<< page d-97 ... page d-95    バケ... >>

page d-96    添加されるオーガニック


a0028990_8224343.jpg





友達と中目のN_1155でランチをした。
野菜が美味しいとのことで、
「ぜったい足りないって」という友人の忠告をよそに、
「野菜グリル」という、
ちょっとええ女風のメニューをチョイスしてみた。









もともと穀物マニアとしては、玄米は嬉しいところ。
(今、家では十五穀米を炊いて、相当ぷちぷち言わせている。)
強がりでなく、野菜ってほんと美味しいよね。
続々できたよね、野菜メインのレストラン。
でも案の定、もうちょっと食べたいかもよかもよ…となり。
隣の友人のパスタを、わからんように小刻みに横取りしておったら、
ピシャっと、「だから言ったじゃん…」と呆れられた始末。






しかしこのところ、オーガニックやら有機野菜とか、
一種ファッションとして(もちろん本気の方も)定着しつつあります。
実際身体の調子がよくなったりするもんだから、
「やってる自分好き」のお洒落なラベル抜きにして、
リアルに健康のことを考えて、
ほどほど取り入れるのはすごくいい!と思っています。



友達との談義は、
「オーガニック」と「エコ」が、どさくさに紛れて
イコールに使われてるよね、というところ。
そのあたりに居るワードは、言語そのものの意味より、
雰囲気を総括した記号になってきている。
オーガニック食材を運ぶにも、ガソリンは要るよ、っていうところ。
オーガニックを好む人がエコであるとは限らないし、また逆もしかり。
「オーガニックでエコライフ!」なんてキャッチとか
全然よくわからんが、
なにやら素敵そうな、今時な記号が並んでいるだけで誘惑できてしまうのが、
「ファション」の魔力であります。



どうもチャラチャラしていることの方が多い。
(ファッション止まりではそういうもんか)
いつも心にニュートラルな感覚を。
と細い目で吊り広告を観ようと試みるわたししかり、
エコバック買いに車を走らせガソリンをまいておる。
そうだ、わたしがチャラチャラしている。
表参道の「ロハス通り」の命名にクスっとしたくせに。
この、基本に流れているミーハーさが
冷静と情熱の間を彷徨うわたしの、
情熱向上に一役買っている、
と前向きに肯定することにした。












a0028990_8231719.jpg


明日(もう今日ね!)13日は代々木ブーガルでライヴです!
リハの風景。円山先生から学び中。

コードを勉強中なんよ。
出来立てほやほやの新曲もやります。
相変わらずのハチマキカチューシャ巻いて望むので、
応援団求むですよ!
どうやらワインが飲めるみたい!
ぜひ遊びにきてくださいね。
by akiha_10 | 2008-05-13 01:07 | Daily thinking
<< page d-97 ... page d-95    バケ... >>