<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ニューヨークジャーナル 48

a0028990_534551.jpg

今日は勉強気分!と意気込んでインターナショナルセンターに向かおうと地下鉄に乗ったら
どういうわけか逆方面に乗ってしまい、ぬーん、でもまあこれもひとつの啓示だわ!(←なんの?)、
それならそうと本日は古着屋巡り!プラン変更、晴耕雨読臨機応変デタトコ勝負ムード至上主義、
そのまま乗ったら着くブルックリンのウィリアムズバーグへまたもや出向く。




a0028990_5343219.jpg

becon's closet
BuffaloEXCHANGEは定番のコース。
アメリカのセカンドハンズの価格設定はお財布にやさしくて、
品数も多いので「買う可能性」の現実味を持って
掘り出せるのでとっってもたのしい!
古着がたのしくって、セレクトショップなどの新しいお洋服は
そりゃあもう素敵だけども
ひとつケタが違うのでとても高ーく感じる。
サテンやキュブラやシルク、好んでよく着る
クラシックな艶生地が皮膚にはり付くような湿度になったので
サラサラコットンやリネン、ガーゼっぽい生地などがきもちい。
その日買ったベビーピンクのらくちんワンピースは10ドル!
しっしっし。
にしてもパッキングのことを極力考えないようにしているのは問題だ。




a0028990_5352056.jpg

街で見かける一言もの申したいシリーズ。
地下鉄コンコースで世界中の
「都市」を看板にしたアメリカンエアラインの看板。
他にローマやミラノ、パリ、ストックホルム、
など20都市くらい並んでいるのですが、
他の都市は、ちゃんと、
あくまでもその国ではなく「都市」を象徴する写真。
だけどこれは「TOKYO」じゃなくて、
「JAPAN」やろ。広義すぎやろ。
富士山も、明らかに京都っぽい庭や、
町家なんだか白川郷なんだか謎ですが、
東京やないやろ。これTOKYOちゃうよ。
ま、これでいっか的な、チョイスが雑やない?
(その先に「OSAKA」もあって、
大阪城と道頓堀だったかな?これは正しいのに!)



そう考えると「TOKYO」を一見で描写する時になにが象徴的かと言われても
難しいなあ、と地下鉄に乗って考えていた。
東京タワーやスカイツリーはエッフェル塔とアイデンティティが被るし、
雷門とかかな。
「TOKYO」を一枚の広告にするとしたら、なにをモチーフにすべきであろう。


a0028990_535582.jpg


まあ、だからといってこれを「JAPAN」とするのものねぇ。
もちろん抜きん出たカルチャーの特集という意味での
「JAPAN」ですが。
ショーウィンドーに手をつきその極端さに笑ってしまった。
こうして外から眺めてみると、真似上手とも言われる中で
しっかり日本はオリジナルカルチャーを自国で生み出し、
独自の進化を遂げているとても個性的な国だと、誇らしくなった。
昔からそうであったように。






この対比は改めて興味深いね。
舞妓さんもギャルも、はたまたコスプレも、
厚い仮面や非日常をまとうことによって、自分とはまた違う何ものかになる、
「変身」という共通項がある。
その深層には、自己を表現、文化を創作する情熱を持ちつつも
本心や本当のお姿は障子の向こう側へとひた隠す、
決してのぞいてはいけませんよ、の鶴文化、
奥ゆかしさや恥ずかしさ、秘密、
誰も立入ることのできない自分だけの楽園があるということの顕われであろうか。
本心をチラつかせない人はまったくもってつまらない、
しかし秘密を持っていない人は色気に欠ける、最近そのように思う。
by akiha_10 | 2011-04-30 06:16 | NY Journal

ニューヨークジャーナル 47

a0028990_17411867.jpg

ラップのMCバトルコンテストを観た。
かなり熱いです。
オケはカラオケなので、はじめはすごく違和感があったのですが
マイクひとつ、ラップ力とパフォーマンスに魅せられ
よぉ、よぉ、と、なんとなーく知らぬ間に自ずと手で空気を切っておりました。(←たぶんすごいマヌケに)
たまたま白人とアフリカ系アメリカン、というバトルだったのですが
白人チームのパフォーマンスはクールでファッショナブルなのに比べて
アフリカ系アメリカンのパフォーマンスの訴求力たるや、
怒りや主張の塊を全身から絞り出しているようで感情の根が深い。
オーディエンスも巻き込んで、音楽や気の種類は全く違えど
なぜか教会のゴスペルと通じるものがあって(ある種宗教的な気も漂い)、
ジャンルに関わらず音楽は魂、言霊であることに変わりないと感じた。
この時のパフォーマーだけで人種による特性を語ることは絶対にできないし(エミネムもいるわけで)、
傾向の分析やカテゴライズはとても興味深いけども
時にナンセンンス、
そして常に「その人による」を念頭に置いておくべきだと前置きしつつも、
やはりヒップホップのルーツは彼らにあり、という感じは正直感じ、圧倒的でした。


a0028990_17415517.jpg





エントランスのIDチェッカーのゲイの
ジャーメインがお人形さんのような美しさ。
話すと本当にキュートで、ある意味女性より女性。
どうやってその美貌を保っているかと聞いたら、
恋、といっておりました。
ああ、わかるわかる、恋をするとお肌が綺麗になるしね、
と、完全にガールズトークです。







a0028990_17437100.jpg

NYのお寿司はおいしいが別枠の「SUSHI」だといった発言撤回、「寿司」、ありました。
在住の日本人の知り合いに教えてもらった15EAST
感動的においしかった。NYで一番美味しかった(結局日本食かい)。
肝やアワビなどのメニューもあり、お酒気分です。
さらに高評価のわけは、デザートに白玉抹茶パフェがあったこと!
大満足です。NYにもあったんだ!
NYごはん、レストランクルーズのわくわく度はとどまることを知らない!
そしてエンゲル係数の上昇もとどまることを知らない!(ぬーん)
by akiha_10 | 2011-04-29 18:20 | NY Journal

 ニューヨークジャーナル 46

a0028990_17351343.jpg

おうちに歩いて帰る途中で発見、赤レンガに浮かぶジェームス・ディーン!
夜中も眠らぬマンハッタンで、すごく雰囲気がある。理由なき感動!
リアルニューシネマパラダイスだね。バーからむかいの壁に映しているようです。

a0028990_17323018.jpg


映画といえば、
今はまさにトライベッカフィルムフェスティバルの最中。
俳優のロバート・デニーロが9.11から
街の復興を願ってたちあげたイベントも今年は10年目。
わたしが観た「TROLLHUNTER」は
ブレアウィッチプロジェクトを思い起こさせるカメラワークで、
スリリングなのだが、真面目におバカで、
クスっと笑えてばかばかしくて
ユーモアのセンスがすごくよい。
ウェス・アンダーソンのような
チープな壮大さがたまらなく好き。





スウェーデン映画だったのだが、
北欧民話の絵本「三びきのやぎのがらがらどん」が好きでよく読んでいたため
森のおばけトロルをテーマにし、トロルを退治するためのおとりとして
三匹のやぎを橋に並ばせておくシーンは絵本のオマージュのようで嬉しかった!
鑑賞後、監督への質疑応答で、やはりこの絵本を意識して引用したと言っておりました。
「進撃の巨人」も思い出したなあ。
夜中上映にも関わらず満席で、盛り上がっております。


a0028990_17334388.jpg


ブルックリンでお茶をしている時に出会ったミュージシャンと
メールのやりとりをしてる中、熱狂的なパンファンだと言っていたら
小麦情報を教えてくれました。
そのひとつがソーホーにあるBALTHZAR
レストランの隣がブーランジェリーになっています。
フランス的なアプローチで、パンの種類は基本系、すっっごくおいしい。
シティベーカリー系列がフュージョンパンだったら、
こちらはコンサバ優等生パン。
大好きなレモンタルトは秀逸。カヌレもおいしい。
たくさん並んでいたケーキも絶対おいしんだろうなあ。
通ってしまいそう!
by akiha_10 | 2011-04-28 17:39 | NY Journal

ニューヨークジャーナル 45

a0028990_7573045.jpg

今日も30℃近くあるのではないかという気候。夏だ。
イーシスに誘われてブルックリンのイーストリバーステイトパークのフリーマケット。
バスルームで出会った友達、イーシスがブルックリンに住んでいて、
いつもメールをくれては「あきは、大丈夫?楽しんでる?」とケアしてくれる。
普段周囲には男っぽい友人が多いので、
こういった女性的な思いやりや気遣いがじんときてすごく魅力的です。
いつかも書いたけど、誰かの日常の中でふと想われている、思い出されている、
誰かの脳の一部をひとときわたしが間借りさせてもらっている、
ってすごく素敵なことで、奇跡的でうれしいね!


屋台で出ていた気になる小麦もの。
絶対おいしいよね、とスコーンとオートミールのマフィンを買ってみました。
SCRATCHbread
間違いない。
友人が重いパンはだいたい美味しい、と言っていたが
確かにそれはひとつの目安かもしれない。
ぎっしり系。


お日様を歓迎するかのように公園でピクニックや日光浴する家族やカップルが多くみられます。
これからの季節、NYは毎日フェスティバルだと言っておりました。


a0028990_7575368.jpg

いつもお酒のはじめにシャンパンやプロセッコやスプマンテの泡ものから始める私を見て
友人が教えてくれたBubble lounge。名前の通り、泡ものが豊富にそろったバーです。
そうえいば日本でもシャンパンバーが増えた、なんて話をしたような。
とてもポッシュな空間で、女子6人くらいのグループがシャンパン片手に写真を撮り合っているのを見て
馴染みの、同じ光景だなあ、と思いました。
そういえば、「カワイーと言いながら、すぐ写真を撮る」行為といえば(わたしもそうだけど)、
日本女子をからかう時の代表的な国際ジョークのひとつだったはずだが
レストランでもクラブでも欧米人が負けず劣らず写真を撮るようになったなあ、
というのは今回来て気付いた変化。
それについてこちらの友人に聞いたところfacebook(そしてiphone)の影響だ、と言っていた。
なるほど!
ツールがカルチャーを創る、慣習までも変えてしまう。おもしろいなあ。
社会科の教科書的表現だが、地球がちいさくなったなあ。
by akiha_10 | 2011-04-27 08:03 | NY Journal

ニューヨークジャーナル  44

ここ数日夏のような気候。春はどこへいったんだ。

a0028990_12393138.jpg

週末にチェルシーのギャラリークルーズ。
25や24丁目あたりはギャラリーがたくさんありふらり立ち寄るだけで発見があります。

アーティストも多国籍のため色使いやタッチが様々で
やはりほっとする色使いや親近感の湧く作品は東洋人アーティストだったりする。
基本的には湧き出てくるものは、自分が育つ過程で今まで見たもの聴いたもののストックから
派生したもの、飛躍したものである場合が多く、
その国に存在する自然界のもの、いろ、たべもの、ことば、などが
自然と蓄積されて、種になっているんだろうなあと思った。


ソーホーの美しい紅茶の館HARNY&SONSでパッションフルーツティー購入。
ひとつだけお試し試飲ができます。
DEAN&DELUCAなどでおなじみですが、本店だけあってフルラインです。
天井が高く陽の差し込む空間、ハシゴのかかった茶葉缶のシェルフ、
午前の美術館や雨天の図書館に似た静謐とした空気、工房感がなんとも魅力的です。
ここで紅茶缶の蓋を香っているだけで豊かな時間だったような気になる。

LanguageExchangeの友人に連れて行ってもらった
TomiJazz
日本人の方が経営されていらっしゃるジャズバーです。
ものすごいジャズファンの友人は近頃は日本人プレイヤーに注目しているらしく、
一度行ってみたかったと。日本人のお客さんがたくさんいて、
いつもわたしが英語サーフィンの途中でふっと波に乗れずぽやんとなることがあるように、
アメリカンの友人が日本語の渦でぽやんとしていて立場が逆でおもしろいね、と笑ったのだった。
その日のプレーヤーはみなさん日本人でピアノ、ドラム、ベース、サックスのセッション。
バークリーを卒業してNYでアーティストVISAを取って生計をたてていると。たくましいです。



a0028990_12402658.jpg














アパートのオーナーに紹介されてソーホーのジャパンレストランNIKOへ。
最近オープンしたダイニングで、まあ賑わっておること。あらまあ、華やかなこと。
メニューチョイス係に任命され
カウンターの寿司職人におすすめされた「金目鯛の頭の煮付け」に飛びついてみたものの、
運ばれて来たものを見てアメリカンの友人たちはギョっとしておりました。
目がついているものや、内蔵的なものは少々刺激が強かったようです。
事前に「好き嫌いがない」と言及していたけども
「本当になんでも食べるんだねぇ」と冗談(皮肉?)のひとつやふたつ飛ぶような状況で
それならばわたくしめが、徹底的に頭係を(よろこんでっ!)と、お箸でちまちま宝探しに没頭。
寿司はとってもおいしく、ただ、きっと空間もそうさせるのか「SUSHI」というものだなあ、
と思ったりもするのでした。
by akiha_10 | 2011-04-26 12:59 | NY Journal

ニューヨークジャーナル 43

a0028990_1831598.jpg

トライベッカのGrandaisy Bakeryへ。
キャロットケーキをば。
ドライフルーツぎっしりでカヌレ的スポンジがおいしい。
ソーホーでサブレットしていた時のオーナーさんとランチした
タイ料理のLovely Day。アジア料理ってなんでこんなに美味しいのでしょう。おちつきます。
野菜不足を感じ、身体にいいものを、と思ってパークスローブで入ったビーガンレストラン。
やさいと、おまめと、こくもつと…
本来こういった料理が好きなわたしでも
ビジュアルのあまりのストイックさ、素材生かしまくりさに多少たじろぐ。
が一口食べると美味しくってびっくり!シンプルでおいしい!
マクロビやビーガンレストランは、心の満足度にも気を配るため
シンプルながら調理方法や味にこだわっている気がする。
たべものに心を砕き自身をもケアしている感じが、
身体や食物、ひいては自然や地球に目を向けるというマインドにするのだろう。
わたしはフライドポテトも好きだから強く主張できない立場だけど、
ヨガ然りこういう時間を持つことは好きで時に必須である気がします。



もうワンブロック、もうワンブロック、と
NYはついつい歩いてしまう街。ひどくがたがたの道であってもついつい。
ある時まっすぐ立ってみたら妙にバランスが悪く、ブーツの底を見たら
完全にラバーは削れ、木型まで削れているという状態に!!
気付かなかったわたしもわたしだが、消耗速い!それだけ歩いているということか。
というわけでリペアに出してラバーを張り替えてもらった。
a0028990_1836990.jpg

さらに悲しいことは、一足のみ持っている勝負ルブタンが、
一晩歩いただけで、ヒールの赤い部分がもげたこと。もげたんよ…?かなしいやろ…?
キャリーがルブタンやマノロを履いて20ブロック歩くようなことを言っていた気がするけども、
そのような人はストリート上では滅多に見かけません。
お洒落なレストランやバーでは見かけますが、その場合レディーたちは
ドアtoドアで車移動、ルブタンはカーペットで歩くようにできているのでしょう。
ルブタンonストリート、そしてタフに地下鉄に乗ってみた結果、悲しいかなこの結末…。
わたしは残念なことにどこかレディになりきれないように仕組まれているのはおなじみの事なので
ドレスアップして転げようが、一張羅に醤油を落とそうが、
ああキタキタ…これでこそわたしよね…、という感じで落ち込み慣れて復活のスピードは速まる一方です。
うーん、ルブタンに持って行ったらリペアしてくれるかなあ。
あの晩の自分のわんぱくさが憎い。
だっておしゃれしたかったんやもん…あるいてみたかったんやもん…
by akiha_10 | 2011-04-24 18:42 | NY Journal

ニューヨークジャーナル 42

a0028990_755240.jpg

今週はブルックリンウィークでした。毎日足繁く通っていた。
そんな私を見てブルックリン在住の友人が車を出してくれてブルックリンドライブ。
少し前までさびれて危ないといわれていたが
IKEAなどができて栄えてきたRED HOOK地区という港の工業地帯や
友人いわく最も興味深い道、CONEY ISLAND AVEをクルージング。
なぜこの道がおもしろいかというと、ブロックごとに住み分けされていて
ここまではユダヤ人のコミュニテイ、ここからはパキスタン、ここからはムスリム、
その先はイタリア系というようにしっかり境界をもって、
しかし場所を共にしているという、不思議な道だという。
この道を通ると必ずなにか面白いドラマを見つける、と言っていた。
確かに道を眺めていたら、店の看板の文字がブロックを渡るごとに微妙に変わってきて、
整然としたカオスを見る、これもNYならでは、と思った。

a0028990_7552394.jpg

ごちゃまぜの愉しさは、文化や音楽や食にも影響がでてくるよねと
ブルックリンの魅力を語る友人。食文化も豊かだと。
中東料理のフムス(ひよこ豆のペースト)専門店のカフェ、絶品。
ピタパンにつけて。


a0028990_7554347.jpg

パークスローブのJOYS BAKESHOP食べたレモンタルトも美味。居心地もよし。
小麦隊長かつ甘ずっぱ大使、レモンタルトは好物です。
わたし「お茶」の時間好きだなあ、と思いながら
むかし男友達が、彼女がよくお茶したいっていうのがよくわからん、と言っていたことを思い出し、
それにつき合ってこそモテ男よ、と話したなぁなどと急に思い出した。





a0028990_75559100.jpg


JAZZ STANDARDにジャズを聴きに行く。
OLIVER NELSONのBlues & The Abstract Truth。
洗練されたサウンド、
情熱を一度昇華させたかのような紳士サウンド、
かなりクール。
by akiha_10 | 2011-04-23 08:10 | NY Journal

ニュヨークジャーナル 41

a0028990_2245834.jpg

ミュージシャン仲間からメール。
「NYにいるならぜひここへ」リスト。

モーニングサイドハイツのHungarian Pastry Shop。
Amsterdam Ave110丁目にあります。
アッパーウエストあたりから北に続くAmsterdam Aveはわたしの中ではブランチロードと呼んでいて、
ブランチスポットがいっぱい!土日は賑やかにのんびりしています。



a0028990_2251544.jpg
ハンガリアンペストリーショップ、
知人いわく、「とにかく居心地がよし」の言葉とおり、
NYに来て以来
もっともぽやんとした時間を過ごすことができました。
決して洗練されているとかではないのだけど、
ゆるくって、パリっぽい。とりあえずまったりする。
学生が課題をやっていたりビジネスマンが本を読んでいたりと、
席同士の間隔も近く、ほとんどが相席で
パーソナルスペースが狭いわりに
自分の空間をつくることができるって、ふしぎ。
チーズデニッシュもカプチーノも、緊張感があるわけではないが
なんだか美味。
いい意味で、人のドラマの空気が重く溜まってむんとしている。
すっかり根が生えてしまって
ノートをひろげて頬杖をついた。
一曲かけそうな空間、と添えてあった一言がよくわかった。
by akiha_10 | 2011-04-21 02:27 | NY Journal

ニューヨークジャーナル 40

a0028990_8352966.jpg

ブルックリンのボコカ地区散策。
ブルックリン、とても落ち着きます。
子育てママやパパの姿も多く、マンハッタンのハイエンドとはまた違う
独自の文化を確立している気がする。生活と文化のほどよいミックス。

なんだこの可愛らしい空間!とONE GIRL COOKIESに入ってみた。
クッキー専門店。
ラテを飲んで一息。
席が全て埋まっていたため、同席を訊ねてきた男性。
向かいに座ったので、挨拶しつつその延長で何気なく話していたら
彼はミュージシャンだと!ビオラ奏者。
石を投げればアーティストにあたる、これだからNYってたのしい。
とにもかくにも、人がたのしい!
一年の3分の2は世界中にツアーに行っているらしく、
福岡や宮崎まで行っていたのにはびっくり。
好きな音楽の傾向が似ていて情報を共有して愉しい午後のサプライズでした。
カップケーキ屋さんしかり、クッキーカフェに男性一人で普通に入って寛げるってところが、
なんだかいいよね。



a0028990_8354769.jpg

パトロールで注目したのはBIRD
すごい品数、品揃え、わんさかと雑然とハンガーにかかっているものが
イザベルマランだったりフィリップリムだったり。ミナペルホネンも!
最近のワードローブは土日のフリーマケットの5〜10ドルの古着頼りですが
目の保養に!でもフリマも真剣に探すと可愛いものが見つかるのよ。
5ドルで買ったカシミヤのセーターを7ドルのクリーニングに出した時は
おやおや?と思ったけども。

セレクトショップSmith+Butler
使っている生地がすごくよい。デザインも魅力的。
中でもLe Mont Saint Michelの服がど真ん中タイプで衝撃的なかわいさ。
なぜかベルリンの工業ちっくな空気を感じる。
セレクトの傾向がちょっと渋谷のDSEPERADOに似ているかも。
これまた目の保養だけども、
ホチキスも外れ人前で出すのもはばかれるほど
ぼろっぼろになった地図(旅したな〜って気分にさせてくれるが)にこの店イケテル星をつけておいた。
「イケテルロード」とか、「パンオイシイ」とか乱暴な書き込みで黒くなったこの地図は、
できれば人に見られたくない。
譜面もそうなんよね、、
白玉(全音符)とか、ダッダダ(リズムね)とか、
くうくわない、とか、自分が分かればいいやと幼稚で恥ずかしい記入満載である。
by akiha_10 | 2011-04-20 08:39 | NY Journal

ニューヨークジャーナル 39

a0028990_8421055.jpg

好きなオードトワレをアトマイザーにいれて持って来ていたのに、
来て早々ぽろっと路上に落としてしまい、薄いプラスチックだったからかパリンと割れてしまった。どーん。
中の液体は微量とはいえマンホールに染み込み、そこは一瞬フローラル漂うエリアになってしまった。
しゅっしゅしてふふんのアイテムだったはずが、
人混みの中、割れた容器を拾い上げる残念な姿といったら…。

香りを失い、なにかいい香りはないかな〜とBondNo.9に行ってみたりしたが
予算オーバーだし、持って帰るのも大変だしなあ、と思っていたら近所にアロマ専門店があって、
自分の好きなものを混ぜてオリジナルトワレを調合してくれるというではないか!!たのしい!
Fragrance shop NY
お店の方はとても優しく丁寧に対応してくださいます。
しかもミニサイズでつくってくれて、理想的。

早速、好きな香りをチョイス。
わたしが調合してもらったのは
レモン ネロリ ジンジャー
フィグ リリィ ワイルドローズ
サンダルウッド ベルガモット。
これらを、ムエットに足して行き、調合師さんがバランスを考えてくれます。
バランスで随分香りの印象が変わるので、
よりフローラルなのか、スパイシーなのか、シトラス寄りなのか、と話合いながら決めて行きます。
実際に肌につけてみて、もっと深い香りにしたい、とリクエストをしたら
ブラックペッパーとシダーウッドを加えてくれました。
甘すぎず、すこしスパイシーな香りが好きみたいです。
香りの調合も料理や音楽のアレンジみたいで、
「混ぜる」ことはクリエイティブだなあ、
と調合師さんのプロフェッショナルぶりを眺めながら思ったのでした。
実際一日つけると、トップはフレッシュな青々しさ(つけたてが一番好き)、ミドルは少し甘め、
ラストはちょっとデパート風(←!)なのでラストになる頃つけ足したりしています。
最初にしては、なかなか成功!
調合レシピは一年間保管されるようで、自分の名前を言えば同じものが作れるんだそう。
つまり、この香水の名前は「Akiha Uryu」なのだ!なんかちょっといいでしょ。

同じ時間に入って来た男性のお客さんは10年前にその店でつくったという
レシピを持って来て、またこの同じものをつくってくれ、とリクエストしていていました。
ドラマチックね。香りは思い出に一番寄り添っているからね。



メトロポリタンオペラのベルグの歌劇「ヴォツェック(Wozzeck)」を観に行く。
前回より話がわかりやすく、曲もモダンで躍動感あり。
ほぼ一番後ろの席だけどもオーケストラピットが見渡せる席で、
演奏のディティールを観察することができる。
(こんな時は視力2.0を有り難く思う←すごいでしょ!)
芝居も含め、あの淡々とクラシカルな感じがすごーく新鮮。
アンサンブルが美しい。
お話を追うというより、広い視野ですべてのハーモニーを楽しむんだろうなあ。
まだ愉しみ方は探り中。
by akiha_10 | 2011-04-19 08:54 | NY Journal