<< ニューヨークジャーナル 98 ニューヨークジャーナル 96 >>

ニューヨークジャーナル 97

a0028990_6381537.jpg

マンハッタンのど真ん中にあるにも関わらず、
夕暮れから夜にかけてのブライアントパークは都会のオアシス。
人の少ない時は特に、それは周囲の街の喧噪を透明な壁でバリアした静けさに、
まるでぽこっと置いてみたかのような公園で、好きな場所のひとつです。
空気が乾燥して冷たい日はさらにいい。

エンパイアステイトビルはじめ周りにそびえ立つビルが、
いつも霧がかって見える青白いライティングに包まれたパークを見守り
堂々とした佇まいで建つニューヨーク市立図書館がインテリジェンスな空気を演出している。
その気になってジャケット写真きどりなのだ。

a0028990_6355420.jpg

今日こそ少し冷えが戻ってきたがここ数日のNYは初夏の陽気でわたしは半袖で歩いていた。
スプリングコートがいらないNY、なぜなら春がないからである。
昨日ダウンを着ていたのに、今日は半袖、昨日はUGGで、今日はビーサンなのだ。
去年もそうだったがこの時期から、冬の間沈黙していたブライアントパークも毎夜毎夜賑わってくる。

薄手の春コートはデザイン的には一番可愛いのに、
日本でも、買っても気温17℃〜22℃あたりの二週間くらいがベストシーズンの贅沢品。
NYはさらに使う日がない。NYは人のみならず気温すらYesかNoなのである。
だから圧縮袋から案外かさばるお気に入りのマッキントッシュ的なコートを省いたのは
我ながら賢明な決断だったと思う。


NYに訪問していた父がつい先日帰国。
観光にしてはたっぷりとした日程で、久しぶりに非現実の旅に羽を伸ばし心身ともに緩まったのか
どういうわけか父は半分くらいの時間を居眠りにあてていた(笑)
「寝ーよーくだ!」とつまらない正真正銘の「おやじ」ギャグは適当にスルーさせていただき、
わたしものんびりと、改めて父と観光地を周りとても楽しかった。

a0028990_6364697.jpg

メトロポリタンやMOMAにも久しぶりに再訪。
フェルトを織った素敵なヒラヒラ椅子の美しいデザイン。
ご存知ダリ「照らし出された快楽」、コラージュ作品。セクションごとにストーリーがあって好き。

モネの壁一面に広がる巨大「睡蓮」を見て、このモチーフを生地にできないかなぁ、と思った。
ミナ・ペルホネンのプリントが近いと思うのだけど。絵画のような服を着てみたい。

好きな画家のひとり、フランス画家、バルテュス。
彼は自身の作品がシュールレアリスムであることを否定しているのですが(どこにも属さず孤高である)、
鑑賞するものに言葉選びをする自由があるならば
超現実という古典的なシュールレアリスムの意味ではなく、
普段わたしが口語で使う、和製英語的意味で彼の作品は「シュール」。
彼の奥様は日本の方なんですよね。
作品によっては女性の顔に引目鉤鼻を彷彿とさせる描写があって若干のジャポニズムも感じさせます。

よく彼の作品では「少女」が題材になり、
一瞥すると挑発的でエロティックと解釈できるものも多いのですが、
「不思議の国のアリス」を書いたルイス・キャロルや、少女がいつも主人公になる世界的アニメ映画然り、
特別「少女」にインスパイアされる男性アーティストは少なくないように思います。
無垢、中性的、処女性というあらゆる面で絶対的に神秘、
表現のメタファーとしてはかっこうなのでしょう。
創造の源が時に作家自身の本能的な嗜好に結びつけて推測されがちですが、
もちろんそれはあまりにも短絡的な想像だといえる一方で、
しかし正直、ものづくりとは、無意識、意識に関わらず
深層のエロスやタナトスと切っても切り離せないのは当然だと思ったりもします。
by akiha_10 | 2012-03-25 07:13 | NY Journal
<< ニューヨークジャーナル 98 ニューヨークジャーナル 96 >>