<< page d-33    つく... page t-43    T... >>

page t-44    Tool  mouth 5

フィレンツェからベネチアに行く列車、
座席予約がいらない列車だったので、ひろびろと座ることができた。
充分すぎるほどに太陽を吸収した車内、
しばらく経っても冷房の効きがいまいちで、窓を全開にした。
隣の席も、また隣の席も窓を開けていて、
びゅんびゅんと風を取り込みながら列車は走った。
決して心地よいとはいえない、
ぬるい風に顔をしかめながら、ケミィの首がこくっとおちる。
おそらくじっとりと背中を蒸らしながら。
起きた時に、うえっあついっ、ってなるよなるよ、
と思いながら窓の外をながめていた。
たまに登場するひまわり畑に、静かに心は踊るが、
薄情なことに見慣れてくると、
ずっと続く田舎道、黄土色と緑色…また黄土色と緑色……
ヒツジはおらんのかね、ウマはおらんのかね。
田舎道の癒しに満たされたら、次は次はと、欲は深まるばかり。
ファームのおじいさんとおばあさんの、
ハートフルストーリーでも捏造しないと眠ってしまいそうよ。





そういえば、ipodなんかを持っていることに気付いて、
すこし聴いてみようかという気になった。
やっぱりここはベタにニューシネマパラダイスよね。
実はわたしはそんなに音楽は聴かないのほうなのですが、
映画音楽は好きです。
自分の頭の中でイメージ映像をつくったり、
具体的に絵を書いてイメージを起こしたりして、
それに曲をつけることが
もともと好きだからかもしれません。
むかしは、自分の好きな映画のシーンをミュートにして、
自分だったらどんな音にするだろうと実験したりしていました。
でもだいたい、この場合、
聴いてしまったオリジナルの刷り込みの影響をどうしても受けてしまっている。
もともとあるものを変える作業は
とても大変だと思ったものです。







さすがに、ニューシネマパラダイスのメロディーは、
イタリアの田舎道に、
合いすぎて、合い過ぎて、
きれいすぎて、
あまりにも短絡的なのですが、
泣けてきます。






この時、はっきりしたのです。
さっきまで、ちょっと飽きていた田舎道も、
あっつい太陽も、むした車内も、
自分の心の中で、見方ひとつで、いいように調理されてしまうと、
それが何にも変えがたい、
偶然に寄せ集まった、すごくいいいものになる。
まるで裏表返したように、
まったく別のものになるのです。
止まらない駅を通りすぎる時、
動体視力がとらえた、ベンチに座るおじいさん、
普通に見たら、ただのおじいさん。
ひとたび心の色眼鏡でとらえると、
ハートフルストーリーに出てくる、
味あるおじいさんに大変身。
ぜんぶが、見方ひとつ、
すべてのドラマは心の中で起こっている。
ものすごく、鮮明に、実感として、稲妻がおちたように、
そう思ったのです。




綺麗な景色があるのではなく、
綺麗な音楽があるのではなく、
綺麗だと思う心があるのです。
















と、確かにはっきりとそう思ったのに、
書いてみるとなんだか、うんざりするほど優等生だな…
と思う自分が余計です。
純粋すぎる人はなんだか苦手だなぁとか言っているだけに、
自分のこわいほど純粋なところを見ると、ドキドキします。
無防備な純粋さは覆っておきたくなるのです。
人って所詮こんなもんよ、と期待せず斜に構えていたほうが、
楽なことはいっぱいあって、
それは衝撃を和らげるクッションであって、
重く傷付かないための、自己防衛だったりします。
人をすごく信用したり、近付きすぎると、
こわくなってきて、
ああ、ちかいちかい、と後ずさり。
ひとり好きなのは、
基本の状態を常に自覚しておきたいから、
さびしさを常に横に置いておきたいから。
弱さのあかしかもしれません。





そうして内側にのめりこむと、
最後に行き着くのは、決まって、
なんで生きているかという疑問であって(強引に中略)、
じっと見つめていると、
短い人生、楽しまにゃ損!
という気にしかなれなくなるのです。
もう、ほんと、切実に。






すべては心で起こっていると確信したいま、
ぜんぶ「楽しい」という味付けの
魔法をかけたらいいのではないかと、
そう言い聞かせるのですが。
それが、どうもうまくいかない時が、
あるのよね…。
塩やら醤油やらで辛くなったものに、
今さら砂糖はなかなか、きかない!
だって、さしすせそ。
てなかんじにね。




ヒントあふれる車内で、
手帳にいろいろと書いていたら、
ケミィは目を覚まし、
列車はベネチアに着いた様です。
ああ、そう、そう、イタリアやったよ。
どこよりもひろい心というスペースを彷徨い、
はっと我にもどる。











a0028990_2494285.jpg

楽しまなくちゃ損!
チーズがとろとろよ…
ふふふ
by akiha_10 | 2006-08-18 01:01 | Trunk
<< page d-33    つく... page t-43    T... >>