<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

page m-3  マンスリーパンフィクション  08

遠く離れてよくわかる、ウチのにおいがした。
嗅覚から入ってくるものは、音楽よりもさらに速く、「あの頃」に戻す。

帰省の疲れを一息つかせてくれる間もなく、やっぱりはじまった。
おかんは手土産のカヌレを口に運びながら、
噛んでいるのか疑わしい速度で弾丸トークをとばす。
荷物の整理をした後、メイクを落としながら
「ほんまにぃー」とだけ、たまに返した。
子供会で一緒だったけんちゃんが、どこそこの娘さんと付き合っているだとか、
隣のよしこさんが銀行を辞めただとか、正直どーでもいいが
ここでのネットワークのスピードと正確さだけは毎回驚くばかりだ。
ゴシップ回覧板でもまわっているんじゃないか。


a0028990_11383662.jpg「あー。ちょっとさ、たばこ買ってきてもいい?」
なにかを口実に切り上げないと
このまま夜中コースに引きずり込まれる。
ジャージに着替えたノーメイクの自分をカモフラージュ
するように、気やすめの眼鏡だけかけて外に出る。
「だれにも会いませんように。」といわんばかりに、
そそくさと夜道を歩く。
夜ってこんなに暗かったっけ。

ローカルで薄暗いイメージだった馴染みの商店風のコンビニが
三年見ない間にセブンに変わっていて、複雑な気持になった。
レジで「これ2つ」とたのんだ。
マニュアルの取り引きを終えて、袋に入れてもらう。
店員がチラっとこっちを見た。



数秒の沈黙をはさみ、彼は「としぼー!?」と興奮ぎみに言った。
頭が一瞬混乱して「出会ってきた人ファイル」の中から、
おぼろげな記憶をたぐりよせようとした。
「む、む、ムーミン!?」
本名が思い出せなかったが、ムーミンと呼ばれていた人。
席がえで隣になったら、嬉しかった人の一人。
よりによってムーミン。ジャージをうらむ。
お互いが一致して懐かしさが拡がると同時に、
しょうもない見栄が膨れ上がり、できれば早く立ち去りたいと思った。
その店は深夜帯一人でまわすようで、
次の客が何人か並んだところで話は強制的に遮断された。
ほっとして、また今度ゆっくり、と未定の「今度」をさよならがわりに言った。
事実の表面を舐めるような会話もまた、マニュアルであった。
家に帰って、ムーミンが同級生のミヨと結婚していたことを言うと、
おかんは予想通りくいついて、半目になる私を無視して夜中まで喋りとおした。



滞在最終日の夜、私あてに家電が鳴った。
「おらんってゆうて」と言ったら、久しぶりにおかんは怒った。
実家モードに漬かっていると、すべての行いのめんどくさい度が上がる。
しぶしぶ電話に出ると、聞き覚えのある声がした。
「としぼー?まだおるん?実は今としぼーの家の前やねん。ミヨとアサミと隆もおんでーあそばへん?」
3日前再登録されたムーミンの声と、
妙にテンションの高い空気が聞こえた。
耳をすませば、停車したエンジンの音がかすかにしている。
ここでの人と人の距離感に戸惑う。
しかし、久しいメンバーの名前が魅力的で、重たい腰が上がった。
「いくわ…けどちょっと待って。」と言うのにかぶせて、
「おしゃれとかいらんでーはよ出てこーい」と笑いながらミヨが言った。

ありのまますぎる私で外に出た。
ドアを開けるとすでにあったまっている車内の熱気がモアっと漏れる。
「としぼーやー!」と、ここでの打解けの速さに戸惑ったが、
すぐに馴染んでしまっている自分自身に、もっと戸惑った。
わたし、こんな笑い方をしてたな。




新幹線のホームは混雑していた。
指定席でよかった。今朝まで遊びっぷりが、体にひびく。
しかし新幹線がホームを出ると、休む間もなく会社の後輩の村上からメールが入り、
やり取りしているうちに険しい顔に戻されていった。
さっきまでのことを、ホームに置き忘れてしまったかにょうに。

だから、ふいに届いたアサミからメールが際立った。
手持ち花火のハート作りに苦戦して、大笑いしている眉のない私の写真。
ギョっとした。
絶対誰にも見られたくないな、と苦笑しながら、
保存した。
a0028990_1211242.jpg
わたし、よくこんな顔してたな。
(fin)







今月のパン シェリュイ@代官山
by akiha_10 | 2005-08-27 12:13 | monthly

page f-4 「銀河ヒッチハイクガイド」

機内映画リストを見ていると、どうもそそられるタイトルがあった。
いつもの、しょうもないものを見つけてしまう嗅覚が発揮される。
「銀河ヒッチハイクガイド」。
壮大なようで、こじんまりしてるタイトル。
銀河をヒッチハイクしちゃうんだよ??B級の匂いがぷんぷんするな。
「アビエーター」とか「ミリオンダラー」をスルーして
なにかにとりつかれたように「銀河ヒッチハイクガイド」チャンネルへ指がいそぐ。

B級を貫徹するとZ級になり得ることを知っている。
これがZなのかいなかは、人それぞれの判断だけどね。
わたし、すき。
これ、だいぶマニアックだけど日本上陸するの?なんて思っていたら、びっくり。
上陸どころか、ちゃんと上映するんだってよ。単館ではなく。
ぜひとも、六本木ヴァ−ジンシネマの壮大な音環境で鑑賞したいところ。

ただ、一緒に観にいく人とか状況を選びましょう。
火薬ド−ン!車ペチャッ!変な怪物ガオー、とかを好むひと、
手ごたえのある感動を映画に期待するひと、とは行かないこと。
初デートではやめましょう。
「スターウォーズ」「宇宙戦争」ときて、「銀河ヒッチハイクガイド」
とくくって、SF三部作だという前二作にとってはかなり迷惑な話もあって、
その図々しさが、個人的な自信のほどをうかがわせる。

さんざんB級イメージばっかり強調しているけど、
人それぞれに、掴み取るメッセージ(?)が散らばっていると思うのね。
超高性能がゆえに世界一憂鬱なロボットとか、せつないよね。
なにか得ようとするなら、デタラメの裏を、こっちが探しにいかなきゃよ。
なんにも残らないか、かすり笑いで楽しめるか、なんかこびりつくか、どれかです。

自己責任で、興味のある人はどうぞ。
原作の小説買っちゃおかな。九月がたのしみ!

film 「銀河ヒッチハイクガイド」
by akiha_10 | 2005-08-22 18:07 | film

page a-9  マークにあそびを!

パブリックな標識や看板に遊び心が加われば、街はもっと楽しくなると思う。
たとえば非常口。
走っている人の後に横棒をたくさんひいて、よりダッシュ感をだすとか。
ホール全体、ぐるっと一周非常口を点灯させるなら、
是非追いかけっこの図にしてほしい。みんな後を気にして走っているの。
さて誰が先頭でしょう。
信号の「止まれ」の人が手を組んで、「まだかよ」という雰囲気の図とかもありね。
「工事中」の人がシャベルを置いて、さぼってるとかもありね。
ないか。

本来、役割的に緊急、注意、抑制など、威厳あるべきもののはずなのに、
マークや絵で表現すると総じてまぬけな気がして、どうも気になる。
そして、それらに、とてもひかれてゆく私…。
だから、異国に行って、まぬけ看板を見つけると、やった!と思う。
よく観察していると種類も豊富だし、まぬけ度の高いものにバッタリ巡りあえる。

ちょっとこれ見てよ。a0028990_18482589.jpg
道ばたで見つけたスクールバス。
この学生さん二人、なんかヨレヨレしてない?
ハンドバックを持って通学?
用心させたいらしいが、
このマークじゃ、なめられますぜ。
もっとシャッキっとしてほしいよね。




a0028990_18493985.jpg続きまして、
ドーバー海峡を渡るユーロスターの車内にて。
事故った時は窓を割って逃げてね、のお手本。
窓をダイナミックに割ったわりに、
この人、窓から出る姿がへっぴり腰で情けない。
やっぱしヨレヨレしているし、
靴とパンツがつながってるのも気になる。
まさかタイツ?
威厳なし。
お手本なのだから、もっと軽やかな脱出が見たい。



a0028990_18503320.jpg確信犯のヴァージン航空の「安全のしおり」と
非常時VTRはとってもポイントが高い。
緊張感なし。
でも、アニメーションに出てくる無表情な人たちが、
冷静かつすばやい身のこなしのお手本を
余裕しゃくしゃくで披露するので、逆に説得力がある。
わざわざ見たいもんね。
このセンスだけで、ヴァージン航空にひかれる私。




安全VTRとしおりで予習をした後、
映画「the hitchhiker's guide to the garaxy」を鑑賞すれば
快適な空の旅が約束される。
次回のfilmで御紹介。
by akiha_10 | 2005-08-19 19:30 | Art

page t-16  「アール ド ヴィーブル」

すこし長めの旅に行っていました。
パリの空気はすでに秋の気配。

パリ…a0028990_23594659.jpg
ああ。もう、どうして、こんなにひかれるのだろうと、
テラスに座ってゆっくり考えてみました。
パリはゆっくりが似合う。
美術館のような街並と、そこを颯爽と歩く人々の雰囲気や、
街角にちらばった芸術…とか歴史?色?いろいろ?

目に見える「好き」を挙げたらキリがないね。
だけど、多分一番大きな魅力は価値観だと思います。
もしかしたら、フランスに流れる価値観が自分に合っているか、
またはそうありたいと思っているのか、そんな感じではないかしら。
なんせ前世は思い込みミシェルやからね。



着るものを工夫したり、食を楽しんだり、居心地のよいものに囲まれる。
たしかにね、衣食住の量的な充実ぶりなら、日本は負けない。
けど、なんか違うのね。
日本は、生活を豊かにするための衣食住が、
手段を越えて、本来の目的をのみこんでしまいがち。
とにかく短気で、求めてもないのに、いつもお腹いっぱいなの。
こっちは、自分の(じぶん、というとこが鍵。)生活を豊かに楽しくするための
手段として、求めてはじめて用意されるかんじ。
だから自分の好きな物も事も、自然に見えてくるし、
それに対して周りもほっといてくれる。
いっぱいあるのは選択の練習をさせてくれる環境と、考えるための充分な時間。
だからさ、街全体が自由で気ままで、無理がないんだよね。

フランスには「アール ド ヴィーブル」という言葉があるんだって。
日常生活を芸術として楽しむっていう意味らしい。
隣でワインを飲みながら誰かを待っているマダムとか、
お客とずっと話して鼻歌まじりに笑うギャルソンとか、
メニューを「マドモアゼル」と言ってさらりと置いちゃうウェイターとか、
あー、この言葉が根底に流れているのね、と思う。

フランス人は働かないとかいい加減とか言われるだけに、
なるほど、さっきお会計を頼んで、全然来る気配なし、
いやいや街行く人が絵画になるなら、それを楽しまなきゃ。a0028990_0134514.jpg
すべてのことは必ずプラスとマイナスを持っているからさ。
ビジターだけに、きっと見えてない部分もあるんだろうけど。
あらためて、豊かさってなんだろね。

こんな具合に、さんざんまどろんでも伝票が来なくって、
ウェイターを呼んじゃうあたりが、まだまだ私、短気なビジター。


旅の写真は残暑のギャラリーにて。



by akiha_10 | 2005-08-16 00:36 | Trunk

page d-21 カミナリ、とどろく

カミナリこわいよー。a0028990_22581118.jpg
ビビリやなので、
あの何か壊すみたいな巨大な音がだいぶこわい。
「うわ、光りやがった!」と思ってから、
くるぞくるぞと音を待つ数秒の居心地の悪さ。
緊張しいているのに、
感覚がふわふわ宙に浮いている感じよ。
これ、なんかに似てると思ったら
目をつぶって注射の針を待つ時とそっくり。
(とにかく注射はイヤ!)



さっき、カミナリを合図に、いっきに降りだしたんです。
容赦なく、たたきつけるように。
あとちょっとなのに!横断歩道を渡ったらもう着くのに!
自転車で帰っていた傘なしの私は、やむをえず自主的に足留め。
惜しい。あそこに寄り道しなければ、ギリで帰れたんだけどな…などと考えながら。
近くのマンションのエントランスに避難して、空と、とおりを眺めていました。

空を仕切る奴が「そらいけ〜!」とカミナリの合図を下すと、
「まってましたぁ!」と雲たちがドドーっと雨を落とす。
時おり、開きなおった勇敢な人間が、傘を持たずにチャリで横切る。
それを車から悠々と眺める人間は、その勇気をたたえるが、同情と優越の顔。
待っても待っても、これでもかこれでもか、という具合に合図の間隔は縮まるばかり
音も雨も出したい放題。
マンションの狭いホールで何周ぐるぐるまわっただろうか。

なんだか、空が憂さ晴らししているかのように思えてきた。
時に、大声を出したり、大笑いをしたり、大泣きをするのはいいことだ。
無意識に溜めているかもしれないなんかが、分解されて飛んでゆく。
空の気持に共感した。
そりゃ空もストレス溜まるよね。
日頃から灰色をぬられてるし、雨が続けば嫌われ、晴れが続けば心配されてさ。
そこらへんの微調節とか、多分気をつかいまくって、めんどいわけよ。
東京のカミナリが異常にすごいのも、
東京を覆う空が、きっとストレス多き現代空だからよ!
そーかー。人間中心で考えていた私の傲慢さ…
空よ、おおおいに叫ぶがよい、泣けばよい!

と、おおらかな気持になっていたら、ほんのすこし雨は弱まった。
それでも、かなり濡れてしまうことは覚悟であるが、このチャンスを生かそうと思った。
今しかないかも…
「瓜生選手(なぜか選手)、いきます!!」と気合いをいれて、
信号の「青」に合わせてペダルをおしこみ、ビューンと走る。
映画のように、雨に打たれた。
わずかな距離なのにびしょびしょのスカートが足にまとわりついた。
左折する車の中の人が、やっぱり同情の顔をしてた。

靴をじゃぶじゃぶ鳴らして、エレベーターホールに自転車をおして入る。
この感じ、懐かしいなーと思っていると。
あれれ。雨の音フェイドアウトしてんじゃんね、空も落ち着いたよう。

なんだよ、惜しい。もうちょっと待てばよかった…。
しわしわになったバッグの中の本を見て、チッと思う私は、
ちっとも改心せずに、また空にストレスを与え続ける。
わるいね。
by akiha_10 | 2005-08-13 20:31 | Daily thinking