<< ニューヨークジャーナル 158 page d-278     ... >>

ニューヨークジャーナル 157

ご縁があって、NYで活躍する少年少女合唱団YPCが唄う日本語歌唱指導のお手伝いをさせていただきました。
a0028990_22244439.jpg


YPCは1988年に創立され海外ツアーなども盛んに行い、そのユニークなプログラムが注目され「NY市の宝物」とも評されているコーラス団体です。わたしもはじめて拝見した時には、世界中の音楽や民俗音楽を声だけで表現するといった芸術性、実験性の高い試みにも惹かれましたが、なによりも子どもたちの純粋なパワー、意気込み、音楽のすばらしさに、理屈なしにぽろぽろと涙を流してしまいました。


今YPCはアジアツアーに出ていますが7月29日(月)、19時から新宿文化センター大ホールで開催される日本公演のチケットがまだあるそうです。当日券(4000円)でも買えますが、お取置き(3000円)の予約もお電話でできるそうです。日が迫っているのでお電話での受付は今週日曜くらいまでのようです。ぜひニューヨーカー中高生のパワーをご覧下さい!

https://sites.google.com/site/ypcofnycjapan2013/-ri-ben-gong-yanno-ri-cheng/xin-su-wen-huasentanoo-shenshi-ruminitsuite



わたしも中学時代は合唱部に所属していました。朝練や放課後の練習も体育会系並で、全国大会に出場したりと、唄と共に青春を過ごしました。きっとその時の自分とも重なって、こう、ぐっとくるのでしょうね。年齢を重ねて涙もろくなるのは、本や映画、芝居や音楽を観劇する際、自分の体感した感情と結びつく映像(経験)がそれだけ蓄積されていくからなのでしょう。さらに、年齢と共に許せることが増えたり、愛情の形が増えて深くなることも手伝って、もうなにを見ても、いいなぁ、ってなるのでしょうね。って、まだわたしはそこに行き着くには倍の歳月をかけてもいいと思うけども。



今回NYの子どもたちと触れ合って、わたしは子どもや、教えることが、とても好きだなぁと改めて思いました。学生時代から家庭教師もやっていましたが、いつも指導後に元気をもらっていた。去年は元生徒さんがNYに会いに来てくれたのですが、これが先生冥利に尽きるということか!と嬉しかったです。

NYの練習スタジオにて。日本語曲の練習で「ふるさと」の唄の指導になって「ふるさとはHometownだよ、みんなもあるでしょ〜ふるさと」と聞いたときに、みんなが口を揃えて「Here!」「NY.....」と返してきたのが印象的。そう、この合唱団のほとんどのメンバーが生まれも育ちもNY市という、リアルニューヨーカーなのだ。

a0028990_22405499.jpg


















「お、お、おっけい…」と後ずさりしながら、その瞬間わたしは、NYのアッパーウエストにある練習場のスタジオからピンっと指で地球議上に弾き出されて、でっかいアメリカ大陸から東の果てのかわいらしい島国、にっぽんの東京に「あ〜れ〜」と飛ばされて、さらにピンっと、関門海峡にパシャーっと打ち付ける波を越えて北九州に弾き飛ばされるアニメーションを脳裏に見た。この子たち、わたしが経てきた九州の田舎娘”上京物語”も、にっぽん女子”単身ニューヨーク物語”も、この年にしてすべて、なんなく飛び越えているんだわっ!!な、なにこのクール感!!と感慨深く思うと同時に、人生はすべて経験と思えば、そんなひとつひとつのドラマも、キャーもワーも、田舎者のわたしも愛おしく思えてきた。(負け惜しみかなぁ?)

話は逸れますが、NYにいるアメリカ人の中でもオハイオだとかミネソタから来た田舎から来た者ほどミーハーで、いかにもNY的なことに興味があったり、お洒落であったり、色々と成し遂げちゃったりする印象にある。NY市にこれほど近いのに、”田舎”の揶揄の定番であるニュージャージー州出身のアーティストもしかり。地方からわざわざ住みにくい都会に来るというステップには目的意識も必須になるし、コンプレックスから来る情熱や野心もついてくる。これは、上京してまずはじめに思った、地方出身者のほうがよりミーハーで東京に詳しく、めきめきと何かに目覚めて◯◯デビューしていくのに対し、東京出身者の多くがなにかとクールで動じない、という印象とまったく同じだ。生まれも育ちも千駄ヶ谷の友人が大学時代「裏原ってなに?行ったことない」と言っていたその余裕に完敗した事を思い出す。同じ場所に行き着くとしても、その過程において真のシティボーイ/ガールはギラギラせずともスマートにやってのけるのだ。


ニューヨークの若者のパワーとその音楽に触れることができた機会に感謝します。ぜひ生のパワーに触れてみてくださいね。
by akiha_10 | 2013-07-26 23:02 | NY Journal
<< ニューヨークジャーナル 158 page d-278     ... >>