<< page d-80  afte... page t-67   京都、... >>

page d-79    クリスマスメモリ

a0028990_1443460.jpg


お元気ですか??
街はやたらとクリスマスですね。
街の選曲に耳をかたむけるのです。
クリスマスソングにはいいメロディが多いなあ
と感心していたりします。
乙女雑貨の多いアリヴェデパールで、
ホワイトフェルトでツリーやらトナカイをかたどった
天井から吊るすお飾りがとても気になりました。







クリスマスとえいば思い出す。
幼稚園から低学年のころ、
わたしはニュータウン的な場所で育った。
ホワイトカラーの若い夫婦が集う、
夢と希望に満ちた、
少しバブリーな気配。
(いかにも角田光代の「空中庭園」)
転入先の幼稚園の友達も、
これまたおしゃまさんが多く、
どろんこになるのにピンクのワンピースなんて着てくるんだから
わお!と驚いたものだ。
どうやら刺激を受けたらしい母は
せっせと生地を買っては、
ワンピースやらスカートをこしらえてくれていた。
田舎娘のオーバーオールを脱ぎ捨て、
ここにてガーリーデビュー。
そしてね、
そんな小さなお洒落さんたち(の親)に
お呼ばれしたクリスマス会で見たのは、
天井までとどく白いクリスマスツリー!
しろい!映画や!外国や!
えいごのクリスマスソングがかかり、
ママがパウンドケーキを焼き、
ダディが一眼で我が子と、その他おともだちをおさめる。
欧風スタイルが、裕福の証のように。
今でも思い出すとドキドキする。
いっつも、小さいわたしの心には
キャパオーバーな情報が溢れていて、
一番わくわくしていた時代かもしれないなあ…。
「こういうのは東京らしいね」
土地土地を外から眺める癖は、
転勤族である両親の、このような口癖によって
ついたものかもしれない。





さて、近々女子クリスマスパーティーを
開催することになりました。
プレゼント交換なんぞすることになったのですが、
対象が曖昧なプレゼント選びって難しいね。
わたしにとっての、ど真ん中かわいいも、あの子にとってはバザー行き?
と思うと、何を買っていいか分からない。
うまい棒何百本、とギャグに逃げるか、
保守に紅茶か、
ギャグにもならない中世のお面か、
いかにもセンスがいいですねと言われたい感満載の舶来のボディ用品か。
いろいろと彷徨うのよ。
でも、その選ぶ過程が、話題になるよね。






それはそうと、
明日、12月10日の月曜は
渋谷O crestでライヴです!
ギターまるさんと、バイオリンみおちゃんと、しっとりやります。
今年最後です。
ぜひ遊びに来てね。




a0028990_1451571.jpg
友達からのプレゼント、キャスキッドソンのティーカップ。
今月2日で24歳になりました。
12年区切りでいうと3周目突入。
関心(好奇心)感動感謝、で生きていきます!
健やかに、穏やかに、大人ガーリーの心意気。
いい年の重ね方しようね。
by akiha_10 | 2007-12-09 12:14 | Daily thinking
<< page d-80  afte... page t-67   京都、... >>