<< ニューヨークジャーナル 102 ニューヨークジャーナル 100 >>

ニューヨークジャーナル 101

a0028990_455499.jpg

今日のNYは30度近くあって、夏ってこんなんだったなぁと思い出す。
エースホテルの前を通ったのでクールダウンだ。
隣に座っているマイクのおすすめ、
ファンシーなジンジャエールで火照りを冷ましている。

今週末の天気は完璧だったので、癒しのセントラルパークで芝生の上に寝っころがっていた。
相変わらず陽射しを吸収しやすいわたしは、夏が来る前にバカンス色に焦げている。
話によると、NYの紫外線は日本の7倍らしい。
NYで1時間陽にあたるのは、日本で7時間陽にあたることと一緒。
毎日最低でも3時間くらいは外を歩いていることを考えると、
×7で、ほぼ一日中太陽にあたっているということ??
それは黒くなるね。一応塗っているんだけどね。
陽射しの強烈さゆえ、東京ではファッション半分のサングラスも医療目的に必要。
本当に目がやられてしまうらしい。
なんだか痛いもの、こちらの太陽。

a0028990_4563035.jpg




AVENUE Cにあるライヴハウス(といっても50人くらい収容の部屋みたいなところ)
にサクスフォン5重奏を聴きいった。
ほぼ即興。
自然にある音をサックスで表現してみたり、笛のような響きで古代音楽を彷彿とさせてみたり、
不協和音の連続であまりに先駆的だったので、誘ってくれた友人に
「これとこれは好きだったけど、全体的にちょっと難しかったな〜」と正直言ってみた。
日頃弁護士という職業で鍛えている雄弁さで、
これがいかにすばらしいかを、やや加熱気味に語られ説得され圧倒される。
「I disagree(僕は違うと思うよ)」が口癖の彼の、
「何が良かった点で何が難しかった点か言ってくれる?」というあまりにもロジカルな話の進め方に
愉しさ半分、すこしばかりくたびれてしまうのであった。つくづく弁護士は彼の天職だ。
来週には坂本龍一教授がここでパフォーマンスするらしいので、行ってみようと思う。




MOMAにシンディ・シャーマンの展示を観に行く。
奇妙なものが好きなので、時間を忘れて熱中してしまったけども
訴求力が強過ぎて目も心も疲れ果ててしまい、
モネの階に降りて、巨大睡蓮の前にしばらく座って気持の中和が必要だった。
なんと鎮静効果があるのだろうと、モネを前にして思う。


ブロードウェイのジャージーボーイズ。
60年代のロックグループ、フォー・シーズンズの結成から軋轢、ソロ活動に至るまでの
ドキュメンタリーミュージカル。
彼らのロックというべきか?ダンディズムなコーラスワークの音楽が散りばめられていた。
アイラーヴューベーイベ、であまりにも有名なCan't Take My Eyes Off Youも熱唱。






a0028990_457975.jpg

先月は震災支援金を集めるお洋服のイベントがあった。
NYで活躍しているデザイナーがお洋服を通常より安価で提供して販売、収益を復興に役立てるというもの。
フィリップリムを二枚買った。
最近フィリップリムが好き。



団子作戦決行から数日。その後我が家にゴキブリは不在。
ふふ、ふふふふふ。
by akiha_10 | 2012-04-17 05:02 | NY Journal
<< ニューヨークジャーナル 102 ニューヨークジャーナル 100 >>