<< ニューヨークジャーナル 123 ニューヨークジャーナル 121 >>

ニューヨークジャーナル 122

a0028990_820584.jpg

今日は大好きなお店について。
ここに寄ってしまうと必ずなにか買ってしまうので出来るだけ寄り付かないようにしてるのだが、
やめられないお店Pippin Vintage Jewelry



おそらく洋服の無頓着を課されて、魔女見習いキキみたいに毎日黒スモックになってもさして厭わないだろうが小物やジェリーがなくなると思うとどうもしゅんと哀しい気分になる。仮に美しいシューズやバッグの収集をも削ぎ落とせたとしても、最後に残る趣味はジェエリーだと思う。

女性としては本物の美しいもの身につけることはいつでも目標ですが、なにも高価でなくても自分にとって効果があればよい、つまり好きなものを身につけてわくわくできたり、リラックスや自信、という「効果」があればいいと思う。
a0028990_821294.jpg



a0028990_8214553.jpg














好きなものを集めて気がつけばキラキラしたものが集まってきた。
20年代〜50年代のヴィンテージが好きで、クリスタルやラインストーンのものが好き。
ちょっと前に観に行った1953年のフランス映画「THE EARRINGS OF MADAME DE... 」(「たそがれの女心」この邦題は的を射ている)を観に行くのにこれらのジェエリーを身につけていくのはぴったりだった。クローゼットの贅沢な装飾品をたどるパリの貴婦人の手先を追うカメラワークや、マダムの身のこなし、「好き→執着」が心を破滅させることもさもありなんという皮肉な教訓を交えながらも、よき時代のヨーロッパエレガンスを魅せてくれて終始うっとりしてしまった。女性の美しさと愚かさと、狡賢さとかわいらしさ。女ってそういうところがあるある!と思わせてくれる映画でした。




もうひとつ最近の出会いはJoanna Loucaのバッグ。地中海の島、キプロス共和国のバッグブランドだそうです。何色もの組み合わせで織ったファブリックが好きで、これは!!と迷いなく購入してしまいました。NYバッグブランドのLorenza Gandagliaの手編みのバッグも大好きです。
a0028990_8225154.jpg












そういえば1stアルバム「キャメレオン」のジャケットのキャメレオンくんも、このように糸を織った生地で製作されています。usagiuma(page i-8)作家のキョウコさんは当時生地を織るところから作品を製作していらっしゃって、ブティックで一目惚れしたわたしはキャメレオンくんを創ってもらえないかと連絡を取ってみたのでした。実は二年前くらいに、イタリアに帰省(旦那様がイタリア人)するキョウコさんにヨーロッパ便でばったりお会いしたという後日談あり!ばったり多し!





ちなみにわたしのキャラクター、クロワさんぬいぐるみを創ってくださったPretzelの貝戸さんは数年のルーマニアの旅から日本に戻られたようです。やつはNYでも元気!
a0028990_829462.jpg
by akiha_10 | 2012-09-30 08:35 | NY Journal
<< ニューヨークジャーナル 123 ニューヨークジャーナル 121 >>