<< page m-4   マンスリ... page s-15 ぐまちゃ... >>

page d-22   幸せフリージング

今わたし、しあわせ!a0028990_1364982.jpg
という実感が、そこに在る時間って、
ほんの数分、いや数秒な気がします。
ほんわかした幸せは持続性があるんだけど、、
ピンと張った幸せ(至福というのか?)は
ほんとに一瞬で散ってしまう。
これこれ!と一番リアルな瞬間に
その感情を特殊フリーズドライ製法で
凍らせておけないかな、と思うのです。
それで、どうしようもなく気がのらない時に、
じわじわ解凍するんです。
それができたら、すごく頼りになるよ。



私の幸せの原料は、今のところ
すてき!かわいい!おいしい!おかしい!じゃないかと思います。
いずれかの感情に出会えたら、その日は充実した気になれます。
たまに、何もせず、何にも頼らず、ぼーっとしているだけで
ほんわか幸せだという菩薩のような日もあるのだけど、それはまだ稀です。
なんでもいいのです。
ちょっと時計屋をのぞくとか、コンビニスイーツをちびちび食べるとか、
四大原料は、時々意識しないと手にはいらないものだったりします。

四大原料のすべてをふんだんに使った、マックス至福とはどのような状態か、
くだらない想像にふける私。
そう、想像するときは、せっかく頭を使うのだから可能な限り、リッチに非現実なのが夢心地。
宝くじがあたった、とかさ、無駄であっても皮算用的な想像はわくわくするもんね。

えっと、わたしは、
水面きらきらなベネチアの運河に揺られて、(すてき)
クロエかなんかのワンピースを着てて(かわいい)
ゴンドラの上で迷惑にもチーズフォンデュを楽しんだ後、ぜんざいを食べ(おいしい)
船漕ぎがカンツォーネを唄う間に顔芸とかを小出ししてくれて、
うひゃひゃと笑わかせてくれれば(おかしい)
もう、これマックス至福です。
万が一、ゴンドラが転覆しても、わたし、寒天にぎって笑っているわ…。

と、思い描いてみました。(はげしく空想癖。)
でも、こういうのは実際叶っても、
期待通りの幸せを感じるのか、あ、そう。という感じなのか、
こればっかりは、わからなかったりするものです。

もしかしたら、つい2分前くらいに上の段落を書きながらにやけている瞬間が、
けっこうリアルでな、確かにそこに在るわくわくというものかもしれません。
幸せとおぼしきものは、いちいち噛み締めないと、氷らせる前に、ついつい逃してしまいますね。


a0028990_1433873.jpg





今日は制作中の楽曲の弦のレコーディングがあって、
楽しみにしていただけに、しあわせな一時でした。
この瞬間の音色は、CDにリアルに氷らせていれてます。うふふ。
by akiha_10 | 2005-09-15 01:50 | Daily thinking
<< page m-4   マンスリ... page s-15 ぐまちゃ... >>