<< ニューヨークジャーナル 31 ニューヨークジャーナル  29 >>

ニューヨークジャーナル 30

a0028990_8125233.jpg



前にも書いた
絶品グリエルチーズサンドのベーカリーの
場所と名前が判明。
このクッキーディスプレイが目印。









a0028990_864254.jpg



Birdbath

おいしさの再確認をしに再びグリエルチーズサンドを!
そしてベリースコーン(素朴で小麦味がして美味)、
リコッタチーズタルト
(バゲットにキャラメルペースト、チーズ、
唐辛子が隠し味できんぴらテイスト、斬新でセンスがいい)。
ちょっとお高めですがかなりおいしいです。
暫定NYベストベーカリー賞を!








姉滞在最終日はおもいっきりショッピングデー。
モノのあっけなさや消費、浪費活動ついて話し合っていたものの
「とはいえ、やっぱり買物はたのしいね、まったくしょうがないね。」とその矛盾の中で
愉しい気分を買うのです。
買って幸せ、使って幸せ、見て触れて幸せ、側にあって幸せ、これはほぼ「気持」という経験の購入。
モノを買うと店員さんが袋を渡しながら最後に必ず言う
「エンジョーイっ!」って言葉、すごーく言い得ていてこの言葉を背にしてお店を出る瞬間がすごく好き。
あと何回、この、ふふふって気分になれるかなぁ。
思えばわたしの好物であり、心がけてそう居たいと思うムードは、いつもこの「ふふふ」だなぁ。



a0028990_882522.jpg


ソーホーのヴィンテージのお店、Legacy
一目惚れワンピースを二着ほど(セールやったしね)。
一着はウクライナのデザイナー、
もう一着はギリシャのデザイナーらしいです。
姉はサンローランの70年代のウールのスカートを。
すごくよいセレクトです。
それを店のマダムに言うと、努めて個性があるように、
これでいい、じゃなくてこれでなくちゃ、
のお洋服をセレクトしているとのこと。
入荷予定のお洋服のことやANTIPASTのファンであることなどなど(わたしも大好き!)、
話が盛り上がりました。



ケイツペーパリーもなんとセール中!
興奮するほどいい紙がいっぱい!!!ええ紙やなあ。ええ手触りやなあ。
活版印刷の美しいカード、アイデアのつまったデザインカード、
念願の、ロウを溶かして 刻印するシーリングスタンプも購入。
ひとつひとつは3とか5ドルなのに、レジに行って塵が仰山積もっていてちょっとびっくり。
うーん、ちょっと大人買いしすぎたなあ。


おうちの近くに非常にセンスのいい空間が。
Creatures of Comfort
ZUCCAやツモリなどのお洋服、ずっと気になっているHow to liveのトートまであって、
日本贔屓セレクト??
さらにびっくりしたのが、リサラーソンが置いてあってピンときた、
なんとPlaymountainコーナーがあるではないか!
わあ、なんだかおもしろいなあ。









a0028990_8103436.jpg


夜はミュージカルスパイダーマン。
音楽はボノがかいているだけあって、あらゆる場面でU2を感じました。
コスチュームデザインは日本人女性なんだそうです。
トリッキーで美しく、すばらしかったです。
ステージの横だけでなく縦をも使った演出、空間すべてステージといった感じで、迫力がありました。
仕掛け満載でトラブルも多いようで一度お芝居が止まりましたが、それも含めエキサイティングでした。
姉滞在につき毎日フル活動のキラキラとしたオンブロードウェイの日々は矢のようい過ぎ去っていきました。
おねえちゃん、写真をたくさん撮ってくれてありがとう。
by akiha_10 | 2011-04-07 08:30 | NY Journal
<< ニューヨークジャーナル 31 ニューヨークジャーナル  29 >>