<< page t-27 帰福でも... page d-25  そして... >>

page t-26 帰福でもらいもの(前)

あけましておめでとうございます、a0028990_1683632.jpg
にもそろそろ飽きてきたころ、
例のめんどいマンが異常繁殖するのです。
「日常」にリカバる作業が、ほんっとおっくうよねぇ。
年末に考えるのです。
これから待っている、明るいぐうたらの未来の、さらに先には、
そこから這い上がる、あの、どんより憂鬱が待っている。
旅の準備の際には旅の後片付けを思い、
金曜の夜には日曜の夕方を思い、
祭りの準備の際には祭りの後を思い。
あの独特なギャップを埋める作業があるくらいなら、
あまりリズムが壊さないほうがいいのでは、、、とか。
そんなふうに思い悩むのも束の間、
なんの抵抗もなく餅のようにのびていたよ。
先生はよく言っていました、人間堕ちるのは速いと。




年末は二年ぶりに福岡に行きました。a0028990_15562742.jpg
初日から地元の友達と会って、
久々のあまりの喋りの速さにのまれていました。
みんなあんまり人の話は聞かないし、重ね重ね喋るし、ノリがよすぎるしで、
参戦するタイミングをはかっている間に
「なん都会人ぶっとんかちゃ」とかダメだされ
久し振りの登場なのに…、あんまり喋らせてくれない…。
でも、お腹が痛いくらいに、笑った笑った。





笑いすぎてものもらいができる。

とんだもんをもらってしまった!
翌日、目のあたりが重いと思ったら、片目がお岩さんやないか!
ああ。最悪だよ、と思いながら、
小倉の眼科で薬をもらうが、なんのやる気も起きない。
試しに眼帯なんかつけてみる。これじゃ怪しい海賊や…!はずす。
片目のずっしりは心まで重くする。
自分を励ますためにシロヤに行く。
小倉のシロヤパン、すごく美味しくて、
しかもおひとつ60円とかなので、大人買いができるの!
パンで得られる満足感が人の30倍くらいあってよかった。
好きなだけ買って堪能して、いくらかテンションも持ちなおしました。

その日は幼馴染みのぐまちゃん実家にお泊まりさせていただく事になっていて
「お岩さんやけど、いれてくれる?」とメールしました。
ぐまちゃんもぐママも「あんまり変わらんよ」と励ましてくれ、
それもどうよ、と思いながら、
いかに自分の変化には自分だけが敏感であるかを確認するのです。
よく友人も言っていました。今日ぜったいわたしむくんでるぅ!
そんな時は大抵「あんまり変わらんよ」とたしかに思うのです。



変化に敏感であれ。
ことしもよろしくね。
by akiha_10 | 2006-01-08 16:14 | Trunk
<< page t-27 帰福でも... page d-25  そして... >>