<< page a-18  色を、並べる。 page f-9  「リトル ... >>

page d-61      トラベル246

a0028990_42035.jpg







a0028990_4201574.jpg
















よく晴れた日、湘南方面に行きました。
せっかくだから、と本屋で買った
「湘南スタイル」という本がわたしたちを
すこし、強欲にさせる。
情報とは時に欲をかき立てるものです。
見なければいらないものを、
見てしまったばかりに、欲しくなる。
旅は「ふらり」くらいが粋だと思いながらも、
情報は時に旅を充実もさせ、
また拘束もする。
ここ行きたいね、これ食べたいね、
道中車窓を見逃して、ガイドブックにかじりつく自分に、
時折はっとしながら。



旅とはなんだろうか。
本に載っている有名どころ、
その実物を実際に見て、
ああ、これこれ、写真と一緒だ。
行った行った、よかったよかった→見た事あるよ
と、たいして興味の範疇に入っていないものまで、
やっきになって攻略しては安堵する傾向にある。
よくよく考えたら、へん。
「照合」する旅をするのは、
つまりはミーハーなのである。












湘南スタイルで心動かされたのは
フレンチトースト専門店。
いざ照合。
江ノ島の頂上にあるロンカフェでいただきます。
風がなく、静かで、透き通る空と、海、
トンビがひゅるるるーと奏でたら、
ひるがえる様はまるで凧。
そして、トロトロのフレンチトースト。
おいしすぎる。できすぎでいる。
江ノ島を登る途中にひいたおみくじの大吉、
ここでラッキーを使い切ってはいないか。。。
もっと、年間通して、まんべんなく宜しくね。
大海原を目の前に、超貧乏性。



鎌倉あたりを通るたびに、建築として気になっていたのは、
ウッディで陽がよく入るスタバ鎌倉店。
チャヤマクロビというビオスイーツのお店もはいっています。
これがね、またすごく美味しかったのよ。
豆乳の濃厚クリームと自家製パンを重ねたショートケーキ。
次回は豆乳チーズケーキを狙っていくよ。
連続スイーツで、ビオでもヘルシーでも、もはや意味なし。
お庭もひろく、窓も大きく、バカンスなスタバ。きもちい。










a0028990_4211479.jpg世田谷のボロ市に寄りました。
去年の今ごろ、レコーディングスタジオにむかう最中に
やっていて、気になっていたものです。
一駅区間内の道にズラリと出店。
まるで蚤の市。
着物のブースが多かったので、
このあたりは呉服が栄えていたのかとめぐらす。
遅れてやってきた年末年始のような景気のよさが、
訪れた人々の、休み明けの腰の重たさをすこし和らげる。
行列という情報をたよりに、
焼き鳥などをちょこちょこつまむ。おいし〜。
減ってきているといわれますが、
地域の催事もいいね。

まっすぐ続く246を去る。
by akiha_10 | 2007-01-18 09:57 | Daily thinking
<< page a-18  色を、並べる。 page f-9  「リトル ... >>