<< page t-145     ... ニューヨークジャーナル 76 >>

ニューヨークジャーナル 77

a0028990_7311324.jpg

先週末土曜日はまさかの10月の積雪!
さすがのニューヨーカーも「なんでなんで?」と動揺。

折しも、この土曜日の夜こそ
皆コスチュームを握りしめて心待ちにし、
多くの人がハロウィンパーティーに設定していた、
まさにその日!
さらに個人的な情報を付け加えるならば、
この日のお昼は、わたしのお引越なのであった。
なんたるパーフェクト♥






ソーホーでサブレットさせていただいていた家主の先輩が
日本から帰国するのでまた新しいおうちを見つけました。
ちょうど友達が3ヶ月旅で家を空けるというのでわたしの帰国まで
貸していただけることになり、場所はすこし郊外といってもよいところですが
完全なる一人暮らしで地下鉄の駅も30秒足らずで、中心地へのアクセスよし。
ダウンタウンに執着していたけど(やっぱり好きなのは変らないけど)
住む所としてはこういう選択肢もあるなー。
なんだかんだで一人はとても落ち着くし、ここはなにかをする場所というより帰る場所なので
夜華やかな街の中でキリギリスにならなくていいしね。
どういうライフスタイルにするのか、という事も考えるきっかけになりますね。



大雪の中、友達が車を出してくれてなんとか引越は完了。
といってもスーツケースひとつと2エコバッグという女子にしてこの簡潔さは
我ながら自己満悦に浸るところであります。
突然襲来した0℃の恐怖。しかも美しい積雪というより、
雨アラレミゼラブルな厳しい寒さだったのです。
ああ、寒いってこわいこわい!!とぶるぶるしつつ、
そんな中パーティーにむけてふざけた格好に着替える自分を笑わずにはおられましぇん。
意地でもハロウィン、絶対ハロウィン、のアメリカンの心意気は急速に押し寄せた寒波を跳ね返す勢いで
悪天上等!積雪結構!もちろん決行!で友人宅へ。



a0028990_732368.jpg

お犬さままでもコスチュームオンでお出迎え。
イベントをどうやら間違えたであろうサンタがいたり、
どこで示し合わせたのか10人強の白シャツに赤ストールというマタドールがいたりして
「なんだろうなぁ」と訝しんでいたら、
半ばで元気のありあまったチェキラな闘牛が暴れながら入って来て合点がいきました。
そうして闘牛的な動きでじゃれ合う、いい大人であろうやんちゃな男子たち(本当に、男子って感じ)は
心底、、、、ほんっっと、阿呆すぎて、いいなぁ。
みんなジャック・ブラックに見えてくる。


わたしはトコジラミコスチュームがなかったのでキティちゃんにしてみました。
わたしがよくリボンのついた帽子やヘッドアクセサリーを被っているという理由で
一部の人からふざけて「Kitty」と呼ばれているのもあって
(Kitty from Japanもかかっているのだと思う)キティなのだ!
実はわたくし、5歳くらいまでキティぬいぐるみを常に肌身離さずおともさせ、
首がもげた時には人生初の「落ち込み」に喪に服し、
はじめて作詞作曲(というほどのものでもないが)したのが「キティの唄」
だというほど何気に溺愛していたのであります!
あの本能に訴えかける無表情な愛らしさといったら!
ずっと口か鼻かようわからんやったあの黄色部分のつぶらさといったら!
世界のキティ人気は120%賛同、キティは本能レベルでかわいい。
「なんでそんなかわいいと?」とキティを見つめては常々お尋ねしておりました。
そんなわけで自作のキティの唄をいつも唄っていたので、それを聴いていた親戚のおじちゃんたちから
「うわ、あきちゃんは将来シンガーソングライターやね!」
といつもふぜけて言われていたのがちょっと面白いねぇ。
創作は愛から生まれるんやねぇ。




天気が良ければ友人宅をハシゴしたりバーでひっかけたり、
路上で踊ったり叫んだり(?)もっとクレイジーアクティブハロウィンらしいのですが、
そんな祭りの酔いを冷ますのに容赦なさすぎる外の寒さは、
比較的街を冷静にさせ、みなそこそこの所で切り上げたのであります。

皮肉にもたったその一日だけ、街中が吹雪のTrickにかけられ、
翌日目覚めると魔法はすっかり解け(溶け)ていて
また日曜日から嘘のような晴天、平年通りの気温に戻ったのでした。



わたしのトコジラミはというと、跡が残っている以外通常営業!痒みは消えました。
ほらね!どうせ一週間後にはこんなに回復するんだもの!
悲劇のヒロインになるのに時間をさきすぎず大正解よ!
「痒くないだけで幸せ」という謙虚さは一年くらいはもちそうです。ありがとうトコジラミ。
バグを連れてまわさぬよう、すべての衣服を高温乾燥機にかけ、隈無くバグはおらんかねチェック。
根本解決は「業務用殺虫剤買ったから!」という頼もしい家主の先輩にお任せし
(先輩、ごめんね。でも先輩はわたしほど刺されていないらしい、うーむ)
ひとまず引越も終り、11月をむかえたのであります!
うつくしい季節ですね。ありがとうNY!大好きだNY!
by akiha_10 | 2011-11-03 07:49 | NY Journal
<< page t-145     ... ニューヨークジャーナル 76 >>