<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

page m-6   マンスリーパンフィクション 11

手の甲からじんわり血がでた。a0028990_0271860.jpg
水揚げ作業をする。
新しい色のピンクッション。
水揚げの後の流れが
「キーパー清掃」から「切花」に昇格したが、
水のあつかいすぎで、この季節、手のカサカサがひどく、
ハサミを持つ手が痛い。動かした皺の間から赤いのが滲んだ。
アレンジもするようになった。
やっと小さいブーケの作り方を教えてもらった。
花と葉の向きのバランスが重要で、留めがゆるいと格好わるい。
ひとつ、我ながら惚れ惚れのパーフェクトブーケがあった。
心をこめて作ると、やっぱり綺麗なものができる。
今日はとてもいい日かもしれない。



「ああ!ミヨちゃん、それじゃはっきり言って遅いからねー。ほらあ、ここぉ、茎の長さも違うし。同じ時給なんだからね、やっぱりみんなと差が出たら困るんだよねー。わかってるよね?」
店長が水をさす。
「いつまでやるつもりなん?ねーちゃんみたいに、ちゃんとした職を探してみてん?いつまでもねーちゃんとこに住めると思ったらあかんよ?だいたい先は見えてへんのやろ?毎日変化のない生活ちゃうん?あんたはなにが目標なん?」
いつかのおかんが水をさす。
「ミヨはさ、ほんまにそれが好きなんちゃうくて、そういうのが好きってゆうてる人になりたいんちゃうん。むかしっからミヨはそーやった。」
昨日のおねーちゃんが水をさす。
わたし、水は散々浴びせられ、もう吸い込みません。
だぶだぶの鉢にしんなり漬かった植木のようになる。

花のあれこれをしている時はプールの水中にいれる。
息はあるのかないのか忘れるほどに熱中して、まわりが聞こえなくなる。
まわりがミュートになっていて、水上の現実を夢にさせる。
わたしを見張るわたしも居なくなる。
身体がかたまるまで我慢して、
がばっとプールの水面に出てみたら、弾丸のように音がはいってくる。
耳がびびる。
運の悪いときなんか、ふざけた男子の足とか顔面直撃したりで
鼻がキーンってなる。
そうそう、現実は荒れている。


「これが好き」って簡単に言えなくなったのはなぜ。
少し好きで、それを口にしてしまったら、
もっともっと好きな人から知識ミサイルであっという間に攻撃されて、
私はあっさり消えてしまう。
でも、花をあつかっている間は水中にいれて、一日ぶんのアドレナリンがでるのは確かのはず。
それについて知っているからそれが好きなのか、
それが好きだからそれを知っていくの?
まったくまったく私は花を知らなくて、それは本当には花が好きじゃないの?
「田口さーん、ポインセチアとヤマツツジ取ってくれる?」
「スミマセン…ヤ、ヤマツツジって、どれですか…?」
「あーあーもーいいから。リボン同じ長さに切っといて。」
店長は雪でコーティングされた枝みたいなのを、ささっとひっこぬいていく。
全然ついていけない。好きだけど、好きだけじゃだめなのかもしれない。
あ。やばい。谷底にくだる前に、楽しいことを考えなきゃ。

えっと、えっと、帰りに同じフロアにあるディーン&デルーカに寄ろう。
それで、明日は給料はいるし、思いっきり買おう。
ディーン&デルーカではスコーンがお勧めだとおしえてくれたのは
けんちゃんさんだ。
おしごとでパン特集をやったおかげで、パンにくわしくなったと言っていた。
けんちゃんさんはおねーちゃんの会社の後輩で、
たまにうちに酔ったおねーちゃんを肩に担いで連れて帰って来てくれる。
おねーちゃんは気丈な日常とバランスを取っているかのように、
お酒を飲んだらひどくなる。
「健一のな、足りないとこはな、」とベロベロにもたれ掛かっている。
けんちゃんさんは「はいはい、」と言いながら出来上がったお荷物を下ろす。
腰をかがめた時、グレープフルーツみたいな香りがフワっとする。

いつも少しだけ話す。
「なんかね、ほんとに好きかどうかなんて、周りに圧倒されていつも自信がなくなるよ。でもね、なんか花を見ているときとかね、包んでいるときは安らかになれるの。だからね、多分好きなんだと思うんだけどね。」
「いーじゃん、好きって一番大事かもよ。知ろうとしてる時点で、かなりいいとこに居ると思うし。人に知識チップは埋めこめないし、知識ソフトをインスト−ルもできないんだしね。やっていくしかないんだよ。それにさ、あるにこしたことはないけど、知識は権力じゃない。俺もだんだんわかってきたし!
はじめから出来る人なんていねーよな。まあ、みよちゃんのねーちゃんは、特別デキルから、あんま気にしないほうがいーぜ。この人揺らがないしね。ま、ここに倒れている姿を見たら説得力ゼロだけどね。」
笑いながら言う。
最近、心配してメールをたくさんくれるけんちゃんさん。
今日は昨日みたいに電話くれないかな。
でも明日も早番だからな、うーん。うーん。
「てぇ、とまってるよー。ぼーっとするのやめてね、ラッシュくるから急いでー。」
店長が水をさす。

キーパーで待機している紅色のピンクッションの輪がa0028990_0423931.jpg
一時間でひとまわり確実に大きくなっていた。
それって、重大な変化なんじゃないのかな?
どうなの?
それなら、だーれも気付かなくても、
今日のわたしは、昨日とじゃちょと違うはず。
                   (fin)

今月のパン DEAN&DELUCA@渋谷
by akiha_10 | 2005-11-29 00:55 | monthly

page t-23 隔週 北欧⑥ 最終回

ドキェメント映画「スーパーサイズミー」をa0028990_0361268.jpg
観たばかりだけど、
デンマークマックに潜入してみました。
マックは、比較文化に最適。
雰囲気も頂きに、旅先で利用してみることがあります。
チーズバーガーも福祉国家を支えているようで、
おひとつ300円くらい。高め。
二階にあがっていくとデンマークティーンズが、
どこかで見たことのある、そして自分も心当たりのある、
独特のオーラを放ちつつ、
空になったポテト容器ひとつ机に置いて、
とりあえずアンニュイ。
どうしてティーン(女子高生とかね)というだけで
根拠なくああも強気でいれたのか、今考えると不思議です。
でも楽しいもんね、ああ、無敵のティーン…
わたし、なるべく存在を消して席を探す。
たじたじしながら着席。
マックであっても、さすがデンマック、どこかミッドセンチュリーなインテリア。
が、味はスローフードではなく、残念、期待通りのファストフードでした。
しかしその便利さと価格で人気は根強く(こじゃれランチは2000円くらいが相場なの…)
わいわいしておりました。



旅恒例となっている蚤の市にも潜入。a0028990_0363857.jpg
街の中心から離れた倉庫のようなところ。
いつも、ゴミかアートか実用品か自己満足か、
スレスレいっぱいの蚤の市。
今回は大きい家具なども多く、
公園からひっこぬいたでしょ?
と言いたくなるようなベンチみたいなのもあります。
掘り出し物を探すのが好きなのですが、
あまりに物が多すぎてまいってしまい、
ぐるっとまわって帰りました。


一番印象的で、お勧めなのがルイジアナ現代美術館。a0028990_045307.jpg
コペンハ−ゲンから鉄道で
30分くらいのところにあります。
コレクションがいいというより、
空間そのものが、すばらしい。
窓の外は緑、すぐそこは海。
現代美術は少々難解であるから自由です。
アーティスティックな講釈をならべるより、
感覚的なアートは、これは馬人間ですかね?などと
作者もがっかりの解釈をするのがいいでしょう。
ああ。もっと淑女になって、次回は参りたいと思います。


海側に面したミュージアム内の喫茶店でお茶をしました。
カプチーノの上に波立つ泡、よせてはかえす海の音、
分からないから落ち着く言語と、
ひとりなのに安らかな心と、そんなもろもろが一点に集合している今が、
絵画より空間より一番アーティスティックではないかと、愕然とするのです。
もう、あらためてなにかを創らなくとも、
既にあるもので、二度と同じものは有り得ない偶然と偶然が重なった
一瞬の中に、じつは瞬きとやらが散らばっているのではないかと。
その発見は、希望もあるけど、非常に切ないものがあります。


何か無事に終えることができると、
ひとりだけど、ひとりじゃないなと、漠然と感じます。
旅先の写真は、いつかまとめようと考ています。
ひとまず、旅先の出会いと、
最後まで読んでくれたあなたにタック。
by akiha_10 | 2005-11-24 00:01 | Trunk

page d-24  めくるダイアリー

乾燥した教室で今日はまどろむ気にもなれず、
ましてや窓の外がこんなにも晴れていると、
レジュメだけ頂戴して逃げ出したくなる。
真昼の車内はすいていて、
くたびれはじめた陽射しを浴びながらイヤホンをつければ、
今日は100点満点である。
帰り道にカフェラテを飲みたかったが、
エスプレッソベースではないと聞いて違うものを探した。
かんがえる。
昼ビールは夜ビールより3倍おいしく、
なんにもない時にそれをするより、
「あれをすべき」ことがある状況で
まあいいや、とほっぽり投げてそれをするほうが10倍楽しい。
計画してそれをやって、想像以上でも想像以下でもないより、
唐突な欲望に従って予定不調和な時間をつくりだし、
罪悪感と解放感を喧嘩させながら調子に乗ることは、
大きな声では言えないけど、100倍た、の、し、い…(ヒソヒソ声で)。
むむむ、なに飲もう。

喉を潤したところで、手帳の先週の欄を見る。
最近、手帳が新しくなって背筋がしゃんとなる。



11月11日はなんの日?ポッキーがうかぶよ?a0028990_055146.jpg
それが。なんとチーズの日でもあるそうです。
というか、そういう事にしたみたいです。
そんな11日にチーズフェスタがあると聞き、
表参道のスパイラルホールをのぞいてみました。
「結構、人、多いと思うのよ」
というわたしの予想通り、
会場にはお祭りのような人ごみが。
大盛況のチーズフェスタ。


なかば無理矢理連れてこられた友人は
いやいやオーラを放っていましたが、
あまりのチーズ人気に「チーズってこんなメジャーなんだ!」
と驚き笑い、異次元空間を楽しんでいたように思います。
中央ステージではチーズ専門家らしきおばちゃんが
「パルミジャーノレッジャーノ」としきりに声をあげて
イタリアにおけるチーズの歴史やら文化やらを説明していますが、
4つのブースに用意された試食チーズを収集するのに皆必死です。
すこし強調される「れっじゃーの」あたりのイントネーションが、
「聞けよ、」と言っています。
なにか共通の目的にむかって真剣になっている集団の中で、
ひとり盛り上がれずに冷静でいることほど、孤独でおかしいことはないよね。
だからわたしもチ−ズに気持を高めていきます。
チーズ相談所では紳士的なチーズマスターが
ものものしい雰囲気で待機しています。
「恋にやぶれた時にはどのチーズがいいですかね。」
と聞いてみたい衝動にかられましたが、勇気が出ませんでした。
そんなことではチーズ愛好家にはなれないと思ったのです。
笑ってばかりいないで、もっと淑女になって来年は参りたいと思います。


この季節になるとスパイラルホールに手帳コーナーが設けられます。
a0028990_0555668.jpg近年、わたしはDelfonics社の手帳がスキ。
とても使いやすくて、シンプルで、お手頃であるがゆえ、
誰かと「おそろい」になることも多々あるけど、
それだけ実用性に優れているので、
今年もお世話になることにしました。
毎日持つものだから、
とさらに良いものを奮発する手もありますが、
バッグにぼんぼん放り込む癖がなおらない限り、
上品手帳はまだ不似合いでしょう。


そうそう、今年はイメージ通りのものがあって、
Delfonics、わかってるなぁ。ととても感動したものです。
大きめの別冊メモ帳が手帳についているのです。
これを探してたのよ。
手帳の他にメモを持ち歩くのはめんどうだし、
だからといって手帳のページはビリっと破りたくない。
手帳に収納されていればいつでも書けるし、切り離せるもんね。

洋服にしろ、小物にしろ、食べ物にしろ、なんにしろ、
与えられた選択肢の中で消去法で選ぶよりも、
「こーゆうかんじで、こーゆうので、こんなの!」というイメージ先行法で、
それにかなり近いものと出会うとしあわせよね。
だけどそれは稀だから、つくっちゃったほうが早い、となるのだけどね。
by akiha_10 | 2005-11-17 16:34 | Daily thinking

page t-22 隔週  北欧⑤

若干疲れてきた。
地図をぐるぐる回しながら歩くエネルギーが足りない。
現地の空気感を本当に味わうには、しゃかりきに観光地をまわるなかれ、
と思ってはいるものの、事実観光客にすぎないのだから、
比較的がんばってしまうのはしょうがない。
でも、人には動もあれば静が必要なようで。
その日は時間貧乏性にはならず、昼過ぎにホテルを出た。

日曜だったのでお店も閉まっているところが多いし…。
天気もいいので屋外ミュージアムにでも行こうと思った。
バス一本で行けるし、あとは広大な敷地をのんびりまわればいい。
ストックホルムの屋外ミュージアム、「スカンセン」は実はずっと目をつけていた場所。
到着して早速お茶をして、やる気があるのかないのか微妙な力み具合で入場。
だけど、まわっているうちに期待以上に胸がドキドキして、
のんびリマナコも次第にひらいてきた。
そして今では北欧旅行全体でわたしベストスリーに輝く場所になっている。



スカンセン、なんだか名前は中身がなさそうな感じですが、
実はすごいのです。
1500年代のストックホルムの街並を再現していて、
街の中にはパン屋、製本所、ガラス工場などが点在しています。
中では実際に職人が働いています。いいねえ。

a0028990_2318653.jpg社会見学好きのわたしはこれだけで大満足なのですが、
なんと動物園や水族館、展望台もあって、
とにかく盛り沢山のマルチパークなのです。
工場を一通りまわって、職人のしごとをじっと見つめ、
動物エリアに行って、鹿をじっと見つめ、
身体から離れて、そんな自分もそっと見つめ、
自分が思っている以上にわたしは暗いのでは、
とか思ったりするけど、
この鹿は上野の鹿と何語で交流するのかな、
という疑問のほうが勝つ。
そして、やっぱしリアルクマとかあんまし可愛くないな、
とかも思う。



a0028990_2333537.jpg
イベント広場では「りんごフェア」をやっていて、
シードルを飲んでみました。
白身魚の香草焼きなるものも食べてみた。
なんだか、みんな食べている人気ざかな。
バターの香り、スパイスのきいた魚、
レモンをしょうしょう、
トライしてみると、ほんとに美味しかったのです。






a0028990_23195027.jpgおいしーもんで俄然エネルギーが出たわたしは、
帰りに市立図書館に立ち寄りました。
ここも、とてもいい。
三階建てで、ぐるっと一周本棚なのです。
入った瞬間に圧倒されます。
ここが市民のための図書館なんて、
粋なお国だわ、と指をくわえる。
身近な生活環境に工夫。
そりゃスローでいい、ってなるよね。

最後は再びコペンハーゲン。
by akiha_10 | 2005-11-13 23:58 | Trunk

page s-16 パンシリーズ4 <自家製>

パンつくりセットがそろっているケミィの家にお邪魔して
一緒にパンをつくる。
ケミィの口グセは「パンは生きているのよ」。

a0028990_234232.jpg
粉などをまぜて仕込む。
生地にだんだん一体感が生まれる。
生地がみどりいのは、
今日は抹茶パンだからよ。





a0028990_23422968.jpg
丸めてベンチ。
この状態がとっても好き。
さっきまで荒れ狂っていた生地が
まんまると落ち着く。
すわりがいい。平和をもたらす。
「あーかわいいなー」
と頬杖ついてつぶやくわたしは
だいぶあやしい。


a0028990_23425325.jpg
大納言をつまみ食いしながら成型します。
大納言なくなるからやめて、と
ケミィに注意されます。ちょっとしょんぼり。
ホイロで発酵。
よくふくらむ。
「パンは生きているのよ」
そっとつぶやく。




a0028990_23432361.jpg
そして、焼きます。
焼き上がり近くになると
至福のにおいが立ちこめます!
「おお。これこれ!」と
浅草の煙を頭に集めるがごとく、
においを手でかき集めるわたしは
滑稽ですらあります。



でも好きなんだもんね。
あちぃと言いながら食べるパンはやめられません。
できたよ、抹茶大納言パン!うふふ
by akiha_10 | 2005-11-07 23:54 | Stomach

page d-23  アキのお便り 二通目

ミニアルバム○mni-busができあがりました。
○mni-busとは、「乗り合い自動車」という意味です。
乗り物好きの私としては、しっくりくるタイトルです。

日々はすでに旅だと思います。
いろんな感情や顏と乗り合わせながら、
いろんな人たちと乗り合って、
死ぬまで終着駅はありません。(死もはじまりだったりして…?)
だから、いろんな道や天候や景色に遭遇します。
それでもバスは前に進んでいます。
決して笑ってばかりじゃいられないけど、だからこそ
その時その時で個人的に感じる幸福やマニアックな笑いを大切にしながら揺られていたいよ。


いろんな人の力でできています。a0028990_22165999.jpg
チームうりゅーのメンバー全員と、
いつも笑わかせてくれる周りの人たち、
聴いてくれる人、ほんとにありがとう。

よかったらのってみ?



○mni-bus営業所:cube  試乗もどうぞ
by akiha_10 | 2005-11-01 22:19 | Daily thinking