<   2004年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

page s-8 シメのメシ

a0028990_234645.jpg
おお、雪が降っとるよ!
朝、窓を開けてびっくりした。
息が白くなる寒さがやってこないので、
こんな調子じゃ、全然年末っぽくないな、と思っていたが。
年末年始に向けて、ぎりぎり冬の演出も間に合ったね。



a0028990_2105433.jpg
久しぶりの雪なので、車の上に積もった雪に触れてみる。冷てっ。
積もった雪が、陽射しに反射して、空気がピカピカになる感じ、
いいよね。

今年も速かった。
いろんな人に出逢って、いろんな時間を過ごして、
胸がいっぱいになれた瞬間に感謝です。
来年も、日々を大切にしようと思います。




そして、シメはやはり、お蕎麦なのだ◎
よいお年をお過ごしください。
by akiha_10 | 2004-12-31 00:36 | Stomach

page i-6  「いいもの」の存在

a0028990_0333432.jpg
引っ越しした時に愕然としました。
忙しかった一週間を、段ボール3つくらい開けただけで、
あまり不自由なく乗り越えられたのです。
パックされたままの、残り10以上の段ボールは、
すこーしずつ開けられていいきました。
つまりは、生活のメインアイテムなんてほんの僅かで、
ほとんどが、サブアイテムかゴミ予備軍だったということです。

「本当に要るものだけを買おう」と思いました。
でも、好きなものに囲まれる事、気分を変える服やバッグを持つ事、
癒される絵や本、大事な紙切れをたまに眺める事、
とっておきの食器を使う事、
そういった事が生活の小さな幸せを運んだりするものです。
突きつめて、無駄を全部省いてしまえば、
映画「キャストアウェイ」になってしまします。

昔、姉と「いいもの」を競って集めていました。
学習机の一番下の、収納力のある深い引き出しが「いいもの」の貯蔵庫です。
たまに「そっちの「いいもの」最近どうよ」と見せあいっこをします。
「いいもの」という言葉は、二人のなかでは何か特別な共通する意味も含んだ、固有名詞のようでした。
「宝物」に近いけど、ちょっと違うんだな。
少し大人になってそのネーミングが、「良い物」からきていることに気付き、
その単純さに笑ってしまいました。
それほど、「いいもの」はワクワクする特別な言葉だったから。

さて、「いいもの」とは。
かわいいノートやシール、膨大な量の鉛筆、消しゴム、筆箱、メモ帳など。
主に、お小遣いで少しずつ集めたものと、誕生日という大ボーナスでためたものです。
そのほとんどが驚くほど実用品ですが、それらが使われることはあまりないのです。
あくまでも、鑑賞して、幸せになるものが「いいもの」なのです。
大事なものほど、綺麗にとっておきたい。そうか、コレクションということか。

しかし。サンタの不在を知る年頃になると、昔の「いいもの」は輝きを失います。
ケロッピの筆箱も、キティの財布も、キキララシールも、あの時使っておけば良かった!!と。
宝の持腐れに終わることもしばしば。
「また食器買ったの!?」
と仲良しケミィに言いながら、この食器を次に見るのは何年後だろうと思います。
時間は速いよ、とっておきの日は「今日」なのだ。
なるべく、使おう…、使おう…。

すばらしき無駄な「いいもの」集めは、やめられない。
しっかしカワイイな、北欧雑貨。これは使わないで、飾っておくんだ。
あ。
by akiha_10 | 2004-12-27 00:57 | item

page t-9   熱海にて甘味

a0028990_3542316.jpg
なんだか知らないけど、忙しい、という時がある。
「何してるの」と言われてもすぐに答えられない、あの感じ。
「バタバタしてて」という言葉は非常に便利だ。
師走とはよく言ったもので、気付けば年末、走りすぎる日々。

そんな中、ちょっとゆっくりしようか、
ということで熱海まで足をのばす。
温泉で血行を良くした後は、お腹も減るし!と
甘味屋をチェックしていたのは、同行者の一人、ルカティ。
蛍光ペンで線を引いてまで予習をしている彼女は、やはり私の仲間だ。
茅葺き屋根の甘味屋は、旅人の立ち寄り処、といった雰囲気。
学校の保健室を思い出させる、囲いのある、昔ストーブ。
天然素材を使用しているという、白玉汁粉と白玉ぜんざい。
白玉の数を気にしながら(みどりいのも(抹茶味)残しといてね、と。)
みんなで半分ずつしました。

翌日。
ルカティのチェックしていた「地元で大人気の蒸しパン屋」の情報を聞き、
車内の女三人は、行こう行こう!と盛り上がる。
しかし、唯一冷静な男性おケイさんの「今日休みって書いてある」という言葉に
いっきにテンションが下がる。
すっかりドライバー担当になっているおケイさんは、
蒸しパン屋プランがなくなった事で、分かりにくそうな道の運転をしなくてよくなった。
「残念!」と言いつつ、やつはほくそ笑んでいた。
全然残念がってない。

なんか、くやしい。
ルカティと私はガイド本をめくり、蒸しパンに代わるものを探して、
結局伊豆の甘味屋(また!)まで足を運ぶこととなった。
蒸しパンの恨みはすごいのだ。

旅人達で賑わう、伊豆の山頂の甘味茶屋では甘酒と焼き餅を味わう。
女三人は、あべかわ餅と、黒ごまきなこ餅を注文し、おケイさんは磯辺焼きを注文。
女三人が「これはまた別腹よね。」と食べっぷりがいいので、
おケイさんは「さっき朝御飯食べたのに、よく入るね。せいぜい磯辺焼き少しで充分」と呆れて言う。
おケイさん的には磯辺焼きは他の甘い餅に比べて、さっぱりしているということでチョイスしたのだろうが、
女三人の感覚は一致しており、「そっちのが同じ腹だから入らないよ!」と口をそろえてダメ出しする。
梅干しと白御飯を食べた後に、醤油味に海苔を巻いた餅を食べるなんて、
ピザの食後にツナクレープを食べるようなものだ。
味見だにされない、減り具合の悪い磯辺焼き。お煎餅感覚で頼んだのかしら。
同じお菓子でも、いわゆる別腹は、主に「甘いもの」に反応してできるらしい。
と、ここまで連れてきてくれたのに、さんざんおケイさん。
さらに甘酒を女三人で飲み干し(みんな、はなから運転放棄)、
結局都内まで静まりかえった車を走らせたのは、おケイさんでした。
女が揃うと強いのだ。

a0028990_355986.jpg

でもありがとう、おケイさん。どうか、懲りずにまた連れて行ってね。
by akiha_10 | 2004-12-21 00:30 | Trunk

page d-9 痛いの飛んでけ

好き、いろいろ。a0028990_221185.jpg
よく晴れた日の朝、フルーツの香りをあしらった化粧水、
バランスのよいもの、
お酒の後の甘いもの、ちょっとずついろいろ食べること。

嫌、いろいろ。
エレベーター内の沈黙、どしゃぶりの日の駅、
メイクをしたままつい寝た朝、
注射。歯医者。だいたい痛いの全般。

今日、親不知を抜いた。
歯医者に予約を入れてからというもの、この日が来るのを恐れていた。
注射とか血とか、とっても苦手なんです。
集団予防接種のとき、園の外まで脱走していた幼稚園時代、
接種直前に熱が出たりして、身体が拒否していた小学校時代、
物心ついて初の採血で倒れてしまった2年前。
そんなにゆうほど、痛くないことは分かっているけど。
それ以前の問題で、トラウマから来る恐怖感で苦手意識が刷り込まれている。

「痛いの苦手なんですよ〜、こわいなあ、痛くないですか?どれくらいです?」
いつもより饒舌に、言っても仕様がないことをぶつぶつ言っていた私。
呆れ笑いの歯医者さんは容赦なく抜きました。
確かに、今の麻酔は優秀だし、痛いとかではなかったけど。
とにかく想像が先行しているので恐いし、「抜かれている」感が気持悪くて、もう嫌です。
でも、しっかりレントゲンには残り三箇所の親不知も映っていました。ニョッキリ。
うまいこと生えて、邪魔になりませんように…。ほんまに、たのみますよ。

そして、麻酔が切れた痛みもなかなかです。
少し食欲がない夜、久し振り。

私の一部が欠けたので、何かが埋め合わせにやってくるかもよ。
ひとつ失えば、ひとつ得るのよ。
by akiha_10 | 2004-12-13 22:07 | Daily thinking

page i-5 何を飲みましょう

a0028990_16354172.jpg

あまり体にはよくないと分かっているけど。
一日一回は必ずカフェインを摂取しているような。

コーヒー好き。
エスプレッソベースはもっと好き。
エスプレッソのみでも、お砂糖を小さじ一杯入れて、
くいっと飲むとおいしいのよね。
よし、いくぞ。って感じに。

母親がやっぱりコーヒー好き。
お留守番ができなかった幼少のころ、よく母親のショッピングに連いて行った。
すると必ずコーヒータイムがある。
入った喫茶店にジュースがないと機嫌が悪くなっていた私。
母親が好む「ちゃんとしたコーヒー屋」になればなるほど子どものウケは悪い。
コーヒーのどこが美味しいか分からなかったのに…。
あの奥深い苦味がクセになった私はもう大人。
母親に似るのね。

頂いたTAITUのカップ。ラテボールのようにたっぷり入る。
とてもかわいいので、しばらく飾っておこうかな。
by akiha_10 | 2004-12-06 16:48 | item

page d-8 アキのお便り 結び 

アルバム「キャメレオン」ができたよ。
a0028990_382559.jpg


キャメレオン制作スタッフ全員と、これから聴いてくださる皆様、
今まで出逢ってきた方々と、側にいる人々、
あとキャメレオン、ありがとうございます。


無事、旅立ち準備完了。
興味がある方は、キャメレオン待機所をのぞいてみて。

おめでとう、キャメレオン
いってらっしゃ〜い
by akiha_10 | 2004-12-02 12:02 | Daily thinking