<< page d-168     ... page t-96    ... >>

page t-97    空煩サンド 5(追記)

駅の浸透圧は高い。

たとえば電車で、「やっぱり日本はアジアなのだな」だとか
張り巡らされた広告を見て「飽和…」だと思ったり
自分だけサファリパークの鉄格子の車にはいったかのような、
周りから見たら
ある種の勘違いの優越感だと、
あまり歓迎されないだろう、
その感覚が日々薄れていくことを惜しみながら、
日々は悲しいくらい客観的に流れている。

こういった、
ひとりだけ大事件!
の高揚感、
周囲との気持の濃度差を自覚している切なさは、
毎度ながら旅の産物。
まだすこし抗いながら、
今、わたしは浅漬けきゅうり。
日常こそ旅!といえど、
やはり、塩ぬきをしに、
非日常に出かけたい!




回想になる前にちょっと追記をね。
(回想より追記のほうが手前な気がする。)






そもそもなぜモロッコか。
5~6年前に古本屋で手にした
「Living in Morocco」がきっかけでした。
モロッコインテリアの本なのですが、
その小物たちの色彩の美しさと、
インテリアの洗練加減と土っぽさのバランスに惹かれて購入。
思えばパンケーキの「bills」のキリムに反応したり
チェンマイの色彩、雑貨に心奪われたり。
おそらく、根本的にクラフトが好きなのだろう。
suggest gameをするならば
家はドイツ寄りに実用的に、無機質に、つるんと建てて、
ぬくもりのあるモノを収集、配置していきたいイメージ。ああ、とまらん。
それからというもの、
モロッコ特集をした雑誌があれば反射的に買ってしまう、
という年月が続き、今回は募る想いがやっと実現。


a0028990_23112750.jpg

































ということもあり、
インテリアも楽しみのひとつでしたので、
1日目のゲストハウス以降のお宿はリアドを選びました。
リアドとは「邸宅」の意味で、
邸宅を改築し宿泊客を受け入れるように
作った家を「リアド」といいます。
マラケシュの旧市街の中に、
個人オーナーの持つリアドが数百軒もあり、
大型ホテルよりモロッコらしさを満喫できると思い、泊まってみました。


マラケシュとエッサウィラで2つのリアドに泊まりましたが、
どちらともクッションのファブリックからランプまで、
オーナーの美と空間へのこだわりがあり、独特な雰囲気があります。
まさにエキゾチック。
どちらもオーナーが優しくとても家庭的な雰囲気でした。
(夜戻ったとき受付にパスポートナンバーを書いた
わたしの予約表?が放置されていたのは、ゆるすぎだが!)

たいていのリアドには中庭があり、
その周囲に部屋があります。
オーナー自ら用意してくださる朝食は中庭でいただきました。
エグゼクティブな価格ですと、さらに優雅さ(と情報セキュリティ?)が増すのでしょうが、
お手頃リアドでも、充分モロッコさを楽しめますよ。
ただ、夜は冷えたがね…(リアドに暖房器具はほとんどないので)
その蓄積があのオチ…?



a0028990_23353520.jpg


リアドは旧市街の迷路のような
スーク(市場)を迷わなければ
見つけられず、
また看板もかなり地味なので、
辿りつくまでもエキサイティング。
お小遣い稼ぎに
道案内しに寄ってくる子どもに、
最後まで慣れなかったな…。
無事たどり着いて
オーナーの優しさに触れながら
ミントティーをすする安堵感は格別。
by akiha_10 | 2010-01-25 23:46 | Trunk
<< page d-168     ... page t-96    ... >>