<< page d-17   200... page f-2 「ライフ ... >>

page d-16  デパ地下 右往左往

あの味、再び。a0028990_22555815.jpg
NYで食したドーナッツプラントが
デパ地下にはいったらしい。
なかなか白金の路面店に行く機会がないので、
今回NYから御無沙汰ぶり。

食の宝箱の中を右往左往。
広い店内の中、あったよプラント。
あら、なんか、おしゃれね。
あの、職人の匂いがプンプンするNY本店が印象的で。
つくる作業は、ほんとは地味ぃ〜で孤独で、
時にはひたすら単調なのかもね。
最後の最後で華やかになるのかもね。
ルイヴィトンが、もとは荷造り用の木箱職人であったことを思い出す。

キャラメルコーティングやラズベリーコーティングなど、
とってもアメリカンなテイストだけど、
生地はシンプルでモチモチしているから、相変わらずペロリなのです。

しかしデパ地下は本当に楽しいね。でも同時にモヤモヤっとしたりもするのね。
わたしの葛藤が分りやすく出る場所。
ケーキだけでもこんなにあるし、鮮やかなお惣菜も半端ない。
色も綺麗、パケージや包装ももはやデザイン美の域。
選ぶの好き。うっとりするものに囲まれるの、何と言われようが大好き。

だけど、こんなに食「物」が隙間なくあると、
埋め立てられたように感じたりもする。
なんかが下に埋められて、もうすっかり見えないの。感じないの。
さらに、溢れ出たものがどこに行っているのかを考えると、なんだかなーと思う。
決してエコイストとはいえない私が言うのは無責任なんだけどさ。
この時代の、この日本に生まれたのも、なにかの御縁だと思って、
あるうちは楽しんでいいのかなと居直るところが、やっぱりエゴイスト。

度々、葛藤について書いてしまう。
「物とのつきあい方」は、ずっとテーマなのかもしれません。
ちっちゃいうりゅーが、今日も車座になって座談会。
かわいい!ほしいほしい!
本当にいりますか?ずっと使いますか?結局消耗品ですよ?
いーじゃんいーじゃん、衝動買いもいーじゃんか。

プリティウーマンの買い方を夢見ながら、
実際叶ったら、ほんの少し疑問がまじるんだろうな。
そんな自分を右往左往。
めんどくさい性格だな、わたし。
by akiha_10 | 2005-06-04 23:04 | Daily thinking
<< page d-17   200... page f-2 「ライフ ... >>