<< page t-7 フランス初上... page t-5 フランス初... >>

page t-6  フランス初上陸 3 

ちょっとした小道に入ると、知る人ぞ知るお店に出会えるかも…
そんな期待に応えてくれたのはモンマルトルの少し東、レピュブリック。
初心者のくせして、どうしても中心地よりも、小さめで、個性のある街が気になってしまう。
ここはパリ流下町の雰囲気。活気があって、安くて、生活が見える。

裏路地に入ると、ブティックが点々と並ぶ。
おそらく中心地よりも土地が安いのもあって、若手デザイナーのギャラリーや、
トライアルのセレクトショップみたいなものが多い。
「モノより思い出。」そう、強く意志を固めていたはずが、
目に飛び込んできた「SOLDE」の文字は、強力な引力で足を運ばせる。
「どうやらセールらしいよ。ま、見るだけよ。」友人に言いながらも、自分に再度意志確認。

全面白壁のシンプルなお店に、少しデザイン性のある、生地質にこだわった洋服が並ぶ。
「大人になったら、こうゆうのいいな。」
そんな想いと共に何気なく見ていたが、ハンガーに掛かった洋服を掻き分ける手が止まった。
破格だわ。
なんだ、よく見ると70ー90%OFF?物によっては0ひとつ消せる。
強かったはずの意志は瞬時に飛んでしまい、現実味のあるその価格設定に、その手の動きは本気になり始めた。
なんでも去年立ち上げたデザイナーズらしく、次のコレクションのために店内は一掃セールにしてしまう、というような事を言っていたと思われる。

手にとった服を試着してみる。
試着室でこっそり、その値札に書いてある元値から赤文字の値段を引いて、アメリ風ニンマリ。
「こういう時は、買っていいよね。」と自分を弁護する。
いかにも仕事ができそうな、オーナーらしき女性が素材やデザインについて説明してくれるが、
キャッチできず、とりあえず「ウイ」を連呼する。
意味は分からなくても意志が通じたのか、なんとなく仲良くなった。
「これにしよう。」とオーナーに告げる。
しかし、周辺も散策してから戻ってこようよ。というよくある買い物パターンをになり、一度店を出る。
a0028990_245461.jpg

ほんの少し周りを歩き、再びその店の扉をくぐる。例のオーナーはにこやかに迎えてくれた。
お?一瞬、アパレル関係者かと思ったが、その抜群のスタイルと仕種で、そこにいるパリジャンがモデルだと推測できた。オーナーとカタログを見ながら、何かを相談している。その美しさに圧倒されていると、試着室から、さらにオーラのある女性が。
しかも彼女、私が買おうとしていたトップスを着て、店内を颯爽とウォーキング。
この二人はモデル仲間だと、確信に変わる。
とても綺麗に着ている。すっかり見とれていたが、オーナーがそれに気付いて事情を彼女に説明する。
「オ〜!ソーリー。」と顔の半分を占める大きな瞳をパチパチさせながら言う。
「でも、私も欲しいのよ、あなたもう一度着て、考えてみてくれる?」というようなことを感じ良く言われるが、
とんでもないです。
「よくお似合いっす、わたし、いいっす どーぞどーぞ」
心でそう叫びながら、単語と身ぶり手ぶりで譲る意志を伝え、
とりあえずモデルの彼女の前で再び試着することは免れた。
ある種の緊張と焦りで、ヘコヘコしてしまった。
彼女は申し訳なさそうにお礼を言う。
ああ、パリ・コレモデルと同じ服について争奪するなんて…参戦するまでもなく惨敗。
でも、そのお買得服一枚より、その美しい方々と偶然出会い、一瞬の交流があったことが、
一番ラッキーだったのよね。思い出、思い出。

日が落ちたレピュブリックは、大通りに並ぶ路面食材店の灯りがよく映える。
閉店前のデリカッセンで「SOLDE」のお惣菜を買って、ホテルへと向かう。
by akiha_10 | 2004-09-17 03:06 | Trunk
<< page t-7 フランス初上... page t-5 フランス初... >>