<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

page m-10  マンスリーパンフィクション  03

深夜の社内は会議室だけが眩しく、
静まりかえった部屋に紙をめくる音が妙に響く。
村上は机の上を指ではじきながら、「考え中」のお決まりのポーズをとっている。
「ちょっと!寝ないでよ!企画書〆切までカウントダウンですけど」
『もうネタ、ナイ。それでもって花粉のくすりで、超ねむい。村上さんたくましいなー』



ここんところ村上は働きまくっていた。a0028990_1383437.jpg
谷口さんをおくる会の幹事、
部署代え親睦会の幹事にくわえ、
新入社員に任せたはずの花見会も
心配性の村上は首をつっこんでしまっていた。
その上、〆切に追われる担当ページの企画。
2日連続の会社泊である。
溜め息をついて、資料から目を離して珈琲に手をのばす。


「はーあ。ねえねえ、話かわるけど。
年齢差たかだか3つ4つなのに、
下の子と感覚的に大きくギャップを感じることってない?
あ、これっておばさんくさい??」

『軽くおばちゃんですな。「下の子」とか言うあたり』

村上はむっとしながら頬づえをつく。

「いいよね。一之瀬はさ、黙っててもダンディズムキャラ確立されてて。
そのおかげで、後輩指導は全部わたしにまわってくるんですけど。
たまに分からなくなるわけ、自分の位置とか役割とか。
口うるさく言いたくないし、でもどこまで任せていいかわからなくて。
ふったらふったで、これはやるよね?ってことをやってなくて平気顔だから、
怒る気もなくなるし、多分怒られている意味も分からないだろうし。
とにかく、まじで!っていうジェネレーションギャプを感じるのよ」

『ジェネレーションギャップって久々聞いたし!』

「いや、そういうとこじゃないんだけど…」

『それって、とし子さんがうちらにも感じてたことなんじゃないのかなぁ。
そういうもんなんじゃん?』

「そっかー。今難しい位置だなー、全体的な指示はとし子さんが出すし、どこまでしていいのやらだよ。」

『ウエハースですな!』

「なんか一之瀬と話してたら真剣に悩んでる自分がばかみたい…」

『まあ、そういう事に敏感な村上は好きだけど』



氷りつきそうな視線は、うつむき気味に、机に置かれた携帯にスライドする。
「(簡単に好きとかいうな)」
『そうそう、携帯変えたんだよね。かっちょいいっしょ』
デザイン性の高い携帯はいかにも一之瀬らしい選択で、らしいな、と思った。
しかし次の瞬間村上をドキっとさせたのは、一之瀬らしからぬ、
どこかのサファリパークのストラップが揺れていることだった。
でっかく太い字体でサファリ!!と書いてあるビニールのストラップは
その携帯全体のトーンの空気を全く読めていなかった。
「(一之瀬が選んだんじゃない…)」



村上は黙り込んだ。
頑固なプライドやこだわりの厚い壁を持っている人って、全く隙のないようで、
ある特定の誰かに関しては驚く程緩く、容易に入りこませてしまうことがある。
壁を崩して内の世界まで侵食されることをも、時に許してしまう。
サファリストラップに込められた思い入れを、あれこれ推測するのは右脳が拒否した。
それってギャグ?という問いかけも、それ事体ナンセンスな気がした。
ただ、村上は一之瀬とサファリを繋いだ特定の「誰か」にひれ伏す想いだった。
どれだけ自分がその人のことを知っていようが、その壁の内側の世界を理解できようが、
容易に壁を飛び越えて異質を持ち込めてしまう特定の「誰か」には、完敗していると思ったのだ。



「ねえねえ、一之瀬って、自分よりも他の人を好きになることってあるの?」

『なに突然??そして失礼だし!まー、「同じくらい」、はあるかもね』

「ふーん」






「あ。そうだ、次の企画はデートコースにしたいパン屋、ってどう??」

『んー、春だしね。イベントとか展示とかやってるパン屋とかいいかもね』

「よしっ、骨董通りの買物ついでにデュニュラルテ。あたりからあたってみるかな!
さてと、しごとしごと!」

村上は珈琲を一口すすってニコっと笑った。(fin)


a0028990_1391119.jpg






今月のパン デュニュラルテ@南青山
by akiha_10 | 2006-03-31 00:36 | monthly

page t-34   into Snow 6

寝坊した。a0028990_22333393.jpg
昨日の優雅なバスタイムにおほほ、うふふ、
と自分に酔って眠ったら、うっかり起き忘れ。
いけてない目覚まし時計をしげしげながめる。
一応役目を果たした痕跡がある。
止めたのは誰だ!
予定していた列車の時刻から逆算し、
いけてない時計を再度見つめた。
朝食タイムを省いて、
超巻きで準備をすれば間に合うかもしれない。



まとまらない髪を帽子で抑え、荷物を大慌てでまとめ、素顔のままに表へ出た。
そうそう、旅先では時たま自分へのOKレベルがとてもゆるくなってしまう。
いつもも決してキメキメではないのですが、旅先ではさらにありのまま。
ありのまま、自然体、という前向きな言葉で、
単に「なにもしない」をポジティブにごまかしちゃおう。うひひ。
ちなみに、いつも指先のネイルまで完璧にしている親友は、
やっぱり旅先でもばっちりです。決して甘やかさない。
どれだけ洋服の数を持っている人よりも、どんな高品質を持っている人よりも、
こういう気持をいつ何時でもキープできる人が、本当のおしゃれさんだね、
としみじみ尊敬するのです。


半年ぶりくらいに猛ダッシュをしたら、なんとか間に合いそうだった。
ドレスデン行きのチケットを購入すると、
ブースのおばちゃんは「さっき出たよ」と言う。
どうしてどうして、と思って時刻表を見ると、
プラハにはその列車が停まる駅が二つあるようで(!)、
わたしが見ていた時刻は次に停まる駅の時刻。
つまり、東京行き新幹線に「博多」で乗るのに、
「小倉」時間を見ていたわけです。
成田で調べ、プラハ本駅の掲示板で調べ、よしよしと思いこんでいたのに、
それはもともと違う駅だったみたい。
情けないよ、こういう失敗はわたしっぽいよ…。
次のドレスデン行きは二時間後らしい。
目に入ったマックの看板に導かれ、チェコマックでつぶすことにした。
20㎏あるスーツケースのコロコロで、
いまだ踏み入れられてない、道の端っこの雪キャンバスに曲線を描きながら、
自分の情けない具合をちょっと反省して、まいっか、と復活させた。
チェコマックはバロック様式の建物に囲まれた一角に位置する。
ひときわモダンなつくりが、まるで白黒映画に添えられたカラーのように映えており、
意図したわけではないだろうが、時間を錯誤させ、タイムスリップ感を演出していた。
朝からバタバタしていたので、カプチーノはとても美味しく、
パンケーキもむしょうに愛おしかった。
どこマックでも見たことのない、チーズ揚げのようなものは、
かなり味が濃かったが、寒いので少々血糖値を上げるくらいがちょうどいい。
なんとなく窓の外を眺めてぼーっとしていたら、
今回の写真の編集はあーゆうのにしよう、とかモクモク浮かんできたので
忘れないように乗車券の裏に書き留めた。
これはこれで、よかった。(今、ちょっとずつ制作中)



車窓はすばらしかったです。列車最高です。a0028990_22345897.jpg
目の前に拡がる、雪に埋もれた森、
気配のない真っ白な広場。
どれも、しんと静まっていて、
煙突のある家から揺らめく煙を確認するまで、
静止画ではないかと騙されてしまいそう。
陽が運良く雪を照らし、
生じか親子が陽にむかってタッタッタと雪を蹴って走る姿…。 
追いこし追いこされ、二頭の影。
うわぁ、なまじか、かわいい…。
ドレスデンまでの3時間半、静かなる興奮は止む事なく、
びりびり感動して、ついでにモクモクと音楽も浮かんできたので、
乗車券裏にさらに書き留めておいた。
ドイツの国境をまたぎ、ドレスデンヘ。





お昼過ぎに着いたものの、すでに心いっぱいで満足だった。a0028990_2238671.jpg
お腹がいっぱいの時と同じように、感動したり泣いたり
落ち込んだりして心をフルに使うと、体力消耗して眠くなる。
ちょっと眠った。
目覚めると「ちょっと」ではなかった。
いそいそと起きて、
のんびりツヴィンガー宮殿のまわりを歩いたり、
ふらりバスに乗ってみたりした。
エルベ川の近くの、
ノイエマクルトという場所の雰囲気がとてもいい。
おいしそうなカフェやバーが並んでいて、お腹がすいてきます。
なにがしの伯爵の息子が住んでいた邸宅をカフェレストランにした、コーゼルパレー。
元邸宅だけに、フロアごとに絨毯や壁紙が違い、
それに合わせてインテリアが異なっていて、興味津々。
重厚なつくりに、フォーマルなにおいがしますが、広くて開放的なカフェには、
遅めのランチやアフタヌーンティーをするお客さんの陽気な声が響き、
気軽に利用されているようでした。
やっぱりショーケースはかわいい、レモンケーキをたのみます。
そしてふたたびカプチーノ。
そう、ここを探して来たのも、
食器がすべてドレスデン磁器だという情報にひかれて。
マットな黒や赤に金色の模様、
配色やたたずまいが、どこか漆の器に似ているなーと感じました。
横目でちろっと、運ばれてゆく様々な食器を楽しんで、とても満足。





陽の落ちたドレスデン。駅近くのモールで食材を買って帰る。
ごはんを食べ終わると、長い長い一日の疲れがどっとおそってきた。

「たのむよ。」
いけてない目覚まし時計を拝みながらセットした。
by akiha_10 | 2006-03-27 09:04 | Trunk

page t-33   into Snow 5

もう地図を見なくてもわかるよ、ふふふa0028990_011772.jpg
と異国の土地勘をつかむとなんだか得意顔になる。
わたしはどこに行っても乗り物が楽しいので、
チェコでものんびりまわるトラム乗客の常連。
チェコお楽しみのベストルート、ベスト乗り換え、
ベストポジションをさぐって、
ほーらばっちり!とスムースに行動できる自分に自己満足。



プラハで有名なカレル橋の、手前の橋を走るラインは特によかった。
いつも思うのですが、橋って遠くから見ているほうが綺麗。
渡っているときは、ほぼ道路だもんね。
だから、橋いこうぜ、って張り切っても渡っている時はほぼ普通の気分。
カレル橋を実際に歩いているときも、ふうん、という気分。
さて、橋は渡るもの?鑑賞するもの?
レインボーブリッジも、首都高で全体をとらえられる間が一番いいもんね。



プラハ城まで登るトラムはないので、徒歩で登ります。
なんていっても寒いのです、消極的に一番興味のある黄金道路のみの入場券を購入。
黄金道路とは、背の高さくらいの小さい雑貨屋などが並んでいる小道です。
プラハでよく見かけたバス用品のお店がここにもありました。
バスソルトとバスフォームを購入。
ラッキーだったのが、黄金道路を出たところにある、
おもちゃ博物館の展示物が、季節限定でバービーコレクションだったこと!
中学の時は人さし指サイズのミニバービーのキーホルダーをつけ、
一人暮らしを始めたころにはバービーのポストカードを飾り、
振り返ってみると、何気にバービーはよく側にいました。
特に意識はしてないし、アピールもしてないのですが、気になる存在。
このタイミングにありがと!と気分は高まります。


しかし。入場チケットは現金のみと書いてあり、
財布をひらくと、ギリギリ、足りない…
ショックで、肩を落として、悲しい顔で何度もお金を数えますが、
受付のひとは、あら残念、といわんばかりのそっけない顔。
国際学生カードなるものを、ひらひらさせてみたけど、これもだめ?
前は学割があったんだけどねーと言われながら…
むむむ。と立ち去ります。
ただ両替すればいいだけの話なのですが、
城内に両替所はなく、一度長い階段か坂を使って、
街に下りなければならないのです。そしてさらにまた登城…。プラス寒さ。
そのめんどくささとバービーは天秤にかけられましたが、
「好き」の力は強力で、バービーはめんどいマンを倒しました。
閉館まで時間と競争。
城の階段を半ダッシュしている自分は、
ものすごい頑張り屋な気がしてきました。
ピンポイントの執着にエネルギーを注ぐのって、おもしろい。
なぜだかダッシュ中に、バービーキーホルダーのことも思い出しました。
中学のとき、鞄にぶらさげていた、
ミニバービーのキーホルダーの胴体が知らないうちにもげていて、
ホルダーと首だけになっていたこと、
そのままつけていたら、悪趣味ともいえる首のみバービーは、
案の定、まわりから大変不評だったこと、
胴体が数日後、友達の机にポツンと置かれていた、あのシュールなシーン、
ホラーやね、と友達と転げて笑ったことを思い出し、
うっすら笑いがこみあげてくる。ああ、ここで笑ったら怪しいから我慢。

息を切らせてすべり込んだバービー展。
狭いスペースではありましたが、内容は充実していました。
年代別に見ると、顔もどんどん変化していて、
個人的にはキラキラぱっちりの現代バービーよりも、
60年代くらいまでの、物憂気な顔のほうがわたしは好きです。
ファッションも歴史に沿っていて、
たとえば50年代のバービーはオードリースタイルを再現していて、
このあたりの、トラッドでクラシカルなお洋服は可愛いです。





日暮れのプラハ城を下りて、早めの御飯を食べました。
チェコはビールだよ、と聞いていましたが、
確かに美味しかった!そして、すごく安いのです。
スーパーテスコでは物によっては水より安い。
この極寒の中、ビールを注文するのはなかなかサディスティックな行為よ…
と思いながらも注文。
そして、「なにかお勧めで温かいものを」とお願いしたら、
こんなものが出てきました。


どうよ。
なんか巻きついとるよ。a0028990_0112958.jpg
なんだか体内を彷佛させるこの芸術的なもりつけ。
これこそホラーやね。
自家製ソーセージがお勧めなのはいいけどね、
置き方がなかなかショッキングであります。
ナイフとフォークを握ってためらっていると、
隣の女性はビール小と豆スープパン添えをスマートに食べていました。
ああゆうのがよかった…!
わたしはというと、ビールに大、小サイズがあることを知らず、
当然のように運ばれきたビール大にぐるぐるソーセージ…。
スマートなセットを横目に指をくわえて眺めても時すでに遅し。
両手で持つジョッキと、うずまきとむきあう。
なかなか、いかついぜ。チェコの最後の晩餐。




a0028990_012342.jpg
その夜、早速バスフォームを試してみます。
はちみつ&梨の香りで、くらくらするほど幸せな気分。
今日もまたよく、眠れそう。
by akiha_10 | 2006-03-23 01:00 | Trunk

page t-32   into Snow 4

小雪舞うモノクロの道を歩く。a0028990_21385860.jpg
天文時計のまわりには人だかりができていて、
まもなく1時をしめそうとするその時に、
なかが起こるのだろうとすぐに察知できた。
ならば待ってみようと、
寒い場所での3分の長さを足踏みをして紛らわす。



時計の針は注目を浴び、
観衆の心のカウントダウンが聞こえるようだった。
さん、にい、いちっ!




高まる期待は、すぐに微妙な空気に代わった。
荘厳なつくりにして、仕掛けが質素。
時計があいて、人形踊って、音楽じゃーん、みたいなのはなかったの。
全然スペクタクルじゃなったの。
時計の横の死神(こわいよ)がちょちょっと動いて、
上らへんの小窓がひらいて、小さいおじさんがチラチラ見え隠れ。
「えっ、おわり!?」カウントダウン同様、観衆の心の声がはもった。
皆、少しいぶかし気に、なんとなく苦笑いしながらその場を去って行く。
時計よりね、世界共通のテンションの動きとリアクションのほうが
なんとも面白かったのです。
後に調べてみると、この時計15世紀につくられたようで、
本当は動いているだけで見物なのね。
あと、小窓のかくれんぼおじさんはキリスト12使徒とかいう
なにやら崇高な人だったようで、
しょぼい?とか思ったらバチがあたりそう。
わたし、そんなこと心にも思ってないです。



夕方むかったのは美術工芸博物館。
チェコの綺麗な食器や装飾品と工芸品、
印刷技術とともに発展した広告デザインなどがあります。
目を奪われたのはアンティーク壁掛け時計と円状のレース。
こんなところ、誰が見る?と思うような細かい作業を施しているものも、
誰かは見ていて、感動するもんね。
期間限定の展示物がオペラ歌手マリアカラスが
実際に身につけたスワロフスキーだったことはラッキーな出来事。
映画「永遠のマリアカラス」では
壮麗なカラスを演出するシャネルの衣装がとても印象的でしたが、
特にステージにおいては、装飾品としてスワロフスキーを好んだようです。
ショーケースを囲んでうっとりしている人たちのほとんどが女性なのは、
世界共通の、女性のジュエリー好きを語っているのでしょうか。
暗室に置かれた目を細めんばかりのスワロフスキーの輝きが、
映画で感じとれた栄光と対極にあるカラスの孤独をいっそう強調するようで、
光と陰は相互に不可欠である図がここにあるのです。


相変わらず現在時刻も分からず、帰りに美術館内のカフェに入ります。
カウンターで隣になったおじいさんの真似をしてホッとワインを頼んでみる。
メニューを置いて、ふっと見上げた瞬間、
目に飛び込んできたのは、壁一面の時計。それは壁を埋めつくすほどの数。
しかも。それぞれの時間で動いているものもあれば、止まっているものもある。
つまり、現在を刻むものがどれか分からない。
一瞬わたしは固まってしまう。
時間の感覚を失った睡眠を経て、
時計のないホテルと、正解の分からぬ時計だらけの部屋。
ゾクっとした。
壁一面の時計は、カウンターのわたしに挑戦的。
時刻を意地でも見せない一連のできごと。
これは何かのメッセージかとロマンチックにならざるをえないのです。
それがまた雲の低い中世の街にあまりに合い過ぎて、
これは時間をトリップしているのではと、本気で思いこみそう。
嘘のようで、本当に起こった仕組まれた一日。
シナモンの効いたホットワインで高揚し、ますますワンダー感は深まるばかり。
そうだ、この日は気合いで撮った天文時計のほか、ほとんど写真がないんだもの。





スーパーテスコで夜御飯とデザートの苺と、a0028990_2142711.jpg
一番安い、いけてない時計を買って帰ります。
こちら美術工芸博物館で買ったチェコマッチ。
○mni-busステッカーに同封して、
5人の人へのプレゼント。
仕組まれた日のチェコマッチでアロマキャンドルでもつけたなら、
夢でプチトリップ、そして次の日時計は止まっているかも。
by akiha_10 | 2006-03-15 22:30 | Trunk

page t-31   into Snow 3

a0028990_2154324.jpg


永い間絶たれていたようだ。
何百年の眠りから覚めたねむり姫のように、
それはまるで高温の熱にうなされて、汗だくになって熱を飛ばした朝のように、
ああ、指ってこんなふうに動いたっけねと
手を頭上にかざして、自分の関節の動きを不思議がる。
見るものすべてが新鮮になり、
こんなだっけ、と当たり前に感動する瞬間が時々ある。


その日大袈裟ではなく、今までの中で最高記録というほどの眠りの深さに達した。
目は開いたもののしばらく茫然とし、
起きあがろうとすると身体はこわばっている。
つけっぱなしのMTVは、何時誰によってつけられたのかさっぱり記憶にない。
本当につけたのは、わたし?
全然知らないヒップホップが頭でずっと流れていて気持わるい。
夢で流れていたのか、
いや、MTVの夜中のヘビーローテンションですり込まれたものだろうか。
そうだとしたら、無意識の力って本当にあるんだね。
その昔、眠っている時の無意識を利用して英単語などが覚えられる
「暗記枕」なる広告に食いついたわたしだが、
(寝ている間に勝手に脳が覚えてくれるという、なんとも胡散臭く、
すばらしく怠け者の心をつかんだドリーミンピロー!)
友人から「ばかじゃないの」と言われ、あっさり夢のない子になってしまった。
しかし今なら言える、結構ありかも暗記枕。

身体は起こしてみたものの、今何時かわからない。
なんとも間抜けに今回は時計を持って行き忘れていて、
携帯があるうちはよかったが、そいつもスイスで力尽きた。
ホテル室内に時計がないのもイタイ。
TVをまわしても画面右上または下にタイムは浮かばず。
時間の縛りは嫌いなのに、
時間が分からないのは、それはそれでなんだか恐いんだね。
時差も考えるとますます予測がつかない時間。
やっと立ち上がり、フロントにかけ降りた。
午前の10時半……意外とまとも。
あ、なんか食べたい。

残念ながらホテルの朝食は終わってしまったようなので、
近くのプラハ本駅までトラムで移動します。
国立博物館まで歩いて、友人から事前に聞いていたカフェに入ります。
チェコ料理の代表、ヴェプショー、クネドロ、ゼロをお試し。
ローストポークとザウアークラフト、むしぱんがお皿にのったセットです。
チェコの食事はそんなに…と聞いていたけど、あったかいし、おいしいよ。
あったかいだけで、もう十分よ…
だって外は相当寒かった…
こうやって窓の外と内じゃ、これは、まるでアリとキリギリスの関係図…
ローストポークの濃いソースにディップして、
フワフワ味なしむしパンがすすむすすむ。
わたしとしたことが、その写真がないのが悔しくてならないのですが、
バッグから取り出したカメラもまた力尽きていました。
だって昨日は倒れるように寝たもんね、準備不足もしょうがないさ。


いっぱい寝て、いっぱい食べて、一番最高の状態に。
ほんとは、まだぬくぬくアリがいい!
でもここは旅人、コタツからしぶしぶ出るような物腰で、吹雪いている外へ再び出陣。
時計もないことだし、旧市街の天文時計でも見にいこうかね。
by akiha_10 | 2006-03-14 21:31 | Trunk