<< page m-22   マン... page d-67 ... >>

page d-68    隣の芝生はグリーンティー

a0028990_2318481.jpg



パリっ娘、ポリーン来日。
せっかくだからジャポネなところに行きたくって、
甘味やさんでお茶をした。
去年、パリから帰国する便で隣の席になったのがポリーンだ。
パリの大学で薬学を学ぶポリーンは年下なのに、
わたしよりはるかにしっかりしている。
彼氏が日本人で、
度々日本には来ているとのこと。









機内では、日本とフランスの恋愛観や職業観について話した。
ポリーンがあんまり流暢に英語を喋るから、
わたしはありったけの単語を掻き集めてはパズルをしていた。
たまについていけなくても、
オーイェ!とかなんだか言っちゃって、
やたらレアリー??と驚く自分にレアリー??とおもう。
それでも12時間上空で、同じプラの飯を食えば、
しだいに仲良しに。









面白いことに、「隣の芝生」現象は明らかであった。
わたしが欧風文化や、フランス女のマイペースさ、
自由で自立していて、楽しみ上手な生き方を讃えたかと思えば、
ポリーンは、東京の面白さ、日本の女の子のカワイさがとてもいいと言う。
フランス女は誰しも、わたしはわたし、
という意識が強いものだと思っていたのだが、
ポリーンは自分と他者の「比較」をしていて、それはとても新鮮だった。
比較文化の落とし穴は、すぐまとめたがるところだ。
どこの国でも、人によりけり、ということを忘れてはいけない。
「日本の女の子はみんな痩せてるし、お洒落だわ…」とポリーン。
これまた日本でくくってしまうのも大雑把だが、
少なくとも東京の中心にはそういう、
否が応でも、天秤にのせられる感覚、まわりと違ったらやばい、
と思わせる力が潜んでいるのでは、と自身の実感も思い出してそう考える。
敏感な女の子であればなおさら。
彼女と喋りやすいのは、
ポリーンもわたしも、「こういう価値観があるんだ」
というところを共有しているからなのかなあと、思う。







そんなポリーンであったが、
今回はフランス女のパワーを存分に発揮していたように思う。
議論好きのフランス人、と言われるだけあって、
和カフェでは、粒あんそっちのけで、あれはどうだこれはどうだと、
ポリーンはよく話した。
とくに、日本における女性の立場、というテーマについては
ポリーンは白熱していた。
職業観、結婚観、育児、日頃男性が女性に接する態度。
ヨーロッパ、女性強し、ね。
でもね近頃は、日本でも女のひと強いのよ、と言っておきました。



これだけ豊かな日本で、なぜこんなにストレスフルな人が多いのか、
なぜ日本の女性は占いが好きなのか、流行に熱中するのか。
わたしは語彙が足りなさすぎて、時々パントマイムでごまかしたが、
そういえばそうよねえ、と
日頃答えを簡潔にしていなかったことを、
英語にする作業の中で、できるだけ簡単に、そぎ落として、
改めて考えることができた。
日常の渦中になじんでしまうと、
あの時感じた、感情の灰汁、疑問、憤り、が次第に気にならなくなってくるから恐い。
消えてはいないが、放ったままなのだ。
そうはいっても今日の自分のご飯が大事だものってね、
弱いからね、そうなるんよね。
ポリーンと一緒に、外から日本を見る。



















ただいつも思うのは、
東京だけをみて、日本人はいいなあ、と思うことは、
パリだけを訪れて、フランス人はいいなあ、
と思うようなことと同じミステイクだと思う。
東京=日本はないように、パリがフランスではない、
ニューヨークも同じく、イコールアメリカではないように
ここはもうひとつの「国」のようなもの。
特殊な場所であることを、忘れてはならない。
東京は、わたしから見ても時折外国である。





「dixsept、anniversaire、chez lui、
東京のお洒落な街を、三歩歩けばフランス語を見るわ。
日本人はフランスっぽいのが好きなのね!
使い方が変なのもあって、おもしろいわ」
とクスクスポリーン。
「そうそう、みんなミーハーなのよ、あっはっは」とわたし。




自分のブログのタイトルに
はりきってフランス語「curieux(意。好奇心の強い)」
を使っていることは内緒にしておこう。
そしてポリーンはグリーンティーを、
わたしはカプチーノをすするのである。
by akiha_10 | 2007-04-22 23:15 | Daily thinking
<< page m-22   マン... page d-67 ... >>