<< page t-166   ... ニューヨークジャーナル 144 >>

ニューヨークジャーナル 145

a0028990_4555387.jpg

毎週土日にやっているブルックリンのフリーマーケットに行ってまいりました。
この時期野外でやるのは寒いため、屋内でやっております。



ブルックリンに行くと急に街行く人のお洒落度があがります。ある一定方向の「ブルックリンスタイル」を装う群衆が集っているため、それはもはや没個性でお洒落とは言えないのでは?と言う方もいるとかいないとか。

ブルックリンのお洒落さんのことを度々「ヒップスター」というのですが、ヒップスターを構成する要素としては、「古着、ニット帽、分厚いヴィンテージサングラス、ハット、オーガニック、ポマードリーゼントまたは七三の髪型(男性)、普段着でもお洒落タイまたは蝶ネクタイ、ペタンコ靴、真っ赤なリップ」のような雰囲気です。


この演出的なお洒落は、個人的には下北沢、すこし大人っぽく洗練されると中目黒あたりに近いものを感じています。重ね着をし工夫をしたり、女性ヒップスターの場合、セクシーよりキュート、着崩して中性的な恰好をする方もおおいので、このお洒落の方向性は日本の感覚からすると親しみやすく感じます。わたしも好きです。


a0028990_4525734.jpga0028990_4533638.jpg












会場食べ物コーナーでは日本食が大注目されておりました。
ライス&ミソ エヴリデイさんと ユージ ラーメンさん。
どちらも食させていただきましたが、ソウルフードでした。
ラーメンにムール貝とは洒落てたよ。







a0028990_4542987.jpg
かわいい生地を発見!!
綺麗な生地を見たら、どうするかはさて置き、とりあえず我がものにしたい衝動にかられてしまう。色使いと織の細かさ、素敵な生地です。うれしいうれしい!

クッションカバーかな?

バッグかな?











a0028990_4551637.jpgメトロポリタン美術館でDJ SPOOKYのパフォーマンス×映像上映の機会があったので行ってみました。DJと美術館、という取合せにクラブなの?美術館なの?とドレスコード迷走。どんな空気でも対応できるようクラッシィ・スラティー(上品でやや猥雑)でのぞんでみました。METにはこじんまりとしたコンサートホールがあり、そこで開催。「DJ」のほうにフォーカスした若い層と、「美術館」のほうにフォーカスしたインテリ大人、どっちつかずのクラッシィ・スラティーが混じりあい、この客層こそが面白かった。クラブ音楽と弦カルテットの生演奏、社会問題を問いただす映像を見ながら、そのうち大統領演説がラップになるんじゃないか、なんて思いながら鑑賞。なんでもミックス、その試みはNY的。
by akiha_10 | 2013-01-26 05:04 | NY Journal
<< page t-166   ... ニューヨークジャーナル 144 >>