<< page a-11  そし... page m-8  マンスリ... >>

page t-28  フジ子に首ったけ

ケミィが冬のフジ子を見に行こう、と言ったので便乗させてもらった。a0028990_22123982.jpg
フジ子とは、ケミィ周辺が親しみを込めて呼ぶ、フジヤマの愛称です。
たとえばフランス語の「海」が女性名詞であるように、
フジヤマもでっかくすわっていて、
優しく民を見守る母のような出で立ちなので、
フジ太郎ではなく、フジ子なのです。
若干色気もあっていいでしょ?

ケミィは相当フジ子が好きらしく、
車で西に出かけるときにはフジ子チェックを欠かしません。
曇ってフジ子がぼやけていると真剣にがっかりしていて、
「そこまで?」とわたしはびっくりするのです。

その日はフジ子日和。
乾燥して澄みきった空にくっきり。
おまけに雪化粧のフジ子はいつもより綺麗だ。ケミィは感激している。
さらにスペシャルなことに、山中湖が氷っているのです!
すごーい、ちらほらスケーティングしてるよ、エターナルサンシャインだよ!
フジ子+湖面のセットは奇跡のようで、
今年のこの寒さはこたえたけれど、
それはそれで、ここでこんな表情が見れるのね、と嬉しくなりました。
フジ湖激写!



帰りに美味しい蕎麦もいただきました。a0028990_2219611.jpg
林の奥に佇む家で、ひっそり誠実に
お蕎麦と向き合っている印象を受けました。
蕎麦茶をすするなり、「あ、ここ美味しいよ」とケミィが言った通り、
まず「水」が美味しいと思われます。
蕎麦粉100%の「田舎せいろ」も試しました。
なんというコシと香ばしさ。
わたしは、こなこな、もそもそ歓迎なので、
つなぎなしの十割蕎麦は得意なのですが、
あまり得意でない方でもツルツルいける絶妙加減。
まるで林の中の蕎麦アトリエ、「蕎林」で頂きました。





アトリエといえば。
去年の北欧の旅で撮った写真を「Andante」としてギャラリーに載せたよ。
無理なくクリエイティブで、工夫上手な北欧の暮らし、そこに居る優しい人々。

それから、またまたお手数ですが、
HPがhttp://a-curieux.com/に引越しました。
今までequinoxの一室を借りていたのですが、
一人暮らしになったのよ、でも今まで通りよ。
たまに遊びにきてね。
by akiha_10 | 2006-01-29 22:24 | Trunk
<< page a-11  そし... page m-8  マンスリ... >>