<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

page i-13    コートパトロール

a0028990_1637556.jpg




ららポートの花屋で、
ひと目惚れしたケイトウというお花。
なにがいいって、この色が大好き。
アルモドバルが多用する朱色に近い赤。
マリメッコのトートバッグの赤。
または、今シーズン出ていた
ケイトスペードのスウェードバッグの赤。
NYで見たのが忘れられなくて
高島屋に急いだが、悶々と迷い、
結局は買わなかった。





が、実家に行ったら
なんと全く同じ型のブラウンがあった。
なにこれ。
こっそり持って、ゆらりゆらりしてみた。
気分がいい…。
翌朝聞いたら、
母が購入していた。
「こやつめっ」
DNAおそるべし。




a0028990_1751337.jpg
港北、豊洲と、
ららポートがあつい。
ちょっと時間できたら、
ららポート行きたい!
と言ってる自分、
それもどうかと。
ギラギラしてないね、
イメージ的にね、
オンじゃないね。
サバービア的よね。
無印を着て行きたい気分。


でもインテリアショップいっぱい入っていて、
映画館もあるし、
たのしいのよ!
写真はマーブルジェラートカンパニーの、ジェラート。
豊洲にて。
スゴイオイシイ。








今日はコートパトロールをしました。
好きなお店のコートを見てまわります。
天気がいいと買い物したくなります(危険)。
よく買い物をする「foundfles」で、
店員さんと、もの凄い意気投合して、
1時間近くおしゃべりしました(迷惑)。
すっとしている美人さんなのに、
喋ると、すごい面白くって、
ついついお洒落ブチックであることを忘れて
腰をくねくねさせて爆笑していた。
店員さんは、泣いていた。
ヤバイヤバイ、私たちだいぶ、ういてるういてる!
と、二人で試着室に隠れようかと思ったほどです。
そうそう、それ、すごいわかる。
と、感性も感覚も、自分に対して残念なところも、
驚く程、一緒の方でした。
なんか、爽快!
なんかしやわせ!




あれを買おうか、これを買おうか、
これも欲しい、あれも欲しい
と悩む時、
今はあまり毛利さんの視点になりすぎないように
注意しています。
その苦しみの全ては欲望から。
そう思い、地球全体をふっと眺めては
ちっちゃい煩悩駆除にとりかかる癖があるのですが、
欲しいものや、やりたいことが
クレシェンドしていくほどに
孤独になっていきます。
あらゆる欲望は、
根幹となる生存欲求の枝分かれだからでしょうか。
ギラギラしていきたいところです。





母は腐るのではないかと思うほど
バッグ持ちです。
これは決して表現の一部ではなく、
この前、実際に、
結構きばって買ったであろうバッグが
あやしげな粉をふいていて
ぎょっとしました。
バッグだいすき。
買う時には
「ちょっと持って行くのに素敵でしょ」
が口癖です。
いっつもそれなので、
父は、そんなに、ちょっとのシーンがあるの??
ちょっと、が多くない??
とその矛盾を一休さん的におもしろがります。





先日家族よりホルモンナイトの招集がかかりました。
(初台「くうのむ」、ホルモン焼やさん、美味しいです)
「わたしは、欲いっぱいよ!」
とホルモンを喰らいながら、
言い切る母に、
相当な生命力を感じます。
あれ欲しいこれ欲しい、
ここ行きたい、あそこ行きたい、
エネルギーに満ちていて
たまに頑張りすぎで、
愉しそうで、
面白いです、母。
ラテン系で、
素敵です、母。
たまに姉と、母を観察しては
「ライフ!」とぼそっと言います。
存在そのものが生命っぽい。
「おかあさんって、すっごい変よね」
と母に言うと
「あきちゃんのほうが、すっごい変よ」
と言って
変、を譲り合っています。
そうえいば、母は祖母のことを
「うちのお母さん、変わってるよね」
と言います。
これはもう、観覧車です。
by akiha_10 | 2007-10-24 17:05 | item

page t-63    鎌倉探索



a0028990_22575533.jpg






a0028990_2311416.jpg













鎌倉に行きました。
鎌倉好きです。この季節特に。
都内から行きやすく
トリップ感があって
美味しいものがあります。
雑貨やさんも可愛い。
わくわくする。


小町通りにある
味くら、の漬け物が食べたい、が
きっかけだったのに
行ったら欲しいものが特に浮かばず
でっかい梅ぼしだけ買った。



雑貨やさんalkumiで
可愛くゆるいスウェットがあった。
鏡を眺めて身体をひらひらさせた。
財布の中身をみて
シールだけ買った。
肌触りのいい
キャミとレギンス
が毎度気になる。
イギリス製らしい、コットン100パー。
綿やわらか、ファーファの気分だ。
同じものが
代官山で2000円盛って
売られているのを見たので
今度、ここで買うとしよう。







「左可井」のそうめんセットを食べた。
穴子丼と、お出汁の上品なそうめんのセット。
平日なのに行列、
なんでも最近テレビに出たそう。
鎌倉ビールが、とても美味しい。
すこし歩いた後は
小町通りの
「くるみ」で甘味です。
甘味やさんに入って
ところてんをオーダーできる、
大人の女になりたい(イメージ)。









鎌倉は眠ります。
昼はあんなに元気だったのに
しっとりと眠ります。
祭りの後は
どうも苦手です。
だから
日頃より
あまり盛り上がりすぎないようにしている自分がおり
ちっちぇ
と思う毎日です。
今年は
静寂という
コートを着れるようになりたい。
by akiha_10 | 2007-10-23 23:09 | Trunk

page d-78    リゾット・キーノート

a0028990_2226419.jpg
この季節、チャリでいろいろ散策するのが
とても愉しい。
すごい、わくわくする!

三宿GLOBE ANTIQUSのカフェにて
キッシュプレートを食べる。
ここのインテリアは見ているだけで
うっとりするのよ。
ランチ後は新入荷チェックの散策を忘れずに。
キッシュは、どっしりとしている。
濃厚なバター具合が
本場パリ寄り。







過ごしやすい季節って、本当に一瞬よね。
人間ってとても敏感。
暑いとか、寒いとか、
じめっとしてるとか、乾燥してるとか…。
センサーが混乱して
わたし、すこし、鼻をしゅんしゅんさせている。








塩谷哲氏のピアノを聴きに行った。
スケッチオブニューヨークと題されているライヴは、
ジャジーで、スタイリッシュで、エネルギーに満ちている。
ピアノの音を分解して聴いていると
おいしいリゾットを食べている瞬間と同じ脳が働いていた。
口の中にいれると、
全体として
滑らかでクリーミーであるが
ひとつひとつの芯がたっている。
優しくても、
激しくても、
音符のひとつひとつが、
凛とたっている。
歯と歯の間で、むにゅ、ってなる。
ああ、きもちいよ。
腸の柔突起にまで染み入るような
リゾット・キーノート、
ごちそうさま。
by akiha_10 | 2007-10-14 22:45 | Daily thinking

page f-11   film 「幸せのレシピ」

a0028990_17431168.jpg
夏のNYのバス停広告でパチリ。

映画「No Reservation」、邦題「幸せのレシピ」。
観てきました。
わたしは食いしんぼうで、
なによりレストランという空間が好き。
だから
料理がたくさん出てきたり
レストランが舞台になっているお話はとても好き。
ディナーラッシュ、バベットの晩餐会、
ギャルソン!、マーサの幸せレシピ…
はっ。今書きながら気づいたことがある。
「幸せのレシピ」は、
ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」とお話いっしょ!
ハリウッド版リメイクだったのね。




キャサリンゼタジョーンズは綺麗だし、
アーロンエッカートは今までで一番好感持てたし、
なにより子役のアビゲイル・ブレスリンが可愛すぎます。
登場した時、あ、オリーブだ!!と声をあげて喜ぶ。
そう、あの「リトル ミス サンシャイン」のオリーブです。
まだ観てない方はぜひ。
可愛いのよ。
今回も演技がすばらしくってね、
大人の二人が呑まれていたほど。
すっごい美少女というより、
子どもらしい子どもなのよね。
そこがまたぐっとくる。
媚びていないぬいぐるみ好きのわたしには、
たまらない、いとおしさ。
どうか、ティーンになっても
やんちゃは程々に、
素直な女優さん、大人になりますように。






それから、ゼタジョーンズが暮らしている
マンションの内装のセンスがもの凄く良くて(好みで)
それにも見いってしまった。
でも、いくら一流とはいえ
雇われシェフ。
NYのあんなに立派なお宅には
なかなか住めないのでは、、
とリアルな疑問はお口チャック。
そこはハリウッドのお約束なのです。




ベタだけど、
それも望んでいて、
素直に、
幸せな気分になって、
とても良かったのだけど、
心の刺さり具合でいうとやはり
ドイツの欧州バージョンには負けてしまう。
じめっとしていて、もっと地味なんだけども、
空気感が残る。
フランス映画の「アパートメント」が
ハリウッドで「ホワイトライズ」としてリメイクされた時も
ちょっとがっかり。
悪くないけど、
わかりやすく、後腐れなく、
さっぱりして、通り過ぎる。

これは例えばエスプレッソが、
味わうまでに時間がかかり
苦みとともに余韻がまとわりつく
美味しさであって、
コカコーラが
一口目から美味しく
喉越し良く
爽快にはじけて、
跡形なく
終わっていく美味しさであることと、
とても
似ている。











a0028990_1744639.jpg



近所のアンティーク家具やさんで
マガジンラックを買う。

インテリアショップをまわると思いだす。
学校の帰り道、高校の制服を着てひとりで
近所のモデルルームに入って行っていた。
受付のお姉さんも困惑。
今考えると、変ね。
by akiha_10 | 2007-10-11 18:10 | film

page d-77   三度の飯より朝が好き

こんばんわ。
毎日気持ちがあがっています。
にやけています。
秋、だいすきです。
なぜかお財布の紐もゆるみます。
色々したくなりますね。








金木犀の香りがすると
郁を思い出す。
大学の親友、郁と、
秋になると
キャンパスのベンチでお昼を食べていた。
近くのスーパーの鯖弁当が美味しかったので、
では鯖の前でね。
と、待ち合わせをする。
といっても、
あまり二人とも学校に来ていなかったので
週1くらいしか会えないのだけど。
お互いマイペースなので
夏休み期間は連絡が途絶え、
10月の後期が始まると
いやあ久しぶりと、
すでに事件から思い出へ移行しつつある
三ヶ月ぶんの話題を
よいしょとよいしょと思い出しながら話す。
相談は経過なのに、
いつもわたしたちは決着がついている。
毎回生協でジューじゃんをしていた。
ジュースじゃんけん。
負けたほうが、おごる。
これがね、
すごい盛り上がっていた。
波があるのよね、
いい流れの時と、悪い流れの時。
それでね、不思議と、
あ、負ける気がする…と
ほんの少しでもちらつくと、
本当に負けます。
これ不思議よ。
絶対勝つ、と心底思ったら、
本当に勝ちます。




ぼーっとしていたらね、
もう三限は、、いっか。
ってな感じになって、
「ほんといろんな人いるよね」
とか言いいながら
キャンパスに流れる
景色を眺めて過ごすのです。
きもちいい。








a0028990_1433822.jpg


先週は
あんまり気持ちがよかったので
ずっと気になっていた
bills cafeメニューを食しに
代官山Signへ、ひとりランチ。
なんといっても
わたし朝食メニューが好きなのです。
パンでしょ、ラテでしょ、たまごでしょ、チーズでしょ、
ほんと幸せなのよ。






国外に一人旅して何が一番好きかって、
この朝食タイムなんではないかと思う。
ゆっくりパンをちぎりながら、陽を浴びてね、
異国の宿泊客を見るのよ。
どこから来たんだろう、って。
すごいな、すごいな、
ここに集まった出会いってすごいな、
もう一生会わないかもな、
と、その奇跡の交点に圧倒されるんです。
で、喉をつたうラテが
じわん、てきて、ほわってなって
わたし、今日もパーフェクト、ってなる。
朝ですでに。

朝食の時間、または
朝昼食のブランチの時間、
なるべく
大事にしていきたいのです。




bills cafe とはシドニーで人気のカフェ。
朝食メニューが充実しているということで有名らしい。
来春都内に上陸らしく、
一足先にSignカフェでレシピを再現。
パンケーキ、といったら
絶対チェック。気になる。
ハニコームバターをのせたリコッタパンケーキ。
うーん、しやわせ。
期間中にあと2、3回は通いたいところです。






a0028990_1442713.jpg久しぶりにbonjour recordsに寄ってみたところ
大好きなフォトマガジン「Lula」、が出ていた。
泣きたくなるほど嬉しかった。
しかもダンスト表紙!
パリのパレドトーキョーで出会って
その雑誌そのものの完成度の高さと
スタイリングと写真の美しさに圧倒させられた。
わたしの夢の中が具現化されていて、
一冊まるまるドリーミー。すばらしいの一言。





元VOGUEのスタイリスト、
レイスクラークが編集長。
うーうれしい!
こんなにワクワクする気持ち、
大事にしたいね。
ペラペラとめくりながら、
フアナをヘッドホンで聴くのだ。

それでわ みなさん 
わたしはあちらへ
サヨウナラ
by akiha_10 | 2007-10-09 00:01 | Daily thinking

page d-76     after singing 10.02

a0028990_22233792.jpg

昨日のワンマンライヴ
「knock u, knock me!」
に来てくださったみなさま、
ありがとうございました。
たのしかったねえ。
またやろうね。
待ってるね。
今回来れなかった方も
次回、ぜひ来てくださいね。






これ、昨日の例のペンギンよ。
アンティークペンギン。
いい味出してるでしょ。



いつものように、あの後
バンドのメンバーとスタッフで乾杯。 
ベーシスト伊賀が今回もやってくれます。
でてくるでてくる、
伊賀語録。伝説のエピソード。
まるさんとバナ男マネージャーのつっこみが
おかしくっておかしくって
みおちゃんとわたし、
顔がひきつりそうでした。
笑うのだいすき。



あらためて、メンバー、スタッフ、
あなた、ありがとう。











a0028990_22282327.jpg
最近家に帰って楽しみにしているのは
りんちゃんが作ってくれたザワークラウト。
りんちゃん、
とってもお料理上手で気配り上手で、
尊敬する女性のひとりです。
これ、ドイツやチェコで、
もういやってほど
出てくる
キャベツの漬け物。
本場よりおいしい。
わたし好み。



以前にりんちゃん宅でお手製ピクルスを頂いた時に
すごい好きな味だったのね。
また食べたいわ、
とリクエストしたところ
瓶につめて持ってきてくれて…
うう。うれしい。
今回は、キャベツ。
これがハイネケンの黒(これそーと美味しい)ととても合うのね。
なんか酒飲みみたいね、
いいえ、
はじめのちょっとが好きなだけなのよ。
帰ってきて何かつくりはじめる前にね、
こうやってちょっといい気分になるのがいいのよ。
そうすれば、
鼻歌クッキングよ。
たいしたものは作らなくてもね
気分はふんふふんふふ。





りんちゃんに、
今度レシピを教えてもらお。
by akiha_10 | 2007-10-03 22:42 | Daily thinking