<   2004年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

page a-6 エッグパイとLIT  後編

a0028990_1551327.jpg
さて、映画「ロスト イン トランスレーション(みじかくLIT)」の
舞台は、まさにこの見上げるホテル、
パークハイアット東京なのである。

二人の外国人男女が、訪れた東京の雑踏の中を過ごす。
馴染まぬ土地で、浮彫となった人間の空虚感や孤独感が
淡々と描かれます。
そんな二人が出逢い、共感し合い、通じ合う場所が、このハイアット。
ちなみにこの作品、私は偶然にも「ロンドン一人ふらり旅」の帰路の
機内で観たのです。
解放感と興奮に包まれながらも、慣れない土地で、
ぬぐいきれない孤独と共に過ごした数日。
あまりにもタイミングとシチュエーションがぴったりなので、
「そうだよね、そうだよね」と深い感動に浸ったことを覚えています。


監督のソフィアコッポラは、名監督フランシス・フォード・コッポラの娘。
女優、フォトグラファー、デザイナーなど、多岐にわたる活躍ぶりはめざましい。
ただ、いわゆる七光的な環境もあってか、その姿勢には賛否両論、厳しい目もあるよう。
私は、チャレンジャーソフィア、好きです。なにより本人が楽しそうだもの。
LITの、二人がタクシーから眺めた雑然とした渋谷や、ホテルの上階の客室から見下ろす都会の新宿は、
セリフの少ない二人の心理描写のよう。
ちりばめられた絵的なカット、
ここはやはり、フォトグラファーでもあるソフィアならではのセンスではないかな。

印象的なのは、さぞかし素敵なお部屋に連泊しているだろう、ヒロイン、スカーレット・ヨハンソンの切ない表情。空がひろがる大きな窓も、心地よいリネンのシーツや一流のサービス、東京を一望できる空間も、
彼女の心の穴を埋めることはできない。
場所や物それ自体には、ほんとは何もなくって、それを感じる心が全てよ、と教えてくれる。


そんな高層ピルを見上げながらエッグパイを楽しむ私は、(軽く憧れは抱きつつも)
単純なことに、結構幸せなのです。
by akiha_10 | 2004-11-30 20:32 | Art

page a-5 エッグパイとLIT 前編

a0028990_17563376.jpg
はあ、きれい…。
美しさのあまり、ため息が出るとはこういうことか。

エントランスに入ったら、まず左側の光が視界に入る。
宝石のように並んだ甘いスイーツの数々。
どうしてこんなにも、綺麗に見えるのだろうか。
醸し出す雰囲気が、コンセプトに沿った細部の演出によって統一されているのね。照明、インテリア、ホール独特の食器が重なって響く音、
おもてなしスタッフの仕草に至るまで。

ここは、とあるデリカッセン。
奥の階段を降りると、まん中のレジスターを囲んだスクエアの冷蔵ケースがある。
サラダやテリーヌ、お魚からお肉、色鮮やかなお惣菜が並ぶ。
オリーブ、パテ、パンとチーズ。

確かに、少し「ご褒美」の値段ではある。確かに、入るときは多少気取らないといけない。
でも、ずっと居ても飽きないのは、単に食べ物に興味があるから、という理由だけではない気がする。
食材を素材とした、アート空間みたい。

周囲の壁の棚には、これまた興味深い品々がぴしっと並んでいる。
蜂蜜だけでも何十種類とあって、気になるものばかり。
同じように、オリーブオイルやジャム、お茶、ソースの類も豊富。
スパイス系もね。世界の塩大集合!
「お料理は、スパイスのいいものを使わないとね。」が口癖のお料理好きのケミィが泣いて喜ぶ品揃えだ。


ミニトマトが大好きな私は、小学生の頃、年に一度の誕生日プレセントのリクエストに
「あっまいミニトマトを腹いっぱい」という希望を結構本気で候補にいれていた。
可愛いいんだか、可愛くないんだか。
白玉が大好きな私は中学生の頃「白玉に埋もれて、口を空けて泳いだら…」と少し願った。
窒息するよ。
現在、「ここで好きなだけ、お買い物をしよう」というのが目標のひとつになった。
言葉の意味通り、まさに食べ物に対するハングリー精神は生涯貫かれることでしょう。
でも、目標は、成長してほんとよかったよ。

ウロウロすること数分、本日はエッグパイを買うことにした。
目移りして、だいぶ私を悩ませた。
が、まんまるい卵の黄色が、色とりどりのケースの中で、一際アピールしていた。

わくわくしながら、食べてみる。
お。キッシュのようで、キッシュでない。スパニッシュオムレツのほうが近い。
思ったより、全体的に歯ごたえがあって、卵を充分に味わう。
味は優しくて、ほのかにチーズの味がする。
パイなのに、さっぱりしていて、飽きない味なのです。

ここは新宿なのに、静寂をたもったホテル、パークハイアットの、一階にあるデリカッセン。
世界のビジネスマンが、そのクオリティの高さに、たいそう支持するホテルらしい。
そんな高層ビルを見上げながらエッグパイを楽しむ私は
ふと映画「ロスト イン トランスレーション」を思い出す。
by akiha_10 | 2004-11-26 18:26 | Art

page t-8  京へ参りたい

a0028990_195386.jpg
今、紅葉が最高に綺麗らしい。
何度か巡った京都は、行く度に必ずや心と胃を潤してくれる。言葉で言い尽くせない、奥底から心が笑う感覚を味わう。「ほんまにええわぁ。」と。
四季折々の自然と、伝統的な建物があふれているからであろうか、遥か昔から続いてる「永遠」という線の一瞬に立っている感動を、じわりと噛み締めることができる。

そこは、大人が似合う。
きっといい感じに年を重ねれば、
それだけ趣き深く愉しめるところ。
猛スピードで流れる時間を生きてる大人が、
今までを振り返り、これからのパワーを溜める。
そしてなにより「今」に感動する。
自分自身の、ラディカルな存在を再確認するところかもしれない。

わたし、どんなふうに、年を重ねるのかな。
京都は、大人になる楽しみを与えてくれる。




§ウリュウ厳選夢の京都コース§
天気にも恵まれ、朝一の富士山を鑑賞しながら京都へ→茶洛のわらび餅で腹ごしらえ→紅葉鑑賞(当意即妙にお歌のやりとり)→お豆腐懐石ランチに舌鼓→寺を巡る(おみくじは小吉くらいがちょうどいい)→錦市場で生麩やお漬物を大人買い→お着物に着替えて京懐石(すこし苦しくなる)→もう一杯いきますかと、先斗町に繰り出す(だいぶ苦しくなる)→畳の香りが立ち篭める宿で、着物から解放→いいお湯→今日を振り返って床に就く。


たのしみ。
by akiha_10 | 2004-11-20 19:45 | Trunk

page a-4   立ち寄り処

玄関のドアを開けた。
ふぅっと風が舞い込む。
お。冬の匂いがする。
冬用ケースからマフラーを引っ張り出す。くるり。
若干スースーしていた首らへんは、これでもう大丈夫。
a0028990_17275797.jpg
手荒れの季節がくるね…冬のことを思い出していた。
目的地まで行くにはまだ時間があるので、あそこに寄って行こう。
そこはマンションの一室。
流れる空気が大好きな小さな本屋さん。
古本も新刊もあって、独自の視点でセレクトしてあるのだけど、
そのセンスが、いい。日本から世界まで、昔から今まで。
その本に共通している「なにか」の条件があれば、そこに並ぶみたい。
絵本や写真集が多い。「読む」本より「感じる」本が多い。
雑貨も置いてある。
その空間そのものが、本の中にあるみたい。小さな旅に出かけたみたい。



気になる本

・「続チーズ散歩」…チーズ!「続」ということは、一巻があったのね?チーズをテーマに、こんな小さな字でこんな分厚い本!おお、著者は明治生まれではないか。生涯チーズを追求して、世界を巡り、その熱き思いを孫世代の私がながめています。なんてハイカラな人生。

・「銀座百点」…昭和30年ころの雑誌。細長い形と、毎月共通して綺麗な表紙が目にとまる。
内容はファッション、カルチャー、情報。当時のモガが大活躍。

・「ゴリラの季節」…春→夏→秋→冬→ゴリラ→春→夏→秋→冬→ゴリラ→(くりかえし)
         使い方「もうすっかりゴリラの季節ですねぇ」
         ほんとの中身は、ゴリラと過ごす600日観察記みたいなの。
         ネーミング賞!

・「牛乳キャップの本」…関東の小学校の時は、給食牛乳は瓶でした。ちょっと親指の爪が伸びてないと、
キャップはあけにくい。イラストの上の紙だけ剥がれたりして「チェッ」って思う。
「女の子」になってゆくと、飲んだ後に口まわりが白くなるのもちょっと気にしながら飲むのです。
転校して、ストローで飲めるパック牛乳を見た時は、「いいぞ九州!」と思いました。
でも美味しさを追求したら、やはり瓶なのかしら?今の給食牛乳事情はどうなのかな。
いろんことを思い出させてくれる、古今東西、牛乳キャップ写真満載の一冊。         

・「婦人画報」230円!
・「平凡パンチ」50円!
昭和30年代。当時のトレンドセッター達が大活躍。つっこみどころは満載だけど…
今を創っている私達も、宇宙服が大流行するころには、笑える題材になるんだろうなぁ。a0028990_2112418.jpg
こうやって、繰り返していく。




@本の中にある本屋さん 「ユトレヒト」 
by akiha_10 | 2004-11-14 17:50 | Art

page a-3 クラシカル

あらゆるものが、新しいものに、目まぐるしく変化するこの時代。
今、変わらない方が難しいのかも。
「変化」も素敵だけど、
「善いもの、美しいもの」はいつまで経っても変わらないのだと思う。
普遍の美を感じるセンサーは、多かれ少なかれ、生まれた時に内臓されているのかな。
きっと、教えられなくても満点の星空は子どもの目を輝かす。

何故か昔から「古いもの」に心動かされる私。
「好きなもの」って、何に影響されて決定付けられているか、ふしぎ。

食器はちょっとアンティークっぽいのが好き。
コレクションをするまでには至らないが、コレクターの気持はとてもよく分かる。
洋服も、実際着るかどうかは別としても、形や柄はレトロクラシックなものに魅せられる。
ツィギーやアンナカリーナの世界。
その流れでいくと、当然オードリーも大好き。ほら、わかりやすいでしょ。
ついつい西洋に飛んでしまったが、着物柄や染め物、日本的なものもいいね。
日本独自の美意識は、世界に誇れるもんね。
フランス帰りの友達に聞いた話によると、あちらのタトゥー彫物師にとって
日本の入れ墨は最高の芸術作品で、修業に来日したい人も多いそうな。
確かに、桜吹雪きとか竜とかって、とても繊細でいてかつダイナミックで、アートだね。
インテリア。一人暮らしを始めた当初は、イメージの部屋の実現のため、まずは理想の照明を探した。
やたらはりきる時期ってあるのよね。
70年代の形と説明された、とてもかわいらしいものに出会えたが、今は物置きに眠っている…。
デザイン性と実用性って、なかなか兼ね備えないもの。
オレンジのシェードは、その下で作業をする私の目をひどく疲れさせる…。
用途別にお部屋を持てたら、きっと活躍してくれるはず。

まあ、イメージしている部屋はあるとはいえ、機能性や心地良さにはかなわず…。
ちょっと早めの、コタツなんか出してみて…。
またカメになる時期がやってくるね。


イギリスに居た、60年代のミッキーミニー。
あまりに愛くるしいマヌケな顔に、かなり気持は揺らいだが
「一体どこに置くんだ」と言い聞かせ購入せず。
a0028990_051464.jpg

by akiha_10 | 2004-11-10 01:07 | Art

page i-4 何を読みましょう?

私の好きな秋空が、今年はあまり見られない。
空は泣いてばっかだし。
今年は、ちょっと意地悪ねえ。

晴耕雨読。
ここでかっこよくマイフェイバリットブックを挙げたいところだけど…
本を開くと、もわーっと眠くなるのよね。昔から。
特に字が小さいのとか、漢字が多いと、ネムホルモンが大量に分泌されて、いつの間にかコクリ。絵もないし。
そうそう、Z会は全く続かなかったけど、カニ丸のおかげで「チャレンジ」はちょっとがんばれた子でしたよ。

しかし、最近になって、以前よりは本を手に取るようになった。
とゆうか、読書の苦手意識をなくすために、10ページくらい読んでペースが上がらないものは
無理には読まないことにしている。
本屋は好き。旅行コーナーと、写真コーナーと、おいしいコーナーをまわって終わってしまうのだけど。あはは。

読書強化につながるかしらと、思い立ってブックカバーも作ってみる。
吉祥寺の裁縫グッズ専門店、コットンフィールドで素材を購入。
「これはこうで、こんなかんじよ」と
デザインとサイズを描いて、言いたい放題言って、優秀な縫い子、ケミィにお願いする。
a0028990_174349.jpg
出来上がったものに、本を挟んで、バックに入れる。
移動時間など、嬉しくて初めのうちは、これ見よがしに出したくなるから
確かに開く回数は多くなる。
しかし。中の本がなかなか変わらないのは気のせいだろうか。
うむ。

でも、本は知識や情報、生き方ヒントの宝庫だということも知っている。
私の周りで、本をたくさん読んでいる人には賢人が多い。
いつかは、私のくだらない夢画像より夢中になれる「私の一冊」を見つけよう。

早いもので、もう霜月の夜。
by akiha_10 | 2004-11-01 01:29 | item