<< ニューヨークジャーナル 94 ニューヨークジャーナル 93 >>

page d-272          メリークリスマース!

ロックフェラーのスケートリンクに想いを馳せて。
a0028990_19473397.jpg


帰国し、会いたい人にあって、読みたいものを読んで、観たいものを観て、
日本でしたい10のこと、と残念な邦題にありそうなリストアップに線を引きながら、
期間というものがあると人はどうして
こうもいとおしく時間を取り扱うことができるのだろうと思う。

時にライフラインでもあり感動的なまで有益に働く「情報」ですが、
ほとんどの場合が時間泥棒でもある情報を実を言うならばまったく遮断してしまって、
エンシェントな時間にどっぷりと浸かりたいという衝動に駆られることがあります。
(勝手にすれば、という話なのですが)
しかしながら、あらゆるものから解放されたいと田舎暮らしをするものの、
それすらライフスタイルとして公表せずにはいられない人の顕示欲というか
前向きに言うならば表現欲を目の当たりにすると、
人間って、そして誰よりわたしって、超めんどくさいなと思わずにはいられません。矛盾だらけやねぇ。






a0028990_19514819.jpg

代官山に突如ででんと現れたTSUTAYAに度肝を抜かれました。底力結集。

久々にジェルネイル。
技術の高さは世界に誇れるものだと確信した日本ネイルの精巧さ。
今のところNYで何度かトライしたジェルネイルは大満足とは言えず、
久しぶりにきちっとした仕上がりを指先にまとう。
(在住の日本人ネイリストさんなのにどうしてだろう?
アメリカOKラインの基準がゆるいのか感性の違いなのか、なんなのか。
デザインの問題ではなく、ジェルの乗り方が違う。仕上がりの緊張感が違うんよねぇ。)
そういえば中国から一時帰国した姉のちびまる子カットを見てひとしきり笑ってしまったけれども、
なんと中国の美容師は資格いらずなのだそう!「今日からわたしなります!」の一声で美容師に。
初めてトライした中国の美容院にて、
無免許だけどスキルもやっぱりなかったブラックジャックのハサミづかいに愕然とし、
一目散に家に帰っては自ら修復オペ、あれやこれやとすいたりしてみたものの未だちびまる子の姉。

ずっと気になっていたホテルオークラのフレンチトースト!
世界各国の著名人を「死ぬほど美味い!」と言わせしめた幻メニュー。
朝食時間のみのメニューというハードルはおかげさまの時差でクリア、
うっかり6時に起きてしまった朝に行って参りました。
さすがに死にはしないけど、相当おいしい。ハンペンみたいなビジュアル。





最近友人から新潟の古町糀製造所というところの「神社エール」という飲物を頂きました。
甘酒に生姜が入ったもので、砂糖を加えておらず、お米の甘さだけなのにほんわり美味しい。
とてもあったまります。冷えない女をめざして。
飲物に大量の砂糖が入っていることには嫌悪するくせに、
右手につまんでいるドーナツには大量の砂糖が含まれていますぞ。それはいいんかいっ!


「メリクリ」と周囲でめっきり聴かなくなったのは、
言葉が古くなったのか、さもなくばわたしが古くなったのか。
それではみなさん、素敵なクリスマスを!
by akiha_10 | 2011-12-24 20:27 | Daily thinking
<< ニューヨークジャーナル 94 ニューヨークジャーナル 93 >>