<< page d-54    時... page d-52     時... >>

page d-53  時間差のパリ   8

a0028990_2111965.jpg







a0028990_2121366.jpg
















パリから郊外列車で20分くらいのところ、
Poissyにあるコルビュジェの建築を観に行く。
20分くらい、で着くはずが、
1時間くらいかかってしまったのは、
景色にうっとり、
あらあらうっかり、
枝分かれしているラインに気づかず、
何度も間違えて、列車で戻ったり乗ったりを繰り返してしまったため。
交通機関でこういうことは、よくあって、
基本的に上の空なんだよ、と指摘されたことがある。
そうそう、ちゃんと確認を怠らずにきちっときちっとやればいいことを、
これが、目的地に連れて行ってくれたらいいけどな〜
くらいに、確信ではなく期待で乗車しているところもあるかもしれんね。
間違ったら、あ、やっぱし間違い?正解はどれ?みたいな雰囲気よ。
と、あんまり正直に告白すると、旅に出してくれなくなるので、
きよつけるからね!ちゃんとします(敬礼)!








a0028990_213484.jpg












「明るい時間」との名称を持つサボア邸は
ル・コルビュジェの現代建築。
ポワシーの街並はパリとはまったくちがって、
生活らしい生活が見えるところ。
一軒家が連なるところも、パリではなかなか見られない光景。
バスを降りて、表示に導かれると、そこは大きな公園のようになっていて、
緑を贅沢に囲んで、そこにぽつんと、置かれたような、箱。まさに、箱のような建築。
中にはいると、さらに驚き続き。
外から見るよりとても広いのは、
どこにいても光が届いて、外とつながっている意識を絶やさないから。
窓が横長で、壁のごとく端から端まで窓なので、
自然の中に浮いているよう。
ここで生活したサボア家は、
どんな気分だったのかしら。


ここに訪れただれかが「ドラクエみたい」と言ったらしいけども、
扉をあけて、右やら左やら、
うろちょろして、のぞいたり戻ったり、
ここからここに出ちゃうの?きょろきょろ。
と、その動きは、まさにドラクエ。









a0028990_2145944.jpg


建築物は光が重要なので、
晴れたら行こうと計画していた今日、
幸運にも快晴。
ここは来れてよかった!
一番多く過ごすところ、日常、生活、環境の工夫。
その何気ない日常の、施しと、ささいな幸福感の連続が、
一番、贅沢なことだと思うのです。
by akiha_10 | 2006-12-20 01:40 | Daily thinking
<< page d-54    時... page d-52     時... >>