<< page d-15  フロー... page t-13   藍より... >>

page t-14  藍より青し(下)

えいやっ。a0028990_2005773.jpg
南国の空を舞ってみる。
かの宇宙飛行士も言ったように、地球は青いことを今さら実感。
海も青いし、空も青いし。
地球は主に青で構成されているのね?創ったお方は青がお好き?
のわりに、青い食べ物は少ないねぇ。どうして?
だいたいブルーハワイなんて、なんの味だか分からんしね。
今一瞬地球に強烈に興味が湧いたので、
この想いが継続していれば近所の図書館で勉強しよっと。
そういえば、写真の上の雲、イルカさんみたいじゃありません?
オプションのイルカウォッチングで不在だったイルカが、
ここに現れたか。



今回の旅はアップダウンが激しい。
きっと身体がびっくりよ。
昨日深海に潜ったかと思えば、今日には雲の上だ。
魚気分も鳥気分も味わおうなんて強欲なやつだ。

乗り物好きなので、飛行機も例外ではなく。
でも揺れはあんまり好まない。
「ライト兄弟に感謝します。だけどね、まじでね、くれぐれも安全飛行でお願いしますよ」
と、コップから跳ねあがる飲み物を手でおさえながら祈る。
大胆で小心者なので、旅中の私の心のアップダウンは激しい。
だからクセになるのだけど。

離陸の際、気圧が変わると耳がキーンとなるでしょ。
それで、耳を外の気圧に合わせるために欠伸とかするわけよ。
深海でも同じで、深いところに行くと、いわゆる「耳ぬき」をしないといけません。
水中では欠伸が出来ないから、私の場合ぐっと唾を飲みます。
海でも耳キーン、空でも耳キーン、耳もびっくりよ。

a0028990_2025878.jpg


無事に「潜ってもいいよライセンス」を取得したので、
時間のある時に海比べもしていければいいね。
本来在るもので、まだ見えていないものは、私をドキドキさせる。

ベーグルをかじって、境界が曖昧な海と空の青さを眺める。
それらに続く次の空海を目に浮かべながら。
by akiha_10 | 2005-05-19 20:22 | Trunk
<< page d-15  フロー... page t-13   藍より... >>