<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

page d-247             北九タベロール

北九州で食べたもの。
すごい久しぶりのフグ!

a0028990_22444851.jpg



フグのおさしみ、わたしは多めにとって肉厚な食感を楽しむのが好きなのですが、
お箸でダダダーっとフグらをかっさらっていくのは
同じお皿で楽しむ方々(フグループ)にヒンシュクもんよね…と思っていたところ。
フグループの一人の方が「わたし回数少なめに、でも一回に多くとる派なの」と
宣言してくださったので、
わたしもそっち派だと前置きをした上で、ダダダーッとかっさらうことに成功しました。
まんぞく…。
ちなみにフグ刺身は真ん中から食べるのだそう。
しかしフグループ面々が見つめる中、本丸にメスをいれるのはなかなか勇気いるよね。


そしてMCでも言っていた大好きな湖月堂の「白玉あずきアイスのせ(←カスタマイズ)」。
ここの白玉を励みにしていた学生時代。
あずきも美味しいし、なにより白玉の個数が多い!!
だがしかし、学生時代はペロリと食べれていたのに、
おや、ちょっと苦しいぞ。となってしまったことにはストマックエイジングを実感。



a0028990_22414853.jpg


そして、久しぶりに宮本一粋さんにお会いしました。
彼女はわたしが音楽を始めるきっかけとなった
福岡の同じオーディションの出演者で
グランプリをとった方です。(同時彼女は小学生!)
彼女も音楽を続けています。
時間ってあっという間やねえ、としみじみ。


さて、来月ライヴです。
10/18(月)「月霞み」 
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
開場/開演 18:00/19:00
前売/当日 ¥2,500/¥3,000(ドリンク別 税込)
問:晴れたら空に豆まいて TEL 03-5456-8880
出演:柊奈緒、木島裕、コミネリサ、瓜生明希葉

お待ちしております!
by akiha_10 | 2010-09-29 22:48 | Daily thinking

page d-246               北九パトロール

地元北九州の、ミュージックフェスタ、行ってきました!
a0028990_19115483.jpg


足を止めて聴いてくださった方も、
二日間一緒にパトロールしてくださった方も、ほんとにほんとにありがとう!!

初日、門司港レトロでKBCラジオの公開生放送に出演。
久しぶりの門司港レトロ。名前の通り大正ロマン漂う一画です。
車で来たことはあっても門司港の駅って降りたことなかったかも!
一曲書けそうな趣やね、と思っていたら
門司港駅は国の重要文化財に指定されているそうです。
地元の事を意外と知らない、日本のことを意外と知らない、
ということを知って、興味を持つことでより異文化への味わいも深くなっていくのでしょうね。
(と、駅の文化度にひっぱられて優等生コメントをモクモクと浮かばせてみたり)。


ミュージックフェスタの同じくゲストでいらっしゃった
クラリネットの谷口英治さんは、偶然中学も大学も出身が同じで、ものすごく親近感!
一緒にFMキタキュウの番組でお話させていただきました。


駅前ライヴでは、もう何十年ぶり!!といった感じのご近所さんが来てくださったり、
予告なしの昔からの友人のひやかし(?)があったりでとても愉しかったです。
わざわざ足を運んでくださってありがとうございました!
by akiha_10 | 2010-09-27 19:21 | Daily thinking

page s-67              小麦サーベイ

こんばんわ!
a0028990_17252660.jpg


昨日東京ひとりサイクリングをしていたら
至る所でお祭りをやっておりました。
夏の終りの祭もこれまた一興、
やたらと陽気な屋台の灯りを目の中でぼかして
ほんのりと時季の流れの刹那さを噛み締めるのでした。


国連大学前で賑やかに行われていたファーマーズマーケットもチラ見。
穀物好きにはたまらぬ出店!!
「金沢緑側商店」さんで購入した発芽玄米もちが、とても美味しかった。
きび砂糖にお醤油落として頂く、最近のおやつです。



定番の動線にあるピカソルも素通りできない!
いつだって、寄らざるをえない、トラップショップです。
(ちょうどお店の前が交差点になっていて、この信号を行く否かのサイコロにしている)
ここのチーズケーキが絶品。でも小麦好きとしては
シュガーレスクッキーやスコーンもおいしい。
甘みの塩梅が洗練されている。
そういえば友達が「あんまり甘くなくておいしい」っていう言葉おかしくない?と
言って議論になったことがある。
われわれは「あまいの」を期待して、「あまいの」を渇望して、
「あまいの」を調達するくせして、
「甘くなくておいしい」ってどういうことか、と。
「甘さが丁度良い」これのがきっとベター。


最近おそとパトロールしていると、
歩くお豆腐売りのお兄さんと同じくらいの頻度で
いろんな薬局の前で愛想ふりまく着ぐるみに出くわします。
あれは全国薬協会的なところで提案された新しい動きなのでしょうか。
なんの改善、なんの促進、なんの緩和なのでしょうか。
たまに犬ですが、ウサギが主流です。
色のぼやけたウサギが炎天下すごい手を振ってくるので、
身体の下のほうで微動させて皇室風に振り返してみたりします。
みなさんもぜひ、薬局に注目して歩いてみてくださいね。
by akiha_10 | 2010-09-19 17:31 | Stomach

page d-245                   あたる

a0028990_20122391.jpg


こんばんわ!

久しぶりに友人とシンシアガーデンに行きました。
ここの手ごねベーグルが美味しい。
この意識の高いサラダランチを食べながらも
お土産にテイクアウトベーグルを買って帰って結局むしゃむしゃむさぼる、
ヘルシーオーガニックはあくまでポーズな女子。

VOGUEが主催していたシャネルのイベントにふらっと寄ってみました。
催しの「がちゃがちゃ(コインをいれてまわすやつ)」を
「こいういの、わたし当たるんよね…」と言いながら興じてみると
「おめでとうございます〜!」とスペシャルなものが当たった。
やったやった!
おなじみ「MADEMOISELLE」のミニボトルの香水がはいったオルゴール!
キュートです。
「マドモワゼル」というと、
楽曲「フレグランス」を書いたきっかけのひとつにもなったアイテム。
フランス、またはフランス語に、淡い憧れを抱いたのも、
この「マドモワゼル」の甘美な響きが一因。
縁ってあるよね…とおなじみ勝手にシンクロニシティ。


映画「ココ・シャネル」も「ココ・アヴァン・シャネル」も観たけれど、
ココ本人があくまでマニッシュであった姿は大好きなソニア・パークさんの哲学とも重なる。
家庭科の授業の時「ジェンダーと衣服」という単元に妙に取りつかれたことがあった。
女が「女」をもってして輝くよりも
意図した「女らしさ」を排除してなお女をして輝くほうがハイレベルである。
がしかし、今まではそのように、街行く人々を観ながら、
媚びない出で立ち、自分のためにお洒落をしている人を評価しがちであったのが
最近は正面きって「女」をしている女性を逞しく、それはそれで潔く思えてきたのだ!
これには、少々自分の精神的エイジングを感じます。
(感心する、っていう感情、すごくエイジングを感じる。)
マネージャーがマルイに行ってギラギラしている人たちを観るのが好き、
というのもこういうことなのでしょうか。
わたしの苦手な雑誌のキャッチ的ですが、
外も内も、どちらも肥やしていきたいですよね!



さてさて、9月25,26で地元北九州で唄います!
北九州ミュージックフェスタ
9/25(土) 
KBCラジオフェスタ 13:00~13:15
小倉駅JAM広場ステージ 14:00~14:30
FM KITAQ 16:00~16:30
9/26(日) 
NHKリバスタサンデーコンサート 14:30~14:50
井筒屋クロスロードステージ 15:40~16:10

完全なる地元すぎて嬉しいやら、不思議な気分。
お近くの方はお買い物ついででも、ふらりと遊びに来てくださいね!
by akiha_10 | 2010-09-11 20:27 | Daily thinking

page s-66               ワカンミおとな買い

a0028990_21554327.jpg


あまりの暑さに京都銘菓ハントも不完全燃焼
(もはや欲望のマッチに火、点かずの段階)。
新幹線に乗る前に慌ててこれだけはっっ!!と
麩まんじうを獲得したのみに終わり、
あんこへの欲求が高まっていた涼しげな夕時。

成城の「あんや」で黄みしぐれと大福をおとな買い。
ここの黄みしぐれは、トップオブ黄みしぐれです。
ほいほい口に運ばれて行くので、多めにね。
だけども、和菓子をこうも並べると、
ビジュアルあまりよくなし。
ケーキだとかわいいのに。
すくっと、孤高に、品よくおすまししたお姿こそ、
和菓子のあるべきスタイルなのでしょうか。



そういえば、久しぶりにのぞいた表参道ヒルズの両口屋是清のカフェに
「抹茶テリーヌ」というデザートがありました。
ねとっとしたミルクプリンに濃厚な抹茶ソースがかかっているものだったのですが、
とてもネーミングがお上手だな、と感心しながら食べたものです。
味も美味しかったけど。
抹茶テリーヌって、そそられるでしょ?
by akiha_10 | 2010-09-05 22:02 | Stomach

page d-244            at cafe

a0028990_0205955.jpg

京都弾き語りライヴでおなじみのSOLE CAFEの村田さんご夫妻です。
いつもわたしがリラックスした、あたたかい気持ちで唄えるのは、
このお二人の雰囲気あってだと思います。
いつもありがとうございます!


翌朝は伊衛門カフェでモーニングを。
ラタンの椅子はいつだって気になります。
カフェでヌード写真を特集した雑誌penを読んでいたのですが、
今日恵比寿で時間が空いたのでふらり東京都写真美術館に行くと
ちょうどヌードのポートレイトをやっていたので寄ってみました。
ヌードは単に美しい被写体、またはエロティシズムの対象としてでなく、
むしろ心を裸にするかのように、
その人物の微かな表情や感情を捕らえ、
さらには時代背景までも映していることがある。
そこに、みがいあり。

SOLE CAFEのあの至近距離。
嘘をつけない、ごまかせない、
素でそこにいる、という点で、
ヌードとまではいかないが、
かなり薄着の気分になる。
その潔さ、
face to faceな具合が、結構好きなのかもしれません。



次回関西ライヴは、ミナミホイール2010です!
11月12日(金)、お待ちしております!
時間、場所が分かり次第またおしらせするね。
by akiha_10 | 2010-09-03 00:35 | Daily thinking

page d-243          after singing 83031

a0028990_15113811.jpg

関西ライヴに御越し下さった方、
本当にありがとうございました!!
心から感謝です。


さて、京都といえば、生麩を食べずして帰れません。
本音をいえば、生麩コースを食べたかったのですが、
周りの空気を読んで(みんなが生麩に首ったけじゃないよね。)
生麩が食べれる、定食屋さん「寿み」に行きました。

行き道は太陽に射されてしまいそうな暑さだったので、
ひやんとした座敷の空間と涼しげな金魚の水色ののれんがまるで天国のようで、
火照った身体からさーっと熱が散っていくのを感じました。
ついつい長居をして「ねむいねぇ」とほっこりモードオン。
暑さのため控えめ散策であったけれども
ただ、そこに居るだけで
京都大好きだ。
by akiha_10 | 2010-09-01 15:15 | Daily thinking