<< page t-59  地球裏バ... page t-57    地球... >>

page t-58   地球裏バージョン  8

a0028990_9102648.jpg




a0028990_911110.jpg











サンテルモ地区の朝のドレーゴ広場は、
音楽と人でいっぱい。
この土地がそうさせるのか、
ブエノスに響く音は哀愁である。
広場には様々なマーケットもでていて
ごったがえしている。
蚤の市好きの血が騒ぐが、
思ったほど安くないのね。ちぇ。
相場は決まっているよう。




a0028990_9143896.jpg
そうそう、ブエノスアイレスのお店では
かわこわい人形をよく見かける。
(←これはまだ可愛いけどね)
相当怖い寄りのものもあり、
夜、ひとりで見つめたくない。
祖父母の家に泊まったときに、
日本人形だけは視界にいれないように
トイレへ猛ダッシュした、あの気分である。



その、かわきも人形がついた、
奇妙なワインのコルク栓を
なんとなしケミィが買おうとしていたので、
(結構いいお値段)一応とめておいた。
目を見開いた、口をにまっとさせた、
妙に血色のいい、詐欺師風おっさん人形!
いやいや、夜冷蔵庫あけて
こいつがおったら相当びびるよ、と。
開けるたびに「ウェルカム!」とか
ひとり陽気に言ってそう。
家族もきっと怖がるよ、と。
ケミィは手に取ったかわきもコルクを再度見つめ、
そっと元あるところへ戻した。




サンテルモはずっとヴィンテージのお店が続きます。
マンション一軒まるまるアンティークのお店、
というのもあって、
掘り出し大会を楽しむ。
そうそう、コートを買おうかさんざん迷った
アルゼンチンのデザイナーのお店、
DIDI BANDOL、webがとても可愛い。











a0028990_913287.jpg
最後にブエノスアイレスの国民的人気キャラクター、
マファルダと記念撮影。
ニマリ。
マファルダはシニカルでスマート、らしい。
なぜか磯野の友人、花沢さんを思い出す。
はたまた、スヌーピーにでてくる、ルーシーか。
でも、なんだか、
じゃいこ系にも思えてきます。
って、ヒロインじゃない。
ごめんマファルダ。







エキゾチックなブエノスアイレス
最後の冬の夜。
by akiha_10 | 2007-07-21 09:28 | Trunk
<< page t-59  地球裏バ... page t-57    地球... >>