<< page t-18 週刊 北欧① page i-11  一目惚れくま >>

page t-17 旅に心は奪われて

おくればせながら、夏旅行の写真作品「sortie tot exit」をgarallyに載せました。
フランス語の出口から英語の出口へ、
つまりはパリからロンドン、また逆方向もあり。
ものつくり集団equinoxの伊織さんとつくっています。
音つきが断然おすすめ。時間のある時に遊んでみてね。

そして。
懲りずにまたもや!旅するわたし。
音楽も一段落しましたし、
そこにはデザインとかテキスタイルとか、気になるものが詰まっているし、
時間の流れ方とか、スロー、じゃなくてフローライフとかどんなかな、って思うし
そうそう、好奇心も鮮度があるうちじゃないとダメだと思うし。

とまあ、欲張りフォローの言い訳をするより
旅に理由なんてないわ、とスナフキンスピリッツにならうのが今の気分です。
行けるうちに、やれるうちに、興味のあるうちにね。

おひとりさま旅行は、潔く投資するわりに、
精神的にはどんどんストイックになっていくので
(時に、考えすぎてしまう)、なかなか困りもの。
だけど、やめられないのは、なぜかね。


なによりも、安全を祈りながら。
自由な時間とまわりの人に感謝。
また10月に。


a0028990_0125613.jpg
旅の予習film
「エヴァとステファンとすてきな家族」
ノーテンンキなタイトルにしては奥がある作品。
「キッチンストーリー」
ほんわりした気持になれるよ。
by akiha_10 | 2005-09-20 23:18 | Trunk
<< page t-18 週刊 北欧① page i-11  一目惚れくま >>