<< page t-118   アト... page t-116   アト... >>

page t-117   アトリエの跡、空腹の後(のち)幸福 20

a0028990_1095881.jpg


小麦隊長、麦総本山のパリにやってきました。
がしかし、パリはちょっぴりしか時間がなかったので、
10区のDu Pain et des Idees デュ・パン・エ・デジデへ。
店主が日本びいきらしく日本語サイトが。
脱サラして開いた熱い想いのこもったブーランジェリーは
2008年パン屋大賞にも選ばれました。
わたしにとっては、レピュブリックから近いので立地もよく、
レピュブリックからバスティーユに下るゴールデン散策道の中に組み込むことができるのです。
隊長、あろうことか、
お腹すきすぎて、俊速でぱくついて写真なし。
バゲットは重いほどにぎっしりとしていて、
デニッシュ系は、女はこれとコーヒーのために生まれて来たのよ、
と思わせるファンタジックな味わい。


ちなみ2007年バゲット大賞のお店は
クロワさんが「Jam&to go!」webで研修に行ったお店。
クロワッサンはここうまし。
Régis Colin【レジス・コラン】
53 rue Montmartre 75002 Paris
Tel : 01 42 36 02 80
メトロ : 4番線 Les Halles

2009年大賞は次回トライ!


a0028990_108221.jpg
そして、小麦改め、そば粉隊長(いつのまに?)、
モンパルナスへガレット
(そば粉のクレープ)を食べに!
ここは、洋梨とフォアグラ(でた!)のキャラメルソース、
という罪深きのメニューがあるのです。
わかっております
今年いっぱい、いや、
来年ぶんくらいまでのフォアグラを食しました。
贅とエゴのかちまり。懺悔。
ちょうどケミィがこの旅で持っていた唯川恵の小説に、
うにやイクラや内臓系はグロテスクで、
それを男女が一緒に食べているだけで、、、、
というようなくだりがあり、
なんてタイムリー!と深く頷いてしまった。
後ろめたさに宿る甘美。






ケミィが「これおいしいっ!」
とシードルを調子にのってぐいぐい飲んでいた。それ、お酒よ…?
確かに、ここのシードル、今までで一番好きかも!
ケミィ、やっぱりとろーんとなる。

Creperie du Manoir Breton (クレープリー ドゥ マノワール・ブルトン)
住所:18,rue d'Odessa -75014 Paris
電話:01 43 35 40 73
メトロ:エドガー・キネ駅(6番線)
by akiha_10 | 2010-07-18 10:15 | Trunk
<< page t-118   アト... page t-116   アト... >>