<< page t-12 香港をくい... page t-10 香港を食い... >>

page t-11 香港を食いつくせ その2

やっぱりアジアンスイーツ。
とにかくマンゴー!

足早に駆け込んだ「糖朝」本店。
やっぱり基本は、おさえとかなね。
やはり名店、なんとも活気がある。
自分でメニューリストに印をつけるシステムは、本店オリジナルだったのね。
どれも、おいしそう…
相変わらず優柔不断にさせるラインナップに悩みながら、ふといろいろなことが思い出された。

何年か前、「糖朝」が青山に初上陸したとき、行列を避けて平日に行ったことがある。
偶然グルメ番組の収録をやっていたのだが、私達のテーブルの側にテレビの撮影隊がやってきて、
かなり近くで「食べている様子」を撮られた。
普段食べている時って、隙だらけのよう気がする。リラックスしてるからね。
意識するとぎこちなくって、いつもの3分の1のおちょぼ口で飯を運んだ。
わざとらしく頷いてみたり。
「普通に食べて下さい」とか言われる。無駄な小芝居はいらなかったようだ。
あれはお茶の間に流れたのか。いや、カットね。

どん。
大きなマンゴー豆腐花がテーブルに置かれる音で頭が香港に戻った。a0028990_14504194.jpg
煙がモクモクしている演出も(ドライアイス?)、豪華に見えてよい。
「ようこそ香港」みたいなかんじでね。
豆腐花もマンゴープリンも美味しいのだけど、
実はここの胡桃汁粉が好きな私。
やっぱり和風甘味系の近くにいるやつが好きなのかしら。
はじめの一口にサプライズはないんだけど、飲めば飲むほど味わい深いのです。
白玉をトッピングすると、さらによし。


なんといっても本日はスイーツの日。a0028990_1451312.jpg
お茶で少し胃を休めよう。
そうそうレストランで必ず運ばれるお茶が、ほんとに美味しかった。
プーアルやジャスミンは食事とよく合っていて、
ここならお酒もあまり欲さないのかなと思った。


マンゴースペシャルという皿には
マンゴーフルーツ、マンゴープリン、マンゴーアイス、ココナッツアイスa0028990_1452538.jpg
それに美容効果抜群と言われる(またもや気休め)ツバメの巣が夢の共演。
スペシャルスイーツも、ここ香港ではスペシャルプライス。

いわゆるデパートの地下のフードコートをまわってみたが、
これがまた普通に美味しそうじゃないか。
食いつくすなんて、あまいね…
友人と降参を認めながらマンゴータピオカをすする。
ストローの先でタピオカを狙いながら。


その晩、足ツボマッサージで「胃のツボ」で滲む汗に耐える。
リラックスとは無縁のがまん大会。東洋医学は正直なのだ。
次回、香港ナイトのラストスパート。
by akiha_10 | 2005-02-22 15:08 | Trunk
<< page t-12 香港をくい... page t-10 香港を食い... >>