<< page t-99      ... page s-62      ... >>

page t-98       アトリエの跡、空腹の後(のち)幸福 1

a0028990_22434169.jpg

夜10じ半、闇とのシェア率、太陽が圧勝の夏のパリ。
空港からパリ・リヨン駅にむかうのに、
たしかエールフランスのバスで行けるはず、と
ケミィと「きれいやねぇ」なんてバス停で言いながら20分くらいぽやーんとしていた。

青年が「もしかしてバス待ってる?今日は10時台で終わりだよ」
と親切にも教えてくれる。しぶしぶと鉄道へ。
~の「はず」の命中率は五分五分。
なのに懲りずに「はず」のアタリに賭けてみたくなる、プティ・ギャンブラー。

トランクの片側につめた15kgの希望を引きずり抱え、
ザッツトラベルよ、とノーエレベーターノーヘルプの鉄道のいじわる階段をヨイショ、、、と
のぼりながら旅がはじまる。
by akiha_10 | 2010-07-04 22:48 | Trunk
<< page t-99      ... page s-62      ... >>