<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

page t-149                シカゴ記 2

a0028990_1847795.jpg

シカゴ川クルーズしながら眺める建築ツアーへ!

シカゴは1871年の大火によって街は廃墟となるほどに甚大な被害を受けたのですが、
それが契機となってシカゴは空前の建築ブーム。
建築家がこぞってシカゴに集まり、都市計画の実験的都市として栄えていった。
人類生態学を当てはめ、都市地域は商業地域を中心として、その外周を5つの層のグラデーションで同心円的に膨張するという「同心円モデル」という考察もこの時期の都市計画と共に築かれたらしい。


住環境とそこに生まれる文化、住環境とそこで育っていく人、は密接であり
もっと身近に言えば今このカフェと、そこに来ている人達、この駅とこの周辺に集まる文化、のように
都市社会学のような事を考え出したら楽しくて仕方がない。
よく健康意識の高い方々の界隈でYou are what you eat.(あなたが食べたものがあなた自身を作る)などと聞くことがありますが、同様にYou are where you live.ということが言えると思う。

わたしは転勤族の家庭に育ったので小学校を3回変わったりと小さい頃から引越が多かったからか、
自然とその土地の雰囲気や傾向みたいなものを知らず知らずに観察していたように思う。
自分自身の振る舞いも環境にアジャストさせるべく最適な仮面を見つけようとしていた。
輝きに満ちた青春の輪に没頭するというより、時に空気を読むことに疲弊してしまって、
ちょっと失敬、と退席して本当の自分とは一体なんだろう、よほど一人のほうが楽チンだなぁと、
窓際でそっと自分の気持を確認し陶酔していた暗くて面倒くさい子だったなぁ。くふ。


話は戻って「NYの土地と文化」を照らし、
マンハッタンはどうしてマンハッタンたりうるのか、というのを考えても、
あの島の地理的特徴も「NY」を形成している大きな要素だと思う。
これ以上に分かりやすく簡単な都市はない。
縦横に伸び、番号によって整理された数学的な道や、頑張れば歩けてしまいそうなコンパクト感、
それぞれのマンハッタンの地図を脳内に焼き付け、NYを常に自分の中で持ち運んでいるポータブル感。

そこは差異と衝突に溢れた街だが、ただ地理というのものだけにいたっては誰にでも平等でシンプルで、
外部の者を迎え入れるにはとても親切であり、それが人を引き寄せ、そこに留まらせる。
すこし長めに滞在し街に興味があるならば、
ほとんどの人が住所を聞いたら「ああ、あの辺りか」と浮かべることができるような、そのミニマルさ。
ここに限っては容易に脳内GPSを仕込めるという、
(おこがましい言い方だが)その掌握感がまるで「NYしている」気にさせ、
偶然が多発する都市の可能性に期待させてしまうのだろう。


マンハッタンという土地が、多くの人にとって手早く容易に馴染むことで
人はそれ以外の、競争や許容、創作などにパワーを注ぐことができる。
ちなみに東京に来た事のある外国人に聞いた所、これだけの世界的都市なのに道も入り組んでいる上、
大きな通り以外はストリートに名前がないなんて!と東京は地理的には超難関都市らしい。



a0028990_1848380.jpg
さてシカゴ。ユニークな建築が目白押しな中でも、
個人的には「とうもろこしの穂軸」の愛称で呼ばれるマリーナ・シティーが気になるところ。
19階までは駐車場になっていて、続く61階までは住宅、
店舗、レストラン、ジム、ヘルスセンター、
コンサートホールなどがあり
居住者はすべてとうもろこし内で完結できるという
「市の中の市」"city within a city"
というコンセプトでできている。



今でこそ、日本の新築マンションにはジムやコンビニやバーまであるという話はよく聞く話で、
モールのような商業施設に併設して巨大なマンション郡が建つというのは
ここ最近のモデルのような気がしますが、これが出来たのが1967年というのは驚きではないか!

このご近所完結型って、ドラえもん的でいかにも効率・便利産業超大国、肥満大国アメリカ。
そういった効率至上主義が視野を狭くし身体を怠慢にさせる、などという事は耳にタコで推して知るべしだが
それでもまあどうして、こうも「便利」って魅力的なのであろう。

どこまで人が楽になれるか、という事に懸けてはアメリカに及ぶところはないだろう、
と思っていたがロボット掃除機の「ルンバ」の写真をアメリカ人に見せてこれ便利だよね、
と言うと「すごく日本の発想っぽい」と言われたのは意外。
フランス料理がバター、バター、そしてバター、と言われるならば
テクノロジー、テクノロジー、そしてテクノロジー=日本らしい。

ルンバはあなたのお国発だと訂正しておいたが、
考えてみると両国のこの凄まじいテクノロジーの発達の根源は日本とアメリカでは少々違うような気もする。
アメリカはもっと欲望に忠実というか、
動きたくない、面倒くさい、というわかりやす〜い素直な怠惰さが突き動かし発展したテクノロジー。

一方日本では、よりいい製品を、他者より速く静かで見た目もよし、といったように、
企業同士、そして消費者からの比較という競争で発展するテクノロジー。
「洗濯が自動的に完了する」という同じゴールにしても、それに辿り着くまでのあれこれ、
節水、時間、音、電気代、といった些細なミクロな差異で競争をしていく。過程までもが大事。

また、例えばわたしがそうであったように、洗濯物を自動乾燥までさせてしまう事で干さなくなるという、
怠惰という悪の手に堕ちてしまう罪悪感みたいなものはアメリカ人の彼らからはあまり感じられない。
これは手足を動かしてなんぼ、の古来の農耕民族魂なのか様式美崇拝からくるのか、
日本には「これくらいは自分でやります」という事への美しさ、
そう、ベースにはアナログ信仰があるように思えてならない。
だから、便利だったらなんでもいーじゃーん!!
というアメリカの欲望直結型と比べテクノロジー発展の根源のなにかが違う気がするのです。


そういえば母にiPadの使い方を教えていて、
「面白いねー」とその便利さを実感したばかりでありますが、
「経済成長時代はこういった続々と出てくる革新的な「便利」によって将来、人は自由な時間が増えて豊かになる、という事をなんとなくみんな思っていて、社会全体が共通の指針を持って向かっていたよね」
というような話をしていました。


さて、便利になって、豊かになったのか、自由になったのか。
まず、時間が増えたという人をあまり聞かない。
たとえ時間が出来たところでその余暇で一体なにをしているのだろうか。
そもそも、普通の、住む、食べる、話す、笑う、着る、寝る、の丁寧な生活を省略してまですることって
本当にあったのだろうか、と
ルンバくんと全自動洗濯機をフル活動させながら、一番言う資格のないどこかの誰かの戯言。
あくまでツールとしての「便利」さには肯定派なわたしといえば、
まったく説得力に欠ける中途半端な立ち位置。


学生時代から家庭教師をしていた生徒さんとの付き合いで今でも中高大学生と話をする機会があるのですが、スマートフォンやipadを巧みに駆使してたくさんのお友達と繋がっているはずの彼らが
半分冗談でも皆、口を揃えて「お先真っ暗」だとか「鬱」だというのは、なんだろうなぁ。
「便利」って一体なんだったんだろうか。

いつの時代の著書を読んでも懐古と警鐘はつきものなので、それでも地球は廻って行く。
(また宇宙に逃げるのかい?)
ならばこの違和感すら興味深く、そもそも今生まれているこの超ラッキーさにメイン焦点を当てて、
大変に便利で豊かな、このせわしない、恐ろしく饒舌な時代の中で、
何が起ころうとも、
台風の目のようにおっとりとした静けさと微笑みを大事にしていきたいと思います。

ああ、宇宙って、やさしくて、「便利」。そしてこの包容力たるや。






a0028990_18453188.jpg



ところで、シカゴ名物、シカゴピザ。
キッシュのように、厚さが3cmくらいあって、
中の構造もほぼキッシュ。

………





じゃあキッシュでよくない?
by akiha_10 | 2012-01-28 16:03 | Trunk

page d-274     ACCラジオグランプリ

a0028990_15281474.jpg






作曲と演奏と唄、
という形でお仕事をさせていただいた
「プラチナギルド・インターナショナル」さんの
ラジオCMがACCラジオグランプリを頂きました!



また、個人でクラフト賞(特別賞)の
音楽賞を頂きました!!
先日授賞式があり、ずしりと重い(本当に重い!)
トロフィー!わーい!






今を形作る一番大きな要素は「出会い」のような気がします。

それは、たまたま隣に座った人との出会い、
帰りの電車の吊り広告で見つけて引き寄せられた絵画や
夕暮れスクランブル交差点で車も人も通らない、たった一瞬静寂が通る美しい景色との出会い、
あまりに手触りがよくて買ってしまったカシミヤや、
つい昨日エレベーターで耳についた誰かしらの会話、
その時は落ち込んだり失敗かなあ、と思ってしまうような不本意な感情、
そういった、すべてとの出会い。

それだけ単体で切り取って起こったことなどは何ひとつなく、
まったく関係のないような事まですべての事柄が繋がって、
一つの場所に集結していることを改めて感じるのです。

だから、いつ何時でも、美しさを見出せるようにオープンマインドでありたい、
心の容量は大きく開かれていたい、気持よくありたい。

この度一緒にお仕事をさせて頂いたとても気の合ったチームの皆さんから、
学ぶことがたくさんありました。素敵なご縁に心から感謝。

いつも支えてくれる、今まで仕事をしてくださった仲間たち、バンドやアレンジャーの音楽仲間たち、
一番側にいてくれるスタッフ、友人家族、旅で出会う人々、
そしてなにより、応援してくださるみなさん。
誰もが必ず、(声を大にして)か、な、ら、ず、出来事の要因になっていて、
誰か一人でも欠けると起こりうる事のバランスは変わってきます。これは本当です。
天文学的な確率の組み合わせで、偶然素敵なことが起こったら、それはみなさんのおかげです。
本当にありがとう!!

そういった意味で、人は絶対的に存在しているだけで
誰がそれを拒否しようと、その拒否も含め相互作用、干渉し合っているので、
生きている以上、そして死もまた他人に作用するから死後も含め、根本的にひとりということは有り得ない。
これだけ自己顕示が強いわたしだって、表面的な「個」を味わいながらも
所詮はたかが宇宙の構成要因という安心感に包まれている。
だから物理的な「ひとり」はまったく「ひとり」という気がしないから、見かけの「ひとり」もたのしい。
「圏外の街」で唄ったように、見かけが「ひとり」じゃないほうがよほど
表面的な「個」に束縛されて「ひとり」を感じる。
とまた話がプチ哲学に逸れそうだ!あれー?



最近、宇宙のことをよく考えていると、ますます勘が冴えてきてですね、
些細なことですが、何かびびびと脳裏でビジュアルで見えることがあり、それが大変おもしろいのです。
というと、相当怪しい人の臭いぷんぷんなので、
この際怪しい人だと思ってもらってもよいのですが、
例えば先日「吉田類の酒場放浪記」という酒好きの類さんがひたすら居酒屋で酒を飲む、
という番組をぐだぐだと観ていて、「次に類さんが注文するものを当てよう」という、
どうにもくだらないゲームを友とやることになったんです。

そうすると、わたしの脳裏にぴかんっと、どこからともなくビジュアルが送られて来て、
類さんが次に何を食べているかの絵が浮かぶ。
そこで浮かんだまま、「もつ煮」と「軟骨」をバシーっと当て、
まあそのあたりは飲み屋の定番メニューなので、うお〜!!という小盛り上がりだったのですが、
「次の店で、餃子やね。」と私が言うと「いやいや、居酒屋でそれはないでしょ〜!」とトンチンカン扱い。

しかし、どうにも私の脳裏にはワンタンと、ワンタンになにかが包まれている絵が浮かんだのです。
類さんが次の居酒屋に入り、いざ注文せんとする時、
カウンターに並んでいた「シュウマイ」のアップ、「じゃあそれを」の一言で、
我々の間に幽霊が通ったかのように、場が凍り付いたのです。

うお〜!!!

餃子ではなかったけど、惜しい。ワンタンと包み系!!
はーはっはっ!
まあ、限りなくくだらんのやけど、余興としては面白いでしょ?
宝くじを当てたくらい嬉しかった(買ったことないけど、推測。)ああオメデタイ。


気の合う人がすぐにわかったり、
兄弟の数や何番目かを当てたり、出身を当てたり、思っている人とばったり会ったり、
そういうのが昔からなんとなく得意でしたが、最近ますます勘が鋭くなってきています。
霊などは全く見えないのですが、第六感といいますか、説明不能なことはあると実感しているので
「見える人」というのは本当に見えているんだろうなぁ、と思います。
いつのまにかニューヨークの母、もしくはパリの母、として
路上で占いをやっていたら遊びにきてね、なんて。


わたしに関してビビビと浮かぶのは、
まあなにやら笑っているビジュアルしか見えてこないので、多分そんな感じでいくのでしょう。
これからも「運」や「勘」に失礼のないよう、自分のできることは精一杯、気持よく学び邁進です!
ありがとう!!!


a0028990_1530193.jpg




ディレクターの高草木さんと。
by akiha_10 | 2012-01-19 15:50 | Daily thinking

page t-148                 シカゴ記

a0028990_13414582.jpg


シカゴに行きました!
シカゴで思い出すのはブルースやジャズといった音楽はもちろん
映画「アンタッチャブル」や「スティング」の渋さ。
なんといっても麻薬、ギャング、腐敗警官で重く沈んだ街、
ゴッドファーザー的暗黒セピアシティを頭に浮かべては警戒レベルを引き上げて上陸しましたが
なんだなんだこれは、ものすごく綺麗で腰抜け。


空を埋めつくす摩天楼、アヴァンギャルドな建築物、道幅の広い道、
NYのごちゃっとしたカオス感から比較すると、都市としてのまとまりがあって景観のスケールが大きく、
なによりとても綺麗。道にゴミが落ちていない。
どうやら現市長が美化運動に重きを置き、90年代からは
ゴミと共に暗黒のイメージは一掃され街全体が公園のように美しく蘇ったらしい。

NYのあの汚さは一体なんなんだ!と思うと同時に街の秩序が整いすぎて
なんや隠れるてコソコソやる場所がない、なにも生まれて来ない退屈さすら感じるつるつるさ。
もっともこれはダウンタウンと言われる超中心地だけの話で、
そこから少しでも離れればすぐ「アメリカ」がひろがっているらしい。



a0028990_1342853.jpg

1980年年代までは
ゴミの川だったといわれるシカゴ川。
今は清らかに流れ、
その水面とガラス張りの建築物が光を反射させて街をキラキラ照らす。
ベネチアやアムステルダムみたく、
水のある街はいいなぁ。








a0028990_13503615.jpg


ジョン・ハンコック・センターから
望むミシガン湖。さすが五大湖!!
どう見ても海岸に見え、
目を細めても双眼鏡で眺めても
むこう岸を確認することのできない、
延々と続く湖。




a0028990_1354328.jpg街で突如シカゴ出身の女優、
マリリン・モンローのモニュメント!
高さ8メートルもあるドゥドゥッビドゥ。
後方部は見て♥といわんばかりに大胆にスカートがはためいています。
みんなしてスカートの下に行かなくても…
(行ったけど)
ファミリーで行かなくても…
かといっておひとりさまで観察は
もっと微妙だけども…(行ったけど)
そして写真撮影って…
なんだか犯罪のかほり。
面白いが若干躊躇 。
公共の場でのマリリン様は健康的なホットパンツ的なものをお召しになっておりました。
絶対みんな「なーんだ」って思っとる!とスカート下で人々の観察をしニヤリ。
冷えるけんねぇ。(←?)。
by akiha_10 | 2012-01-12 14:15 | Trunk

page d-273                新年

a0028990_1241457.jpg


明けましておめでとうございます!

今年も想像と創造に満ちた年にします。
いつも笑って邁進。

近頃は寒いけど晴天続きでまったくもってごきげんよ。
今年も宜しくお願いします!

瓜生明希葉

a0028990_1244680.jpg
by akiha_10 | 2012-01-05 12:07 | Daily thinking