<< page s-67      ... page s-66      ... >>

page d-245                   あたる

a0028990_20122391.jpg


こんばんわ!

久しぶりに友人とシンシアガーデンに行きました。
ここの手ごねベーグルが美味しい。
この意識の高いサラダランチを食べながらも
お土産にテイクアウトベーグルを買って帰って結局むしゃむしゃむさぼる、
ヘルシーオーガニックはあくまでポーズな女子。

VOGUEが主催していたシャネルのイベントにふらっと寄ってみました。
催しの「がちゃがちゃ(コインをいれてまわすやつ)」を
「こいういの、わたし当たるんよね…」と言いながら興じてみると
「おめでとうございます〜!」とスペシャルなものが当たった。
やったやった!
おなじみ「MADEMOISELLE」のミニボトルの香水がはいったオルゴール!
キュートです。
「マドモワゼル」というと、
楽曲「フレグランス」を書いたきっかけのひとつにもなったアイテム。
フランス、またはフランス語に、淡い憧れを抱いたのも、
この「マドモワゼル」の甘美な響きが一因。
縁ってあるよね…とおなじみ勝手にシンクロニシティ。


映画「ココ・シャネル」も「ココ・アヴァン・シャネル」も観たけれど、
ココ本人があくまでマニッシュであった姿は大好きなソニア・パークさんの哲学とも重なる。
家庭科の授業の時「ジェンダーと衣服」という単元に妙に取りつかれたことがあった。
女が「女」をもってして輝くよりも
意図した「女らしさ」を排除してなお女をして輝くほうがハイレベルである。
がしかし、今まではそのように、街行く人々を観ながら、
媚びない出で立ち、自分のためにお洒落をしている人を評価しがちであったのが
最近は正面きって「女」をしている女性を逞しく、それはそれで潔く思えてきたのだ!
これには、少々自分の精神的エイジングを感じます。
(感心する、っていう感情、すごくエイジングを感じる。)
マネージャーがマルイに行ってギラギラしている人たちを観るのが好き、
というのもこういうことなのでしょうか。
わたしの苦手な雑誌のキャッチ的ですが、
外も内も、どちらも肥やしていきたいですよね!



さてさて、9月25,26で地元北九州で唄います!
北九州ミュージックフェスタ
9/25(土) 
KBCラジオフェスタ 13:00~13:15
小倉駅JAM広場ステージ 14:00~14:30
FM KITAQ 16:00~16:30
9/26(日) 
NHKリバスタサンデーコンサート 14:30~14:50
井筒屋クロスロードステージ 15:40~16:10

完全なる地元すぎて嬉しいやら、不思議な気分。
お近くの方はお買い物ついででも、ふらりと遊びに来てくださいね!
by akiha_10 | 2010-09-11 20:27 | Daily thinking
<< page s-67      ... page s-66      ... >>