのような末端のビジターまで面白いという印象が届いた時点でもう古いのかもしれないね。まあ、大切なのは客観的にブームな場所であるかより、今の自分がどこで一番心地よいと感じるかということ。

a0028990_625822.jpg








ダウンタウン空中でわたしの頭の中でキュルキュルとレコードが逆回転する音がした。そうだ、ちょうど音楽活動に誘われて、福岡から東京にプリプロなどをしに行きはじめた高校生のころ。ミュージシャン仲間から「明希葉ちゃんこれ興味あるかもよ」と頂いた音源がチボ・マットだった。その時聴いた「Sugar Water」を機に今も好きな映像作家のミシェル・ゴンドリーを知ることになった。わたしはあまり熱心に音楽を聴かないので音楽性がどうとかこうとかという事の印象よりも、なによりNYでなんだか面白そうなことをやっている方がいるんだな、という全体像が田舎娘にはひたすら鮮烈で、今考えると頭の片隅にぼんやりと彼女たちの存在はずっとあったような気がする。こうして図らずも10年以上も前の点と現在の点が結びついて、ノイジーなパフォーマンスは主観的にあらゆる含みのあるサウンドに聴こえた。夜な夜なのNY探検で、最近音楽関係の知り合いが増えてますますおもしろい!NYでは人との出会いがルーフトップの夜景に勝るハイライト。



a0028990_6254843.jpg

眺めのいいバーというと、友人キャサリン(右上で激しくダンシングの彼女)の誕生日会で行ったサウスストリートシーポートにあるBeekman Beer。ブルックリンブリッジを背景に、イーストリバーに臨むビアガーデン。下が砂浜になってマンハッタンでビーチ気分。たくさんデートをしているモテキャサリンの目下の悩みは「どうしてNYの男はみなボーイフレンド(彼氏)にならないの?わたしが求めているのは一夜の楽しいデートではなくて、彼氏なのに!」と最後は「I hate NY!!」とまで吐き散らしておりました。

男女間におけるCommitment Phobia(コミットメント恐怖症)という、親密になることや「わたしたちはこういう関係である」という公約を恐れる、NYの独身男女によく見られる傾向をさす言葉がある。長年つき合っているカップルが正式に結婚に踏み切らなかったりする場合を言うことが多いらしいが、デート中の男女間においても公の彼氏、彼女になるかならないか、という場面でも使われたりします。中学家庭科の授業で事実婚という概念が革命的だなぁと目から鱗をボロっと落としたわたしは、様々な形があってもいいんじゃないかなぁ、と個人的には思ったりもするんだけどねぇ。


未だに自分のバースデーパーティーを自分で主催するアメリカ文化(NY文化なの?)は面白いなぁと思う。「みんな今日はわたしのために来てくれてありがと〜!」と生まれながらの主役DNAがあってこそ。みんなパーティーが大好きだから、これをきっかけに友達や出会いづくり、と来場者のためにもなるんだね、きっと。友達の友達はみな友達文化のアメリカ、誘ってみた元ルームメイトのカミール率いるフレンチ集団もご来場。こうしてパーティーは膨れあがっていきます。来月にはパリに帰ってしまうカミール!次はきっとパリでね!
by akiha_10 | 2012-08-31 06:48 | NY Journal

page t-159         カリブワープ 6

a0028990_737832.jpg

a0028990_7373235.jpga0028990_7374987.jpg
by akiha_10 | 2012-08-25 07:39 | Trunk

page t-158        カリブワープ 5

a0028990_6524071.jpg

a0028990_7115430.jpg
a0028990_653253.jpg
by akiha_10 | 2012-08-24 06:59 | Trunk

page t-157         カリブワープ 4

a0028990_742731.jpg

a0028990_6373510.jpg
a0028990_6334983.jpg
by akiha_10 | 2012-08-23 06:34 | Trunk

page t-156       カリブワープ 3

a0028990_713274.jpg

a0028990_5194569.jpg
a0028990_49217.jpg



































モロッコの次に行きたかったハバナ。非現実な時間旅行だった。

キューバ入国に「ツーリストカード」なるものが要るとは知らず、ケミィが持って来ていたガイドブックに記載してあるのを乗継ぎのメキシコシティでおや、と発見した。日本から来る場合キューバ大使館などで事前購入できるらしい。「メキシコシティの空港に置いてあるかも」(かもってなんだ。)と記載されていたのでシティの空港で「ツーリストカード」を探す旅がはじまる。といっても乗継ぎ時間はわずか30分ほどしかなくタイムトライアルとなった。以前、シティからオアハカに行く際、旅慣れた先輩と旅好きのわたしであったにも関わらず、空港の職員は誰もわれわれの質問に正確に答えることができず「◯◯カウンターにいけばわかるよ」という、必殺アミーゴたらいまわしの術に翻弄され、結局乗り継ぎ便を逃したという、この難関空港で、である。嫌な予感は的中、またも、たらいまわしの術にやられた。誰も「ツーリストカード」なるものは知らず、それがある場所は5,6人に聞いてそれぞれ違う回答だった(決して知らない、とは言わない)。あらゆるカウンターを巡り、不思議な場所で名前を書いて待たされたり。迫るフライトのことを話しても「ここでとりあえず待ってて」と悠長で焦る様子は全くない。「ここで待っているのは多分用件違いだと思う!」と立ち去って違う人にまた質問すると、やっとこさ、その方が正しいツーリストカードの場所を教えてくれた。「ケミィ、走るよ!」とぬいぐるみ顔も鋭敏に空港を駆けた。ああ、メキシコよ。あのお気楽のんびりのフランスやイタリアを越える適当さだ。準備とツメが甘すぎるわたしの適当さとまったくいいとこ勝負じゃないか。

無事、キューバに入国した。
by akiha_10 | 2012-08-22 04:55 | Trunk

ニューヨークジャーナル 117

a0028990_12392054.jpg
NYのコーヒーはおいしいのだ。
ラテもカプチーノもこだわりのお店に行くとかなりおいしい。でっかいマグの茶色のお湯、というアメリカンダイナーコーヒーから、NYでは近年の「第三のコーヒー」ブームによってコーヒーが洗練された。(第一・食卓にコーヒー文化を浸透させる/第二・スターバックスなどのチェーン店コーヒーブーム /第三・より個人的にこだわった、ワインのように楽しめる、その店の哲学のあるコーヒーの提案)




NYでのコーヒータイムがなにより好きだ。コーヒー激戦区のマンハッタンやブルックリンで、いつでも美味しいカプチーノが飲めるという環境に甘やかされていて、ニュージャージーにあるニューアーク空港(いっきに田舎の気配)でお茶をすることになった時、あまりの選択肢のなさに「カプチーノはどこよ。」と肩を落として叫んだ。いかにもアメリカのドラマに出てきそうなマンハッタンかぶれのスノッブ気取りだ。

ポートランド発のスタンプトンコーヒーや、カリフォルニア発のブルーボトルコーヒー、
フェアトレード&オーガニックなコーヒー豆を使用するThink coffee、
器と空間も素敵なLa Colombe cafe、おいしいパンも買えちゃうAbraço。
いずれも特にダウンタウンに店が密集、それぞれ豆の管理の細かさや厳しい選定基準、ミルクのフォームのこだわり用を見ていると大味なアメリカ、というイメージは一蹴されます!


a0028990_12402659.jpg

最近わたしのコーヒーリストに加わって、よく行くチェルシーにあるコーヒーが飲めるカフェHaven's kitchen
カウンターテーブルだけなので、あまりゆったりとする雰囲気ではありませんが、店内に陽がよく行き届いており、奥には料理教室があったり、上にはイベントスペース。空間やグッズが洗練されていて、コーヒーのおとものお菓子(特にピスタチオクッキー)も東京顔負けのおいしさ!
って、「東京」がいつも基準になっているところは、もう仕方がないね。


a0028990_1241619.jpg

東京ほど洗練されておいしいものが揃っている場所はないと断言。
素敵!と思う空間だって、よく考えると青山や代官山、二子玉川や自由が丘あたりに似たようなものがある。数にすると東京のほうが数倍あるだろう。清潔度でいうと圧倒的に東京はすばらしい。
東京になくNYにある洗練された美味しいものは探すのは難しく、このカフェのお気に入りのクッキーだって、東京みたい!という表現が最大級の賞賛なのであった。

歯の治療をするため数日東京に帰って、しばらく離れていたその東京の都会ぶりを確信した。NYと一体何が違うんだろうなぁ、と考えた。そこにいる人たちのパワーなのか、明るさなのか、なんなんだろう。NYは人が街をつくっているのを感じる。こういった人たちがその場所に居たから必然的にその箱ができ、その文化が生まれ、街の景色が形成されていく、といった感じに。東京は少々過保護で、先に箱(都市開発というのか?)が用意される場合も多くある。あの場所に行くにはこういう風にしよう、こう演出しよう、こんな暮らしをしよう、とスマートで勘が鋭いから馴染みも早く、人や文化が環境によって培われることも。もちろん、人が街をつくっている歴史ある東京の下町などはある意味NY的なのもたしか。NYのぎゅっと凝縮されたパワーと違った意味のパワーで、東京が持つ多面性には改めて面白みを感じたのだが。


久しぶりの東京は想像通り、楽チンだった。どこに行っても言葉が通じる精神的安定と、信頼できる店員と、蛇口をひねれば出てくる軟水と豊かな食事のおかげで、ドライな肌も髪も見事に生き返った。
改めて日本って最高だ!


しかし数日経つと、やたら話しかけてくる隣人や、地下鉄のラップもどきのチェキラな会話や、仕事をする気のないバスの運転手や、汚い薄暗いバー、レストランやショップで店員が差し出す時に必ず言う「Enjoy!」がとても恋しくなった。

成田空港のエレベーターから見えた「おかえりなさい」にも安堵して胸が熱くなったが、帰り機内アナウンスの「Welcome to NY」にも格別な鮮やかな響きがあった。わたしにとってもう憧れだけではなくなりつつあるこの街の多彩な思い出や想いが込み上げて、めんどくさい人たちと、めんどくさい日々がいとおしくなり、
NYにウインクされながら挑戦状を渡されたようだった。
そしてまたこの街にのめり込んでしまうのだね。
by akiha_10 | 2012-08-21 12:54 | NY Journal

page t-155   カリブワープ2

a0028990_15112453.jpg

カンクンにて、せっかくの海だしクルーズしてみたい!というケミィのリクエスト。
ホテルのツアーデスクに行ってみるとカリブ海だけに一押しされた「海賊船クルーズ」。
内容はというと、荒くれ者の海賊たちとアクロバットにカリブ海を航海、
野性味あふれるバイキング(食)を堪能し、もしかしたら秘宝も当たっちゃうかもよ…!的な
パンフレットを見る限り明らかにキッズが群がる大冒険だったので、
もういい加減大人であるわたしと、しおっとしたぬいぐるみ顔のケミィは
「いや、こんなワンパクやなくていいよね。ノーわんぱくでお願いしますっ!」とプランBをおたずね。


a0028990_15203263.jpg


そして提案されたコロンブス号は「ロブスター付き、ロマンチックなサンセットクルーズ」。昨年エーゲ海クルーズでさんざん「ロマンチック」と強調されて参加したクルーズツアー、ワンピースでも着て風に吹かれていればいいのかしらね、と高を括っていたところ険しい火山マジ登山と「ホットスプリング(温泉)という名の海(この海の先はあたたかい温泉ですからね〜ということで泳ぎ必須。)に有無も言わせずぽいぽいと飛び込まされるという予想外すぎる激しいアクティブツアーがちらついて(嫌いじゃないけど)パンフレットに「登山」と「海飛び込み」の文字がないかチェックした。




a0028990_1521837.jpg














あいにく曇天だったので、クリアな空に夕陽が沈む景色は見ることができなかったけども、船上が素敵だった。サンセットクルーズにはおなじみのサックス奏者と、場を盛り上げる司会者。今回は本当にベタなほどロマンチックだった。だって、Loveの文字の点灯だもの。ハネムーンや結婚記念日のカップルがほとんどで、素敵なムードの中、「隣がわたしでかたじけにゃい!」とわたしたちの周りだけコミカルなムードが漂っていた。



a0028990_15212671.jpg





踊ったり










a0028990_15213798.jpg



談笑したり









a0028990_15214778.jpg



新婚さんが愛を誓ったり
長年連れ添ってきた夫婦が再び愛を確かめたり





a0028990_15223445.jpg





あのお方たちは一体どのようなお関係かしらね。
と昼ドラマのようなしょうもなさすぎる妄想したり。←わたし
コロンブス号ありがとう。












a0028990_15281198.jpg



カンクンのダウンタウンは大きなショッピングモールがたくさん。
でっかいクラブのようなものもあり、雑多な雰囲気。







翌日、ダウンタウンの市場に行ってみると呼び込みの激しさにびっくり。
「フリークーラー フリークーラー!」はエアコンを完備している(めずらしい)
室内の店舗の呼び込み文句のようで、涼んでいくのは無料だよ、という感じでまずは入ってよ、ということらしい。まあ入ってしまったら最後、たかたさんもびっくりの激しいプロモーションのスペクタクル。そして交渉の末、「ちょっと考えようかな」という態度を見せると若干逆ギレ。ええっ。考えるくらいいいじゃん。メキシコはチャーミングな場所だが、メキシコ人とのコミュニケーションは多少骨を折ることを思い出した。メキシコ人はみな適当に答えるので、「道は10人に聞け」らしい。もう、目的地がどこだったか忘れてしまいそうだ。
市場でケミィが収穫した、ニワトリのおもちゃ。くるくる下の振り子をまわすと並んだニワトリが
こつこつと餌を食べるように首をかしげる。しばらく、くるくるしていると……「で?」とつっこみたくなる。
a0028990_15285247.jpg

by akiha_10 | 2012-08-12 15:47 | Trunk

page t-154 カリブワープ

a0028990_1647575.jpg

NYからメキシコ、カンクンへと飛んだ。ケミィの「どこかリゾート地へ…」のリクエストにお応えして。
久しぶりにもわっとした湿度が肌にまとわりついたカンクン。
カリブ海の白い砂浜と海の透明度は今まで入った海で一番綺麗!


a0028990_1649168.jpg


そういえば。
NYに来る際、はじめて一人で長距離飛行機に乗ることになったケミィは三ヶ月前から英会話猛特訓をしたらしい。動物的な感性と感覚で生きている超右脳型ケミィが言語を習得しようと試みるのは快挙だ。
三ヶ月で何度も何度も反復して、いくつかのセンテンスは身につけたようだ。

しかし航空会社は日系で直行、飲物オーダーも日本人CAの対応で英語なしでなんなくクリア。
そして、ここでこそ三ヶ月の集大成!と意気込んだ税関。
列に並んでそわそわ、頭の中で総復習、ぐるぐるイメージトレーニング。

しかしながら。
満面の笑顔のケミィのひらぺったい「はろー!」を聞いて「こりゃだめだ」
と税関職員は即座に判断したのであろう。
「ハイ、ミギテオヤユビ、オイテネ~(指紋撮影)」と完全なる流暢な日本語で返され、
またもや英語の出番なし!

ケミィは空港から出てくるなり
「さいとしーいんぐ、くらい言わせてくれてもいいのにねぇ!」と
口惜しがっていた。

そんな彼女は滞在中、積極的に英語を発する舞台を自らつくろうと、
あらゆる場所で進んでトイレの場所を聞いてまわっておった。
「トイレどこ?」のフレーズはここ一番で頑張って習得したとのこと。
成長していたよ、ああ、ケミィ!



カンクンの海は荒々しいので入れる日が少ないと言われていましたが、
滞在中は比較的穏やかで水温もちょうどいい。

夜も雰囲気があって素敵です。
ヨーロッパやアジアのリゾートビーチに比べると子どもや、わいわいしに来たアメリカの若者も多く、
全体的に若くて元気な雰囲気です。
a0028990_16474855.jpg

ビーチ沿いは世界の名だたるホテルが建っているのでその中には美味しいレストランもあるのかもしれませんが、レストラン利用はそのホテルの宿泊客のみ、というホテルも多いようです。美味しそうな場所を調べて行っても、不審者扱いでマークされ?立ち入りを断られるという場面も。どーん。この辺のホテルビジネスのルールなのでしょうか。またカリブ海リゾートに多い’オールインクルーシブ’(宿泊費に食事やお酒やアクティビティもすべて含まれていもの)のシステムをとっているホテルが多かったりして、色々行ってみようと思うと実際はレストランの選択肢があまりないのがちょっぴり淋しいところ。


a0028990_164949100.jpg





だけどもやっぱり海はすばらしかったよ!
by akiha_10 | 2012-08-06 16:57 | Trunk