<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

page t-59  地球裏バージョン  9

a0028990_2185220.jpg小麦ファンクラブのみなさん、
お待たせしました!!
小麦レポートよ。
アルゼンチンからのトランジット、
どうせどこかのUSAで乗り継ぎならば
NYでストップオーバーしよう!
ということに。
ベーグル…パンケーキ…わっふる…ふふふ
アイラブ小麦!!
さっそく第一弾、ロウアーイーストサイドにある
クリントンストリート
ベイキングカンパニー&レストラン。
ふ、ふ、ふ(ふつふつと喜びが)








なにやらニューヨーカーベスト1に
選ばれたというブルーベリーパンケーキ!!
ちらっとキッチンで焼いているところを目撃したところ、
パンケーキを焼く時にブルーベリーを生地に
たくさん落としている。
したがって、
食べる時に、 ブルーベリーのじゅわっとした果汁が
スイートな生地に爽やかなアクセント、となるわけです。
うん、おいしい。
これ、三枚重ねてあるけど、
崩して食べちゃだめ、ミルフィーユ式で食べるのがおいしい。
むにゅってなるのがおいしい。
ボリューム満点です。







a0028990_2192430.jpgおやおや。
メニューにフライドグリーントマトがあるではないか。
page55にも書いたように、
映画「フライドグリーントマト」が好きなものの、
ずっと気になっていた、
フライドグリーントマトって??(映画のレストランでもでてくるのね)
やったやった、食べてみようや。
と、いうことで運ばれて来たのがこれ。
トマト揚げ?
いやいや、これが意外に美味しい。
完熟でないトマトにパン粉をまぶして…
ディップするサワークリームのようなものがよく合う。
気が済んだ。








さて、NYに来た目的は小麦研究と、
もうひとつ、
どうしてもどうしてもBlossom Dearyのライヴが観たかった。
ブロッサムディアリーは大好きなアーティスト。
キャンディーのような音符が紡ぐピアノと
コケティッシュなボーカル、
主に唄っていたのが
都会的なNYとアンニュイ気分のフランスというだけあって
ヨーロピアンだが粋、そのスマート感が、
まさに両土地の空気を吸っていたというかんじ。
しかも、ずーっとジャズバーなどで唄い続けて、ただいま80歳こえる。
わたしの憧れです。
ここ近年の週末はずっとそこで唄っているという
NYのジャズバーに突撃訪問。
ウェブがうまく開けないと思っていたら、
バーはなんと閉店したんだそう!!
もうかなしくってかなしくって、肩を落として
隣のバーに入って聞いてみた。
他のところで唄っていないか尋ねると、
「ブロッサムのことはよく知ってるよ(声は通販のイメージ)、
彼女はもうおばあさんだからね、
身体のこともあってもうパフォーマンスはしていないんだよ、はっはっは」
だって。
あーあ、あーあ。
ちょっと遅かった。
実践しているけれども、
やりたい、やらなきゃは、
すぐ踏み出すべし。
今度とお化けは出た事なし!








ということで、突撃でビレッジバンガードに。
今夜はトリオのジャズ。
ピアノ、ウッドベース、ドラム。
渋いおじいちゃんバンド。
おやじジャズって、もう、それだけで格好いい。
撫でるようなタッチで穏やかな音は
78歳ピアノマンの人柄のように。
とにかくとにかく
「NO MUSIC NO LIFE」の姿に胸を打たれるのだ。
ちびちびと飲みながら、
永遠に奏でていたい音楽に身を委ねて、
リハをしている3人を想像した。
縦横無尽に遊び回る音達と
時折まじる低く深みのある笑い声が、
酸いも甘いも
「生きるのもそう悪くないよ」と、
生きる、その醍醐味を魅せているような気がした。
今夜はちょっと酔いたい気分なのだ。




a0028990_2110419.jpg
by akiha_10 | 2007-07-26 21:30

page t-58   地球裏バージョン  8

a0028990_9102648.jpg




a0028990_911110.jpg











サンテルモ地区の朝のドレーゴ広場は、
音楽と人でいっぱい。
この土地がそうさせるのか、
ブエノスに響く音は哀愁である。
広場には様々なマーケットもでていて
ごったがえしている。
蚤の市好きの血が騒ぐが、
思ったほど安くないのね。ちぇ。
相場は決まっているよう。




a0028990_9143896.jpg
そうそう、ブエノスアイレスのお店では
かわこわい人形をよく見かける。
(←これはまだ可愛いけどね)
相当怖い寄りのものもあり、
夜、ひとりで見つめたくない。
祖父母の家に泊まったときに、
日本人形だけは視界にいれないように
トイレへ猛ダッシュした、あの気分である。



その、かわきも人形がついた、
奇妙なワインのコルク栓を
なんとなしケミィが買おうとしていたので、
(結構いいお値段)一応とめておいた。
目を見開いた、口をにまっとさせた、
妙に血色のいい、詐欺師風おっさん人形!
いやいや、夜冷蔵庫あけて
こいつがおったら相当びびるよ、と。
開けるたびに「ウェルカム!」とか
ひとり陽気に言ってそう。
家族もきっと怖がるよ、と。
ケミィは手に取ったかわきもコルクを再度見つめ、
そっと元あるところへ戻した。




サンテルモはずっとヴィンテージのお店が続きます。
マンション一軒まるまるアンティークのお店、
というのもあって、
掘り出し大会を楽しむ。
そうそう、コートを買おうかさんざん迷った
アルゼンチンのデザイナーのお店、
DIDI BANDOL、webがとても可愛い。











a0028990_913287.jpg
最後にブエノスアイレスの国民的人気キャラクター、
マファルダと記念撮影。
ニマリ。
マファルダはシニカルでスマート、らしい。
なぜか磯野の友人、花沢さんを思い出す。
はたまた、スヌーピーにでてくる、ルーシーか。
でも、なんだか、
じゃいこ系にも思えてきます。
って、ヒロインじゃない。
ごめんマファルダ。







エキゾチックなブエノスアイレス
最後の冬の夜。
by akiha_10 | 2007-07-21 09:28 | Trunk

page t-57    地球裏バージョン   7

a0028990_854189.jpg




アルゼンチンは絶対お肉!
とケミィのリクエストで
お肉レストランにいきました。
川沿いに建つレストラン街の一軒。
頼まずともドンと前菜がでてくる。
わお。








a0028990_8543190.jpgこちらが食べたお肉。
ふたりでシェアしても食べきれない!!
個人的には、でてきた自家製のパン、
ポンデケージョが絶品でした。
ポンデケージョはブラジルのものやもんね、
近いものね、本場やね。
ポンデケージョ、
5月のワンマンライブ、
「nice to me to U」でも特別メニューで出してもらったのよ。
チーズ生地の、
もちもちしたやつね。
結局、肉より寿司より、
パンの幸せ度数がマックス。
ふふ。




デザートに、ドルセデレチェのクレープ包みというのを
食べてみました。
ドルセデレチェ、あのリッチな風味のキャラメルは、
アルゼンチンの伝統的な味だそうです。
知らなかった!
うう、どうしてこんなにも
キャラメルやハチミツは女を幸せにするのでしょう。



ドルも高いしユーロも高いし…
という中、
アルゼンチンは比較的、
買い物もしやすく、レストランも入りやすいように思えます。
好きだブエノスアイレス!
by akiha_10 | 2007-07-21 09:01 | Trunk

page t-56   地球裏バーション 6

a0028990_225526100.jpg

















都会好きの文化系女子ふたり、
今日に限ってはアウトドア派、である。
南米行って雄大な自然に触れずになにをする、
と言われる前に
世界遺産、イグアスの滝まで足をのばすことにする。

国内線で1時間半ほど飛行機に乗る。
今アルゼンチンは冬休みだそうで、
国内旅行をする家族で飛行機は満席。


イグアス国立公園に着き、
ブッキングしておいたガイドさん、
ルイスさんに連れられて歩く。
マイナスイオン大放出の
自然に癒されるうえ、
宣教師のルイスさんの、
優しい語りかけが、
気持ちを優しくさせる。







a0028990_2256544.jpg



うわああ綺麗〜。
天気にも恵まれ、
本当に美しい。
激しい飛沫がプリズムとなって、
滝から滝へ、おっきな虹がかかる。
間近で見ると、
「悪魔ののどぶえ」と言われるだけあって、
とってもこわい、
自然の畏怖。
こういうのを見ると、
自然は人為に到底及ぶことのないところで
動いているなあと思うのだ。









国立公園はかなりひろく、
あるゆる角度から滝を眺める事ができる。
そうそう、この滝
30%はブラジルのもので、
70%がアルゼンチンのもの。
つまり、滝の上に国境があって、
どちらの国からも眺めることができるのです。









a0028990_22564373.jpg
さて、なんといっても
面白かったのは、
ボート滝めぐり。
超アドベンチャー。
ライフジャケットつけてね。
カッパかぶってね。
のるのよ。
ボートに乗って滝をすぐ近くで見れる、
という趣旨のはずだが…
滝なんて見えやしないよ。
だって、滝の中に自ら打たれにいくのだもの!!
こ、こ、こわい…




え、え、まじでいくの??ここはいるの??
ひえ〜!!と言っているうちに
頭からざぶーん。
なぜかボート内大喜び。
水に濡れるアトラクションは
なぜか人をハイテンションにさせる。
きっと、動物の本能的な部分が覚醒するのでしょう。
洋服を着て、傘をさしたり、
ということは、
とても人間的、理性的なことやからね。
もう、どうにでもなれ、
は、とても愉快だ!!
傘を忘れた登下校だ!
嵐山の川下りなんて風流あるものじゃなし。
イグアスの滝、仙人修行ツアーは、
アクロバットなボートの運転と
ついついアメリカンなリアクションをしてしまう自分を楽しむのがいい。
ボート内大盛り上がり。
愉しいことは、すぐに国境を越えるのにね。
ちなみに
滝は、
あまり
見てない。








しっかり歩いて、
心を潤して、
帰りの飛行機は、
ぐっすりお休み。
by akiha_10 | 2007-07-17 23:06 | Trunk

page t-55   地球裏バージョン  5

a0028990_10331294.jpg









a0028990_10283291.jpg
















ガーリーカフェ訪問!!


ものすごいかあいい。
パルレモの並木道通り沿い。
閑静な地区に人だかり、カフィOuiOuiの前。
行列に誘惑されてまた30分くらい待つ。
しかもこのカフェ、
粉もの得意のカフェ。
パンケーキ、スコーン、ベーグル、ライ麦サンド…もろもろ
小麦ファンクラブとしては、発狂せずにはいられない。
やばいやばい、そーとおいしそうそーとおいしそう!!なんか焦ってきた!!
と、周りに運ばれているお皿をチラチラ確認…
期待いっぱいにテーブルにつくと…




やっぱりメニューが読めない…。
くぅ…





悔しい顔を察してか、
英語とスペ語に堪能な隣のおじさんが訳してくれる。
ホットサンドとパンケーキ、
そして、おすすめされたレモネード(ミントたっぷりでとっても美味しい)
最後にベーグルまで食べて、
土産にスコーンまで買って、
ワッフルも追加して、(全部試したい!)
小麦ファンクラブとして結構ながんばりを見せたと思う。
洗練された味。
ベーグルにふわふわのクリームチーズとコンフィチュールをたっぷりつけて食べるのが、
禁断、だけど、やめられない!







a0028990_10355289.jpg
ほんと、こういう、
入って幸せになれるお店は素敵ねえ。ブティックしかり。
もしわたしがカフェをつくるとしたら、
映画の「フライドグリーントマト」に出てくるカフェをモデルにしてつくりたい。
四角い空間の真ん中に、
スクエアのショーケースがあって、中に人が入れるのよ。
周りはグリーンの自然がいっぱいで…
わたしが食べたいものだけを
メニューにしますっ!
結構自信あるのになあ。
小麦会員様は特別割引とかあったりしてね…
小麦祭りとかね…
パンがいっぱいある祭りじゃなしよ、
みんなで小麦にまみれる祭りよ(なんのため?)。










a0028990_10363147.jpg


アイラブコムギ!!
ぱく!
by akiha_10 | 2007-07-16 10:38 | Trunk

page t-54    地球裏バージョン 4

a0028990_9154082.jpg







a0028990_9162161.jpg


















遥か遠いブエノスアイレスまで
心を掻き立てた動機のひとつには
ここがアンティークの宝庫だということにある。


味のあるものが好き。
物語を刻んだ、
悲喜こもごもを刻んだ、
そのモノを手にとる。
想像が掻き立てられ、
どこかしらの某にわたし自身を重ねては
感傷的になる。


夜のサンテルモ地区は切ない。
まるで歴史の絵巻物のように
石畳に連なるアンティークショップ。
広場から誰かしらのバンドネオンが聴こえる。
その哀しげな音たちが
眠っていたモノたちの物語の扉を
そっとノックするのだ。




このシャンデリアを木造の古民家につけたいなあ。
と、カフェユイット的な発想。







a0028990_9183176.jpgタンゴをみた。
アルゼンチンといえば、タンゴ。
タンゴはブエノス発祥。
移民の男たちが日頃のストレスを解消するために
酒場で歌にし、その後娼婦たちと踊ったことからはじまる。
超セクスィ。
男女の駆け引きって、
一番心が焦がれるよね。
生きてる感じするもんね。
愛情は温かく、恋はおいしい。と思う。
んー。
情熱的で入魂の芸術はやはり、
フラストレーションなしには生まれないのでしょうか。
なんでも受けいれる訓練をしつつ
平穏と笑顔を追求しているわたしは、すこし葛藤する。
「黒ねこのタンゴ」を愉快にモノマネしている場合ではない。







a0028990_9194219.jpg



バンド構成は
カルテットにピアノ、バンドネオン4人、と豪華。


情熱的に漂う色香は
夜中になっても街と男女を眠らせないのだ。
by akiha_10 | 2007-07-16 09:28 | Trunk

page t-53     地球裏バージョン 3


a0028990_8234633.jpg




a0028990_8233335.jpg




















どこの国に行っても、必ずこういう所がある。
空気が静かに動いている、
派手ではないけど確かに動いていて、
ちょっと内緒にしたくなるような。
並木道に路面店やギャラリーが点々とならび、
自分だけの宝箱を見つける喜び。


わたし断然路面店派。
お店は空間全体の表現でイメージをつくってほしい。
建物もイメージ。
だから路面店がだいすき。
ショーウィンドーがだいすき。



地下鉄と、コレクティーボと呼ばれるバスを乗りついで、
パルレモ地区を散歩する。
ロンドンでいうポートベローのような、
パリでいうマレのような、
そんな香りがする地区。
さんさんとした太陽の下、
これくらいの冷えた風がちょうどいい。




目下セール中。
もともと物価が安めなので、やすい。
冬ものセールなので、
これは先取りなのか、後追いなのか、
どっちなんだろう、などと考える。
試着のために
冬支度の重ねた衣服をもぞもぞと脱いでは着てを繰り返す。
どうして興味のあることだけは
めんどいマンをいとも簡単にやっつけることができるのだろうと
感心。


倉庫のようなセカンドハンズの
インテリアショップを見つけた。
50年代のものが多いとみた。
移民たちのものだろうか、
いざ潜入。






a0028990_8322930.jpg


能面!!
ひょえ〜


a0028990_832487.jpg




この紫きれいね。
カルテルみたい。












ひときわ行列が目立つレストラン発見。
行列に弱いわたしたちは、
一緒になって群がる。
地元っこに習おう、ということで、
20分待ってここでランチしました。
前菜、メイン、デザート、ワインがついて
1300円くらい。
しかも、超もりもり。
やすい。
チーズボード(for party)より安い。
アルゼンチンのワイン生産量は世界5位らしく、
とっても美味しい。
昼間から顔を赤くして、
ケミィは「帰れるかしら…」と、うとうと。
ふたり半目でデザートまでこぎつける。



a0028990_839359.jpg



うひひ
ごちそさま、
こちら今から夜。
またね。
by akiha_10 | 2007-07-15 08:49 | Trunk

page t-52   地球裏バージョン 2

a0028990_2154488.jpg





a0028990_216582.jpg




















街並はちょっとごちゃっとしたパリのようだ。
アルゼンチンを征服したスペイン人はじめ、
フランス、イタリア、ドイツ人の大量の移民たち母国を忘れられず、
ここに南米のヨーロッパを築いたといわれる。






しかし本当に英語が通じない。
みんなスペイン語…
「パエリアパエリア言いよったらなんとかなるよ」
と、なんの心配もしていなかったが、
なんともならなかった。
それは、一番レストランで悔しい想いをした。
アルゼンチンにはじめて出来たといわれるカフェ、
カフェトルトーニという老舗に行ってみる。
ゴージャスなアンティークが格調高く、
しかし、ブエノスの生き証人として
この街を見守ってきた、どーんとした、安心感に包まれた空間がある。



目の前を運ばれていく、
ピザのような、
さらに、パンの上でもっとチーズがとろとろとしている、あれ。
が食べたかった。
「あれが食べたい!」と指差すには
タイミングが悪く、
英語で、パンのうえに、チーズがとろ〜り…
と、手のひらなびかせて、
オーバージェスチャーで説明した。





のに
パンと普通にチーズ(かたまり)が運ばれて来た。
違う違う、
もういっかい身体ごと波打って、
チーズの、とろ〜り、
のあたりを表現してみた。
「si,si…」とウェイターが頷く。
今度通じたかしら。






否。
再び持って来たのは、
パンと特大チーズもり(かたまり)。


a0028990_217975.jpg


量が3倍くらいに変わっただけ。
どーん。
こんなに食べれないし
どーん。
お洒落カフェで身体までなびかせたのに。
どーん。
メニューを再び見ると、
これ、チーズボード(for party)らしい。
ケミィと目の前のてんこもりチーズを
じーっと眺めた。








こうなったらチーズpartyや。
あきらめてチーズと前向きに向き合うことにした。
「遠慮せずにもっとどうぞ」
  「いやいやそちらこそどうぞどうぞ…」
と、超親切に譲り合いながら、食べる。
しかし、いくらチーズが好きといっても、
結構頑張って食べてもこの量が残る。
全世界のねずみに招集をかけたい。
わたしたちが食べたかったのは、
アカデミコというやつらしい。
会計の時のちょうど運ばれていて、
悔しくて聞いた。











面白い旅になりそうね。
寝る前、
「かんたん旅会話スペイン語」
をここにきてやっとひろげるわたし。
by akiha_10 | 2007-07-14 21:11 | Trunk

page t-51   地球裏バージョン

10日のライヴに来てくださった方、ありがとう。
いつも来てくださるあなたも、
はじめてのあたなも、
嬉しいです。ほんとありがとう。
人の心の扉を開くのは簡単なことではありませんが、
たとえば、なんだか前から仲の良かった友達のような、
側にいてしっくりくる。
そんな存在に、音楽を通して
なれたらと、思っているのです。
そう、ここでいう、あなた、が
まさかわたしではないな。と思っている貴方こそ、
わたしそっくりの疑りやさん、
気が合いそうです。
これからもよろしくね。
















a0028990_3172442.jpg
さて、また、
旅に出ている。
ヒューストンまで11時間の飛行。
ヒューストンにて
トランジットの7時間を
どう過ごそうかと迷っていた。
「うわっ、あれ面白そうや!」
巨大空港のターミナル内を移動するミニモノレールに、
移動の必要もないのに乗ってみる。
動きが遊園地の乗り物みたい、、、ふふふ…と、
いい大人ふたり、会話もなく(疲労)
わたしとケミィはターミナル間を無駄に、無表情に巡回する。
空港探検し、寝て、スタバで二度もコーヒーを飲み、
コンビニで買っていたおにぎりを奪いあって食べ(なぜかいつもより美味しい)、
また飛行機。
日本時間を見るとうんざりするので、
(真夜中にもりもりご飯を食べていることになるので…)
前向きに現地時間を採用することにする。







目指したブエノスアイレス。
ヒューストンからまた10時間飛んだ。
計30時間の移動を終え、
日本の真逆に着陸。
汗ばんでいたノースリーブに、
慌ててマフラーとコートを羽織る姿が可笑しいでたまらん。
カゴバッグ、うらがえしたら、ファーのバッグ、みたいな
リバーシブルな時間を笑う。
こちらはただいま冬である。
地球の南側に来たら逆さまになって
宇宙へと放り投げ出されてしまう…
そんな幼き頃の心配は、
今ちゃんと立てていることで払拭された。




南米のパリといわれるブエノスとは、
一体どんなとこか。
映画の影響からか
ブエノスアイレスは、
混じり合った、艶やかな匂いがする。
最果ての地、
魅惑的である。
いかほどか。
確かめに、今、歩いてきます。
アディオス
by akiha_10 | 2007-07-14 02:22 | Trunk

page d-72   シュミレートオカン

a0028990_3334533.jpg





a0028990_3335645.jpg













舞台「東京タワー」を観た。
劇中歌を担当させていただいている。
小倉で育ったわたしとしては、
九州の人柄やその土地の空気、
地方育ちから見た、
夢と挫折が地下鉄の網目のように重なり合う、
東京の孤独が、とてもよくわかる。

登場人物にブーブおばちゃんという人がいて(オカンの親戚)
これがまた、ほんとに、
こんなひと親戚に居た居た!!というキャラなのだ。
とりあえず、せわしなく喋り、
こちらが回答する前に、
おばちゃんひとりで解決したりする。
ひとりごとが漏れまくっている。
こちらは、先ほどからずっと
長縄に上手く入れない状態で、
そのうちジョイントを諦めて、
そのまま回答を呑み込むしかない。



なぜかわたしは、オカンに投影していた。
自分がつらいのは我慢できるけど、
子どもがつらいのは我慢ができない、と
友達のおばちゃんは言っていたけれど、
母の愛情ってすごいね。
母は海やね。

わたしはシュミレートする。
子どもを育てることになったら色々と混乱しそうだ。
人は、どの立場からモノをいうかで、
まったくその意見が違ってくるからだ。
それは、ひとりの人が何役もこなしているからであり、
たとえば、ひとりの人間としては、それに賛成できるけど、
母としてはそれは賛成できない、という状況。
わたしは小さいころに、
「大人になったら見るノート」というのを書いていた。
これは、母や父に怒られたときに、
なんで子どもの気持ちをわかってくれんの!!
と、ぷーっと頬を膨らしながら、引き出しの奥からノートを取り出す。
この気持ちは大人になったらわからんくなるんや!!おおごとおおごと!!
と思い、憤りの勢いにまかせ、箇条書きにしていた。

夜遅くにチューチュー棒(凍らせた棒)を食べちゃだめと言わない。お母さんは食べよるのに!!
よそはよそ、うちはうち、と言わない。
駄菓子だって、ネルネルネールネだって、堂々とたべたい。
(身体にあまりよくなさそうなお菓子は禁止されていたので、こっそり食べてたのね)
内容はそんな具合である。

今は正直、親の気持ちもわかる。
ネバーランドに入場拒否される日も近いのだろうか。
わたしはきっと、
ああ、わかるわかる、これしたいよね、これしたくないよね、
と自分に重ねながらも、
舌をペロっと出しながら、
こら、だめでしょ!と言っていることでしょう。
そして、子どもに厳しくするたびに、わたしは本音ノートを書く。
そのノートは子どもが孫を産んだら、あげることにしよう。(遠い目)




と、
魅力的なオカンを観たところで
わたしがもし母になったら…?
という妄想で話が進みました。
母は偉大です。








初演は北九州だったので、
久しぶりに福岡に行きました。
頻繁に行っていた小倉のタイ料理、モジョタイで
念願のランチ。グリーンカレー。
ここのココナッツアイスはやっぱり一番好き。
天神界隈で友達や知り合いと飲んでいると、
やっぱり落ち着くなあと思いました。
飲み屋にもやはり、
ブーブおばちゃんがいた。
「ビールね?チューハイね?なんねなんね?飲むと飲まんと?ま〜あ、みんな若かね〜」
と。

四方八方みんな同じ方言を喋っていて(当たり前だけど)、
久しぶりに行くと、ちょっと嬉しくなります。
いつか絶対福岡でライブします!




あさって10日は渋谷O-CLESTでライブ。
また会おうね!
by akiha_10 | 2007-07-09 00:32 | Daily thinking