<< ニューヨークジャーナル 65 ニューヨークジャーナル 63 >>

ニューヨークジャーナル 64

a0028990_1374215.jpg

昨日移動したおうちから学習すべきことがなかなか多いのである。

縁あって貸していただいているのだから、もちろん感謝が大前提だけども、
駅のホームで暮らしているのではないかと思うほどの、
えらくローを響かせ体感サラウンドで楽しませてくれる列車の音、
気のせいか痒くなってくるボディ、
なんの種類かはあえて言わないけれども、仲良くルームシェアしている虫さん♥オー、ノー!!
こ、これは、、、、、なかなか厳しいぞー!


好きなものに囲まれて陽の当たるソファでカプチーノ♡的ガーリーな「住」の幸せの探求については
自らその分野の権威だと名乗り出ても申し分ないと自負しておりますが、
もうそういうのはこっちに来る時にある程度取捨してきたし、財政的配分を考えても
すべき経験、観るべき作品、味わうべき料理に重きを置く以上
サハラ砂漠でも寝られたことだし、「住」は必要最低限でいいと思っているけど、
だけどだけど!その「最低限」にもラインがあるな、
やっぱり、どこでもいいな、どーでもいい、というわけではないな、と。


今まで同じ価格帯でも、もっと安くても快適な場所にあたってきたから
うーん、運とか巡り合わせなんだよね、きっと。
そう考えると当たるべくして当たった有意義な経験!

思ったのはね、ルームメイトや部屋を探す時、
条件として部屋の広さや場所、センスなど色々挙げればキリがないけれど
一番大切なのは「衛生観念の一致」なんではないかと思う。
決してわたしもすごい綺麗好きとは言えないからね、ゆっても普通の清潔さよ。
それがわたしにとっての「安全」と並ぶ、住居におけるマズロー欲求段階の土台なんですね、
それがわかった。
そう、わかったのだ!わかるってうれしい!
少し焦ったせいで見学をしなかったわたしに全ての否があるのだけど、次探す時の勉強になるなー。
「普通に清潔」、これ大事。

そうはいっても週末までのステイなので、
積極的に外に出て、時にはスタバやカフェで地蔵のようにじっと動かぬ
感じの悪い客になるのをおおめに見てもらうことしにしよう。
できれば、家以外の場所に…ね…(でた本音)


おもしろ三昧に果敢に綱渡って、わたくしは元気です!
ギャラリー探索にいこっと!
by akiha_10 | 2011-09-23 01:46 | NY Journal
<< ニューヨークジャーナル 65 ニューヨークジャーナル 63 >>