<< page f-3 「靴に恋して」 page d-18  お茶癖 >>

page t-15   街くらべ 代々木上原〜八幡

旅行が好きな主な理由の一つは、街への興味です。a0028990_0575758.jpg
どんな建物があって、どう道が続いており、どんな匂いがするのか。
そこで、人々が何を着て、何を食べ、どんな暮らしをしているのか。

印象的な街のひとつにアッシジがあります。
イタリア中部にあるアッシジは人口800人の小さな街なんだけども、
お菓子のディスプレイなどとても素敵で印象的。
建物なんかも、ちょっと小さめで、
建物にトンネルがあったり、素朴なおとぎの国。
お菓子屋さんでは、店主とお客のおばちゃんが
「なんちゃらッテイーノッ!ボーノボーノ!」
みたいな、たわいのない?会話をしていて、ほんわかするのです。

街くらべというと国外に目がいきがちですが、
東京も、かなりおもしろいところだと思うのね。
中目黒、恵比寿、六本木、広尾、渋谷、原宿…と
実際は近接しているにも関わらず、それぞれ色を持っている不思議なとこ。
そりゃね、イタリア人留学生のベルナッチョが
「トーキョ、エキサーイティングデスネェ」ってゆうのも分かるよ。
そこで、わたしがローマの石畳を羨ましがったら
「ローマ?フン、ツマラナイネ、フルクサイネ。アタマカタイネ。」とおっしゃる。
規制されたクラシカルな街並も、建て放題の目まぐるしい都市も、
互いに、青くまぶしい隣の芝生っていうやつですな。

代々木上原から八幡にかけて、おもしろいなと思っています。a0028990_0584374.jpg
ウロウロしていると、気になるお店を発見できたりして。
こないだは、古本屋を見つけました。古本屋は匂いがいい。
活字は眠気との戦いなので、そんなに量は読めないくせに
お手頃価格のためついつい買ってしまう。
そして、そのまま時は過ぎ、忘れた頃にひょっこり現われ、
勉強や大掃除の邪魔をするのです。
そのほか、陶器屋さんや布屋さんもあって、ワクワクします。
「お茶」するところも、たくさんあるし。



そんな素敵な街ではありますが、ここら辺は道が狭く視界が悪いうえ、
交通量が多く、チャリでとばすとヒヤリハットに何度も遭遇します。
(※ヒヤっとしてハッとするの意。自動車免許更新の講習で習得した言葉を早速拝借)
気をつけなきゃ。
ところでヒヤリハットって言葉、なんかいいよね。使いたくなるよね。
熱冷まシートの類似品みたいな、熱を下げてくれるヒンヤリした帽子みたいな…。

ちょうど風邪をひいていて、熱冷まシートにお世話になってたとこ。
ヒヤリハットもあったら、かわいいのにねぇ。
かぶって寝たら、元気になりそう。
by akiha_10 | 2005-07-08 01:15 | Trunk
<< page f-3 「靴に恋して」 page d-18  お茶癖 >>