カテゴリ:Daily thinking( 280 )

page d-239             ハウイズハマム?

a0028990_2350860.jpg








近頃は夕方に涼しさの片鱗を感じますね。
久々に近場の温泉に行って思い出しました。
モロッコでのハマム体験。




ハマムとはイスラム諸国における銭湯のような位置づけで、
スークの中にももちろん、街中に点在しています。
銭湯といってもバスタブがあるのではなく、
スチームサウナといったところです。
男女が交互に入るので、ミントティーを飲みながら女子待機。
雰囲気もわくわくエキゾチック。


ただハマムに入って汗をかくだけ、というサウナ的利用もできるし、
マッサージがついたり、ゴマージュがついたり、とオプションやコースも色々。
雰囲気も庶民的なところからホテルに併設されているスパ的なところまでさまざまです。
わたしはツーリストの定番、とお勧めされたミントエキスで発汗させた後
クレイ(泥)パックで仕上げるハマムコースに、
アルガンオイルマッサージをつけて挑戦!



わたしの他に3人の女性と1グループになってスタート。
恥じらいご無用!はい、つぎっ!と言わんばかりの迫力のあるおばちゃんから、
オートマティックにミントエキスをベタベタと全身にぬられて
洞窟のようなハマムに閉じ込められます。
乱雑といってもいいほどに勢いあるモロッコおばちゃんのさばき方に、
各々そそくさとハマムに逃げこむように入っていきます。
おそらく四名皆ツーリストであろう我々はハマム内石段に座って一息、
互いに目を合わせてにやりと苦笑。
「ほほう、これが、はまむですか…」
その時我々は国境なき意思を通わせている、という確かな手応えがあった。
自分が番号、もしくは匿名になって、まな板の鯉にされるこの感じって…、
韓国の汗蒸幕垢擦り体験とも似ている!流れるままに、されるがままに。
程よくじわっと発汗した頃ミントを流すため、再びおばちゃん隊長から、流し場集合!のお呼びがかかる。
桶に張ったぬるま湯を、順番にばっちゃーん、ばっちゃーんと勢いよく頭からかけられ、
さわやかなミント香に包まれながら家なき子の主題歌が脳裏で流れる。
ステップ2は、顔もふくめ全身に真っ黒なクレイ(泥)を雑にぬられて、再びハマム仲間と洞窟へ。
泥まみれの女性が四名、洞窟に佇む。
その異様さといったら…。
言葉はなくとも、わかるよ。ええ、ええ、どう考えてもおもしろいよ。
というか、ちょっと恐いね。でも一番恐いのはあのおばちゃんやろ。
と皆で目配せして、二度目のニヤリ。
その時我々はすっかり国境を越え一丸となった、という確かな手応えがあった。
ハマム仲間結成の瞬間だった。



その後のアルガンオイルマッサージは、さすがにオールハンドで施術してもらえたので、
最後にやっと束の間のリラックス。
アルガンオイルはモロッコ南西部の砂漠地帯にしか生育しない
アルガンツリーから採れたオイルで、アルガンツリーは七年雨が降らなくても枯れない生命力があるらしい。
コースが終わった頃にはお肌トゥルトゥルだったので結果オーライだけど、だいぶ面白い体験!
ぜひともお上品ハマムより、激しめのハマムをレコメンド。
by akiha_10 | 2010-08-12 00:24 | Daily thinking

page d-238              バースデイ!

編集長の誕生日が近いので、
おなじみ、チームうりゅうトライアングル(マネージャ、編集長、わたし)
でお祝い会をしました。

一応わずかばかりのサプライズ感を持たせるため
誕生日会とは言わず、「ふたりで女子会ね」と言っておきました。

わたしは「女子会」という今っぽい響きを、
多少粧して…、といったような雰囲気に捉えていたのですが、
編集長は「えーそうなの??女子会=なにも気にせずざっくばらんに生ジョッキでしょ?」
と認識のズレがあったようで、
待ち合わせの恵比寿でえらくカジュアルな編集長と、
間違ってがんばっちゃたヒール10cmの不自然歩行の瓜生がご対面です。
お互い、「えー!なにそれー?」と互いを指差しひとしきりホームで肩を震わせました。

途中でブーケを持って予定外のマネージャー登場!!の計画も
買おうと思ったころには花屋閉店のためそうはいかず、
ゆるっとふつーに登場して、なんだか結局は我々らしい会になりました。
お誕生日おめでとう!これからもよろしく!


a0028990_11591135.jpg






あまいのでもくうか。
by akiha_10 | 2010-08-07 12:03 | Daily thinking

page d-237            ゴッホの遺言

a0028990_211287.jpg


旅発ちの日にタッチの差で届かず
旅に持参できなかった「ゴッホの遺言」をただ今追って読書中。
とても興味深い。




「ここの太陽はやはり大したものだ。あまりにすごいから、
ぼくは消耗して元気をなくしている」
ゴッホはアルルの太陽について、こう書き残している。
まさにアルル、わたしはたった半日居ただけで、
その強烈さに負けて、スーパーマーケットのキャッシャー付近で
一反木綿のごとくフラリと倒れたことを思い出す。






ゴッホの画家としての生活地であった、パリ、オランダ、アルルとサンレミ、
まだ微熱を残している思い出、アトリエの跡に重ねて大事に読み進めていきたい。


そういえば、この頃の話は数年前に観劇した三谷幸喜氏の舞台『コンフィダント・絆』ともクロスする。
ゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シュフネッケルの四人の芸術家のおはなし。
印象的なお芝居で、自分は誰の気質か、という話で盛り上がったものだ。
大好きな女優さん、堀内敬子さんも素敵だった。
そういえば、戸田恵子さんと堀内敬子さんのファンだと言ったら、
「三谷氏と同じツボがあるんだねぇ」と三郎さん(福島氏)から言われたことがある。
ああ、小林聡美さんも好きだ。
健やかで潔くておちゃめで、とても惹かれます。
by akiha_10 | 2010-08-01 21:10 | Daily thinking

page d-236          盛夏ライヴ

a0028990_21104563.jpg

こんばんわ。
来月末のライヴ情報です!
真夏の思ひ出、一緒につくろうね。


まずは大阪。
◇2010.8/30(月)「LIVE STOCK Vol.6」
会場:心斎橋クラブクアトロ(大阪)
開場/開演 18:00/19:00 ※出演時間は未定です
入場料:全席自由¥2,500(ドリンク別 税込)
チケット一般発売日:8/8(日)
出演:Dew、MAGIC PARTY、瓜生明希葉 and more
問:キョードーインフォメーション TEL 06-7732-8888






そして、翌日はおなじみSalon de uryuワンマン弾き語りライヴです。
大好きな京都のSOLE CAFEで唄えることになりました!
とってもたのしみ!
再び、くすぐったい近さでお会いしましょう。

★瓜生明希葉弾き語りワンマンライヴ
【Salon de Uryu 4〜うりしぐれ〜】

開催日:2010.8/31 (火)
会場:京都SOLE CAFE

時間:開場19:00/開演19:30
料金:前売¥2,500/当日¥2,800(別途ドリンク代¥500)

うり便りを読んでくださっている方、
【Salon de Uryu 4〜うりしぐれ〜】の取置きチケット予約を本日より開始しています!
お待ちしておりま〜す!


写真はパルコmogh cafeのケーキ。
moghのケーキにしかないパフっとしたスポンジと
生クリームの独特のおいしさがあって、
ついついひとつだけ、こども買い。
by akiha_10 | 2010-07-29 21:13 | Daily thinking

page d-235                レコーディング

a0028990_9351640.jpg



ラジオのCMの音楽をつくらせて頂き、
レコーディングしました。
ピアノはスタインウェイ!
音の入ったじょうろで音符を撒いて、
モノクロな世界に色を降り注ぐ、まるで絵の具のような音。


プラチナ・ギルド・インターナショナルさんのCM。
プラチナリングに想いをのせて、
福本ゆみさんの瑞々しい言葉を唄わせて頂きました。
(ゆみさんに、むしぱんを送っていただきました!!感激!)

しっとりと、遠く見渡すような、でも確かな側にあるものを見つめるような、
そんな世界観が出せていれば嬉しいです。



7月2日TOKYO FM21:00〜スタート、
LOVE=PLATINUM 恋愛パズルのラジオドラマの間に流れます。
聴いてみてくださいね!
大阪、愛知も流れるようです!
by akiha_10 | 2010-07-01 09:33 | Daily thinking

page d-234              ちょうふ音楽祭

a0028990_216783.jpg

今日はちょうふ音楽祭でした。
聴いてくださった方、ありがとうございました!!
楽屋でのチェック風景。






a0028990_2164065.jpg




バンドメンバー
まるさんとみおさんと、
ゆらり調布パンパトロール、
パン打ち上げ。
(あんまり聞いた事ない。)
すっかりパンドメンバー。




調布に精通しておる、まるやま小麦副隊長に連れられて。
小麦のみならず、まるさんはグルメ総合隊長でもあります。
初めて会ったとき、
「この子と打ち解けるには食べ物の話をすればいいんだ!
食べ物さえ与えとけばいいんだ!(←どうぶつ?)」
と思ったそうです。
でも
あんまり打ち解けてないね…。
呼び方「瓜生さん」やもん…。



次回小麦レポート!
by akiha_10 | 2010-06-26 21:08 | Daily thinking

page d-233                小麦リハ

a0028990_0321840.jpg

今日はリハでした。

なんか小腹がすいたね。
ということで、
ブレイクタイムにみんなでパンやへ。


小麦隊長おすすめの池尻大橋のTOROです。
はじめは休憩に食べるパン選びだったのが、
各々プライベートお持ち帰りパンセレクトに夢中…。


自転車軽事故から数日経過。
未だ常夏スタイル生足を見せるには、
悲しい紫陽花色のあざが各所肌色から滲み出ております。
しかしながら、
ああ、なつかしいっ!打身さん、擦り傷さん、切り傷さん!
といったような痛みの同窓会はなんとか終焉に向かいつつあり、
さて二次会はどうしようか、といったそんなカジュアルな段階になってきました。
地味に痛いです。
みなさん、危険はすぐそばに潜んでおります。
どうぞお気をつけて。

今週土曜、ちょうふ音楽祭でライヴです!
わたしは調布市グリーンホール大ホールにて14:15〜予定です。
素敵なアーティストがたくさん出ますので是非おこしくださいね!
by akiha_10 | 2010-06-23 00:39 | Daily thinking

page d-232             むううう

a0028990_0502062.jpg



むうううううう。
すっごい怒ったトマト。

ほっぺパンパンの
ぷんぷくぷん。

このアメーラというトマトが、
驚くほど美味しい。
もう、野菜じゃない。デザート的。
昔からトマトが大好物なので、
トマトの品種に敏感です。





今日、久しぶりにド派手に転びました。
さわやかに自転車に乗っていたら、向かい風で帽子が飛んでいってしまった。
ちょうど交差点の真ん中、突発的な事だったので
急にブレーキかけたら止まりきれずに?
バランス崩してどてーんと倒れた。

ちょうど三叉路だったので、
三面にぐるっと、止まっている車、バイク、のオーディエンスに囲まれて
中央舞台で、ひとり、転んだ。
恥ずかしさを越える、痛み。
誰も声を掛けてはくれんやったよ…。
かあちゃん、東京さ恐ろしいとこやよ。
ひとりしょんぼり薬局に行き、キズパワーパッド買ったさ。

幸い、思ったよりも保健室レベル(重め)のヒジの怪我ですんだ。
だけど、何年かぶりの、小学生的転んだ傷。
もう、、、、、めっちゃめっちゃ痛いやん!!!


失恋の痛みとか、思い詰める痛みとか、
ポエティックな大人の痛みは、リアル傷よりやっかいやと思っとったけど、
いざ転んでみると、リアル傷、そーとーいたいっ!!!
痛みレベル、引き分け、に訂正。


しかし少し成長していることは
「痛み」を観察できるようになったこと。
痛い、が100%にならないこと。
うわあ、痛いってこういうことかあ、と。
妙に冷静に皮膚を眺めて。
蘇れ細胞、と愛をこめて。


お風呂が恐いの、懐かしい。
ヒジのフレッシュな傷以外にも、
足にある数々の青あざが明らかになり、
右手エア吊り革につかまるようなスタイルで湯船に浸かり
大人なのに…とリヴァーブつきで呟いた。
あした、さらにアザが痛いんかなあ…。
by akiha_10 | 2010-06-18 00:58 | Daily thinking

page d-231                窓額に、ある絵


a0028990_041623.jpg

ずっと気になっていた軽井沢の「星のや」に行きました。
美しい建築と雰囲気ある集落の佇まいは
とてもコンセプチュアルで、
洗練された、新しい解釈の日本、という空間でした。




自然が描く木々と川の曲線、無駄のない2トーンの宿泊棟の直線。
棚田になった芝生や段々に並ぶ棟が立体的。
あったかいようで、ぴんと糸を張った程よい緊張感がありました。
建築設計は東理恵氏という女性の方。


一番印象的だったのは、レストランとライブラリーになっている棟。
きもちよく伸びる高い天井、下から上まで一面窓で、
揺れ動く木々や、流れつつ波紋をつくる水の表情が絵となるのです。

この、窓が額となって見えてくる絵、
わたしがとても感銘を受ける構図です。
と、思わず昔の写真のファイルをひっぱり出す。




a0028990_0435265.jpg


思い出すのはパリ郊外ポワッシーのサヴォア邸の小窓。(写真左)
台所にあった小窓。
ちょうど、視線の高さに、横に長く、生活と共に、さりげなく。

または、デンマーク、ルイジアナ美術館。(写真右)
圧倒的な自然、という解釈をしたかのようなサイズ感と、
縦に長い、天に伸びる生命力。


外の景色を窓というスクエアの枠でとらえる。
陽の偉大さや移りゆく季節、木々を通して感じる風の表情、
決して飽きることのない絵です。


額でなにをとらえるか、
その額でどう見えるのか、
どう見るのか、
それに意味を感じる、持たせる、持たせない、のはいつも人である、
きっとそうなんじゃなかろうか、なんて、
それらしい事を考えながら
シャッターを押してみたりする。
by akiha_10 | 2010-06-17 00:50 | Daily thinking

page d-230                aftersinging0614

a0028990_11313686.jpg

昨日のライヴに来てくださった方、ありがとうございました!

MCで「もう梅雨明け宣言」ととぼけた事を言ってしまいましたが、
まさに今始まるところやね。梅雨入りやね。
でも「梅雨明け」って、終わることじゃなく、始まる感じもせん?
たくさんの雨粒が入った、空の納戸の扉が開きましたよ。
それが梅雨明け。そして夏へ移る時、梅雨締め、みたいなかんじ…
ないね。
家の周りに咲いている紫陽花。
ふしぎなむらさき、と足をとめました。

MCで「サッカーはじまりましたね」とでっかいくくりで言ってしまいましたが、
ワールドカップですね。
昨日渋谷はとても賑わっておりました。

次回は6月26日、調布市文化会館のライヴでお待ちしております!
by akiha_10 | 2010-06-15 11:37 | Daily thinking