カテゴリ:Daily thinking( 280 )

page d-259             うみすくりーん

a0028990_13474599.jpg


先月、沖縄の美ら海水族館に行ってまいりました。
いやいや、たまげたよ、でっかい水槽。(ギネスに登録されている世界一大きい水槽!)
巨大なサメを中心にあらゆる魚達が自由に、されど規則的に、
ただひたすらに回遊しています。
およぐ、たべる、いきる。
そのストイックさたるや、あれもこれも欲しがるなよ、のわたしからすると、
そのシンプルさと断捨離の極みに、ただ水槽の前でぽかんと憧れながら
お魚がいったりきたりするのをまるで催眠にかかるように眺めていたのです。
それはいい時間だった。

意思あってこのぐるぐるする毎日をひきうけているのだろうか
それとも疑問なくそれが当たり前でただぐるぐるしているのだろうか
魚に気持はあるのだろうか。
喧嘩はするのか、恋をするのか、深夜の魚会議はあるのか。
王はあのでっかいので、あれは参謀長って感じの顔やな、あいつは中盤で裏切るな。
そして人間が寝静まったころ、魚たちが「あー疲れた。何万周させるんだよー」と
言いながらフツーに横になって布団で眠る、というピクサー的発想をしては
ぷぷぷとなる。

a0028990_13481060.jpg



こういうピンクいいね。






a0028990_13482558.jpg










この世界も好き。











a0028990_1350544.jpg





渡って宮古島。
海はみどりで綺麗だったけど、案外寒い。
トロピカルムードはもうちょっと先のよう。




さて、来月ライヴのおしらせです!
3/7(月)「道玄坂叙情詩 第50章 〜 春待花壇 〜」
会場:渋谷O-WEST開場/開演 18:00/18:30
出演時間は未定です。決まり次第、HP等でお知らせ致します。
前売/当日 ¥2,500/¥3,000(ドリンク別 税込)
問:O-WEST TEL 03-5784-7088
出演:東川亜希子、茅野由衣、伊藤サチコ、黒川沙良
わお!(東川)あっこちゃん!彼女とは、上京した時くらい(十代!?)からのお友達です。
でもライヴが一緒になるのははじめてかも…。うれしいね。
彼女の歌もピアノもすっごくよいので、是非遊びにきてくださいね!


今もっぱらこころを占めている話題は日に日に迫る来週の「親知らず抜歯」です。
昨晩なんて親不知から金が発掘されて一攫千金求め親知らずに小人たちがわらわら集まって、
尖ったシャベルで歯をがんがんつついて採掘するという、
げに恐ろしい口内ゴールドラッシュの夢をみたものですよ。

にくたらしく四本はえてしまい、上の一本は退治済みなのですが、その時の恐怖ったらばがに!
麻酔があるから痛いわけじゃないのだけど、あのペンチ?みたいなので無理矢理抜かれる感覚。
先生のものっすごい力が顎あたりにかかって、すべての想像と感情と感覚と断ちたくなります。
来週とりかかる下の歯は、上より大変らしく、
歯科医の知り合いが「御愁傷様」と言うのが物語るように
歯茎を切ったり?だとかなんだかでもう頭がまっしろです。
鎮静剤をいれて眠ってやる方法もあるそうですが、た、たかい…。セレブは無痛も買えるのね。
今回標準装備でトライして世にも恐ろしかったら、
もう一方の抜歯の際には無感覚と無痛に巨額投資(大袈裟)も検討。
普段比較的冷静なほうだと踏んでいるわたしも、
痛い関係となるとみっともないくらい超めんどくさいキッズです。
なんといっても、予防接種の日には必ず熱が出て(出す)身体も
STOP!注射キャンペーンに肩入れするくらい恐がり。
「そーっと抜いてください」と逆に痛そうな訳のわからぬリクエストをする取り乱す大人…。なさけない…。
睡眠不足で寝る作戦でいこうかなあ…、うーん、うーん。えーん、こわいよ〜
またしゃあしく(うっとおしく、せわしく)報告します。
by akiha_10 | 2011-02-05 14:07 | Daily thinking

page d-258 after singing

a0028990_1135852.jpg

「Salon de Uryu5」、
お寒い中お越しくださいましてありがとうございました!

中西さん、遊びに来てくださったまるさん、ありがとう。
贅沢な時間でした。
みんなありがとう!

セルモモン(ちょっといい時間)の多い年にしようね!
ボンソワ〜
by akiha_10 | 2011-01-09 01:15 | Daily thinking

page d-257           2011

a0028990_1193671.jpg

よく食べよく考えよく学び、
果敢に冒険し惜しみなく感じ、柔軟でいること。
そして、素直につくる。
それらすべての行為に笑いと感謝を添えて。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします!
by akiha_10 | 2011-01-04 11:12 | Daily thinking

page d-256            COCO

a0028990_2313349.jpg







G2さん演出の「COCO」のお芝居を観てきました!
去年あたりからシャネルに関する映画を立て続けに観たり、
なんとなくそれらの書籍を買って読んでみたり、
シャネルの存在がうっすらと無意識に頭に蓄積されていく日々。








頭に決定的にシャネルフォルダができたのは今年秋に行われた
ファッションズ ナイト アウトでふらり入ったシャネルで
インスタントタトゥーをしてもらい、
シャネルのガチャガチャ(このハイブランド×キッチュな感じがいいよね)
でマドモワゼルのオルゴール香水が当たったこと。
今までコスメのエサンシエルとスティロユーがメイク時に顔に張り付いている意外
(という意味では毎日シャネルイズムには接しているともいえるのかなあ)
ほとんど知らなかったシャネルが少しずつ近づいてきて、
で、今回の御芝居。


いやあ、よかった。
coco演じる鳳蘭さん、すばらしかったです。
「華麗なる恋の舞台で」のアニット・ベニングのような、
切なく、しかし気持ちのよい、女を堂々と生ききる様に胸を打たれました。
そして芝居中に散らばった宝石のような言葉たち。
もし耳にも瞬きというのがあるならば、
ひとつひとつを聴き逃したくないような、そんなお芝居でした。
「一番のおしゃれは、自由であるということ」
そして、なにより自由は一番の贅沢かもしれないね。
「なにかを失って心に穴が空いたら、その穴から未来を見ることができる」
どうやらわたしは孤独と仲のよい人に惹かれるようです。







a0028990_2314716.jpg



すっかり気分がよくなって資生堂パーラーへ。
資生堂のエレベーターがなにやら「CQ」っぽい世界観で好き。
近未来的エレベーターなのに
降りたら老舗コンサバな内装(お客様層)であるギャップも面白い。







銀座の休日はすっかりクリスマスムードでございました。
さんざんシャネルといっておいて
気になっていたセリーヌのスモールカバのバッグをチラ見。
いつからこんなに好みど真ん中になったのだ罪深きセリーヌ!!愛すべきミニマル!
ああ、煩悩を解こう。(シャネルは「じゃんじゃんお金は使いなさい」と言ってたけどさぁ…)
お風呂にはいって瞑想して。(そのうち寝る。)
by akiha_10 | 2010-12-12 23:18 | Daily thinking

page dd-255                 +1

a0028990_11334331.jpg


先週誕生日をむかえました。
編集長とマネージャーに
お祝いしていただきました!ありがとう。



特筆すべきは、ケーキ!!!!
クロワさんケーキ!!
完成度たかし!


a0028990_11335647.jpg



「あきちゃん、誕生日おめでとう」って…
誰も「あきちゃん」なんて言わんくせに…
(バンドメンバーおよびスタッフがわたしを呼ぶときに
親しくもなお「瓜生さん」ないし、
よそよそしく呼ぶことに不満があることを
今年ついに告白したことから話は始まる)




a0028990_1134880.jpg

そしてさよならクロワさん…。


















a0028990_11311556.jpg

















いただきもの。
大好きな香り系バス用品!
「お風呂タイムが好き」って、すごく女性っぽく、間違いのないコメントだなあ、などと
雑誌のインタビューなどで決まって誰かが言っているを見て昔は思っていましたが、
本当にバスタイムがいい、と思う時が訪れるものですね。
冬は特に格段に冷えやすいこともありますが、
心身が落ち着き、ぽやっとできる時間ですね。

大好きなNicolai Bergmannのお花。
ここのお花の配色のセンスが絶妙なのです。
お店をチラ見するだけでも元気をもらえます。
クリスマス小麦のパネトーネ。
ドライフルーツがぎっしりのブリオッシュ、イタリアの伝統的なパンです。
クリスマスだねえ。




a0028990_11314142.jpg


わたしの原点「サウンドオブミュージック」
ブルーレイコレクターズBOX!!うれしいなあ。
取り憑かれたように何度も繰り返し観て、
「創って表現する仕事につく」と
決意、という言葉ですら足りない、
それが当然自然だと思えるほど思い込んだ
小6の自分と同窓会できる映画です。
この一年もたくさんの「ワクワク」に感謝して
愉しんでいこうと思います!
by akiha_10 | 2010-12-09 11:39 | Daily thinking

page d-254                連西

a0028990_21473665.jpg先週の友人結婚式に続き、二週続けて関西にご縁がありました。
昨日のミナミホイールに来てくださった方、ありがとう!
MCでは早くも今年のまとめに入っておりましたが、
残りの一ヶ月半、そして来年も、
思いっきり素直に愉しんでいこうと思っています。

ミナミホイールで作ってくださったバッジ!
なかなか可愛いではないか!
ミナミホイール開催中、
出演者のバッジがはいったガチャガチャがあるようです!
(去年は存在を知らなくて、
お客さんがクロワバッジを持っているのを見て、
「わたしも欲しいです…」と本部に詰め寄ったんよね…)
今年は用意してくださっておりました!ありがとうございました!








a0028990_2148295.jpg

さて、これはもう先週の旅のおはなしですが。
おひとりさま京都、堪能しましたよ。
紅葉これから、といったところでしょうか。
しかしながら乾燥した空気と早く訪れる日暮れ、しぶく灯った石畳の京都、
まっくら嵐山は、ひとりぼっちの秋を感じるには充分でした。
気になっていた大河内山荘の庭園にまいりました。
映画俳優大河内伝次郎が30年の歳月にわたり丹精こめて造った庭園です。
お茶つき、だったのでほっと一息。
一見ほっこりですが、どういうわけかタイミング的にリアルひとりぽっちで、
木々生い茂った灯火も心もとない山奥の庭園にぽつん、
背中がちょっとぞわぞわ、おしいれのぼうけん気分でした。

庭園ゴールにあったお手洗いにてちょっとした事件が。
持ち歩いていた革のバッグに泥がついてる!!と焦って、
えーん、と思いながらタオルをちょんと濡らして拭いてみると、
その汚れは取れるどころか、ひろがっていくではありませんか!!
さらにえ〜ん!!となってごしごしすると、よりいっそう濃く汚れが浸透していく!!
もうやだよ…と落胆して、
帰ってバッグクリーニングかしらね…
とれるのかしらね…
高いのかしらね…
そもそも泥がつくようなやんちゃな歩き方だったかしら…
もういっそ保津川でおばーさんは川で洗濯を、的に丸洗いしてやろうかとも思いました。
がしかし、山を下る頃には深夜の海外通販番組のマジッククリーンのように、
あれあれ??汚れがすっきりなくなっている!
ボブ!すごいわ!魔法みたいにすっきり消えてるわ!
汚れの正体は泥ではなく、革が濡れて部分的に濃くなっていただけだということには
生麩についていたドライアイスの水滴をあてて実験するまで気付きませんでした。
ああよかった。
とっても安心したけど、
あの一時悲劇的ヒロイン気分はなんだったんだろう…我ながらせわしいな…と目を細めたのであります。



なにはともあれ、京都は何度来ても素敵です。
きなな、のきなこアイス、おいしかったなあ。


a0028990_21484169.jpg
by akiha_10 | 2010-11-13 22:01 | Daily thinking

page d-253             家族シネマ

a0028990_23254418.jpg

この季節異例の台風が接近した先月末、姉の結婚式がありました。
よりによって、、、と嘆いたりUターンして面白がってみたりしていた姉ですが
幸運なことに思ったよりも穏やかな天候になり、しっとりと、良き式でした。

厳かな神前式では、神妙な面持ちの、
全く隙のない五人ばやしの笛太鼓風の方々の普段のお姿などについて
想像を巡らしたりして、本当によろしくないですね。
おまけに、とても善き場面で、あろうことかわたしのお腹虫が鳴った、というより轟きまして、
横にいた母と、目の前で綿帽子を被った楚々とした出立ちの姉が
くくくと肩を震わせ、わたしもくくとなって、
もうこれ以上深みにはまらぬよう透き通った清流などを思い浮かべてはナムアミダブツを唱え深呼吸、
なんとかマルコビッチの穴的スパイラルに堕ちることからは免れました。
が本当に失礼をしてしまいました。
プロフェッショナルな映像にその瞬間が捕えられていない事を願うばかりです。
ちょうど今頃彼らは真裏の南米。ペルーとボリビアを冒険してくるそうです。






a0028990_23401868.jpg



わたしは祖母が母の成人式の時にこしらえたお着物を着ました!
帯はお文庫に結んでいただきました。お着物はたのしいね。
それから、長年欲しかったHIROKO HAYASHIの
クロワさんバッグもこれを機会に手にしました。
一目惚れの後、その名が「クロワッサンバッグ」
だという事で、コレハ…!と確信を持ち、憧れていたものです。
購入する際には「よく観に来られていましたもんね」と言われ、
ちょっぴり恥ずかしい想いも…。







さてさて、来年のライヴのお知らせです!
弾き語りライヴシリーズ「salon de uryu5」!
なんと、大好きな中西俊博さんをゲストにおむかえします。
中西俊博さんは5th Full Album『In the souk』のサウンドプロデューサーでもある
日本を代表するバイオリニスト!
もう、すごい愉しみ!
読後感ならぬ、なにかふわっとした聴後感が残るような、
そんな時間にしたいと思っています。
柔らかく愉しい新年の幕開けを、絵画に囲まれた空間で過ごしましょう。

瓜生明希葉 弾き語りワンマンライヴ 新年企画
「salon de uryu 5 〜新旬スペシャリテ!〜」 
ゲスト/中西俊博(バイオリン)

開催日:2011/01/07 (金)
会場:恵比寿 art cafe friends

開場18:00/開演19:30
料金:¥3,000(別途ドリンク代¥500)
恒例『うり便り』取置きチケット予約も始まりました。
2010.11.1(月)〜2010.11.15(月)12:00
「うり便り」についてはこちら




そして今月はこちら!
11/12(金)
『Panasonic Beauty presents MINAMI WHEEL 2010』
瓜生出演会場/時間:THE LIVE HOUSE soma/20:45〜

11/16(火)「GIRLS POP SELECTION」 
会場:渋谷O-WEST
開場/開演 18:00/18:30
※出演時間は未定です(決まり次第HP等で告知致します)

でわでわ、ぜひ会場でお会いしましょう!
by akiha_10 | 2010-11-01 23:58 | Daily thinking

page d-252              順列組合せ

a0028990_12154056.jpg


好きなファブリックのお店、自由が丘のBeautiful Days。
半期に一度のハギレセールで獲得した生地の一部(左)。

洋裁大好きケミィと繰り出したのですが、
生地をサンタクロース(またはドロボー)のようにして持って帰る様は
旅の恥はかき捨て、カーテンやさんで図々しく膨大なハギレを譲ってもらって歩いた
ウィーンの旧市街を思い起こさせる。

さて、この生地で何をつくろうか、
形、色の組み合わせ、サイズ…を考えるとワクワクしてならない、とケミィは言ったが
これは創作欲に満ちたコンディションでPCの前に座り、
世界、音の組み合わせ、構成…と音楽調合の無限の(パワーがないと、たじろぎそうな)可能性を
目の前にしたときと同じような感覚かなと思った。


それから横浜SWANYへと移動して、取手となる革やパーツを取り揃える。
大好きなリバティーを特集したコーナーがあって立ち止まる。
リバティー生地のバリエーションを見つめながら
やっぱり好きであるウィリアムモリスの「いちご泥棒」を思い出して、その関連性を調べてみたら
リバティとモリスはイギリスで競い関わりながら同時代を生きていたことが今更ながらわかった。
合点がいくとはこういう瞬間。
そういえばロンドンにあるリバティ百貨店も、このリバティやったんやねぇ。
レンタカーがRENT A CARだと知った時くらいの「そうだったのか!」度。


それにしてもパンにしても布にしても、
生地好きやなあ。
by akiha_10 | 2010-10-26 12:26 | Daily thinking

page d-251             能動的で在ること

a0028990_10463061.jpg


好物のフィニシエの「パンオヴァン」を買いに下馬のあたりに行くと
フィニシエの前に珈琲やができていた。
「NOZY COFFEE」。
工場見学好きとしては、店頭で焙煎しているファクトリー感もそそられる!
カフェラテを頂きましたが、
とってもコク深く、今からの季節ぜったい美味しい!好きな味!
フィニシエでパンを買って珈琲テイクアウトして世田谷公園。
パーフェクトじゃないか!




さて、とても今更ながらツイッターのアカウントをつくりました。
というのも、なぜかこのタイミングで集中的に何人かの方から「とりあえずやってみれば」
というお声を掛けて頂いたのもあり、
ちょっぴり懐疑派であることは変わっていませんが、
まずは大好きな社会見学、のような気軽さやってみます。
とりあえず実際やってみて、なにかを想ったほうが豊かだからね。

今一度なぜ抵抗があるのだろうと自問自答した時、
炙りだされたこと。


自分が感情をコントロールするはずが、感情に支配されている。
自分がモノを所有しているはずが、モノに翻弄させらている。
自分が情報を扱うはずが、情報に踊らされている。

そんな事態が自分に襲いかかること数多だからである。

自分の左脳と右脳がぱっかりと二つに割れているのと同じように、
まるで全く違うふたつの人格が討論する。
「シンプルにいきたい」と「いいや、あなたこういうの大好きでしょ」と。
極端にそれらと距離を置こう、一線を画そう、と躍起になるのは、
おそらく、それらが本当はとっても好きだからなのです。
感情にも、モノにも、情報にも、(人にも)油断すると
がっつりのめり込む片鱗を知っているからだと思うのです。
のめり込む、という能動性があればまだいいものの、
「のまれる」といった受動的な事態紙一重で。


まあ、なにはともあれ新しいこと!
小難しく考えるよりも
そのワクワクににフォーカスをあてるべきでしょう。
でわ、のんびりやってみるので、遊びにきてくださいね。
おそらく、やたらと「おいしい」というキーワードが連発されることでしょう。
https://twitter.com/#!/akiha_curieux

来週月曜
10/18(月)代官山 晴れたら空に豆まいてのライヴは1945分〜です。
ぜしぜし!
by akiha_10 | 2010-10-15 10:48 | Daily thinking

page d-250                 あまいの

a0028990_2244184.jpg

姉さん、事件です。

「いちごが濃いアポロ」を発見しましたよ!
待ってました、といわんばかりの。
常日頃から「アポロのいちご部分がもうちょっと濃いといいのにな…」と切に願うこと数十年、
これを発見した時のその気持ちときたら。
しかもラックにラスト1だったこのアポロ!
そうさ、みんなが待っていたのさ!
コンビニの防犯カメラに記録されている
この商品を買って行ったカスタマー達を再招集して円陣組んで喜びたい。
アポロ型帽子を被ってパレードしたい!
ええじゃないか!と小躍りしたい!


で、
味は、まあまあ濃い感じでした。
(急速なクールダウン)

同じ明治さんのリッチストロベリーチョコレートアイスバーの
ぎょっとする濃さではなかったよ。


最近食べた七里ケ浜Double Doorsフレンチトースト。
お隣のbillsがお休みだったので入りましたが、おいしかった。
秋冬、あまいのがさらに美味しくなってきたね!



結城座の江戸糸あやつり人形芝居を観る。
写し絵と人形劇の不思議な世界、
「伝統」がわたしにとっては新しい世界、なのが面白い。
そういうのっていっぱいあるんだろうなあ。
宇野亜喜良さんの絵がすごく好き。

栗きんとんを買って帰る。
口の中でほろっと分解されるとき、ふっと感じる、秋。
by akiha_10 | 2010-10-09 22:08 | Daily thinking