<< page d-178     ... page i-21 ... >>

page d-177 相対的浮世絵

G2さん演出の「相対的浮世絵」を観た。

人の欲とか本能、本性に触れるとすがすがしい気持ちになる。

高1の教科書に載っていた芥川の「蜘蛛の糸」が鮮烈で、陰湿サイドのわたし、がすがるようにのめりこんだ。

「だって、生きてるんだもん(だから自分の都合を優先してくれよと霊に対して思う場面)」という台詞は、「だって、好きなんだもん」と同じくらいエゴイスティックで潔い。

「エゴイストはかわいくないね」
高2に書いたフレグランスという楽曲。
気持に振り回され放題だったな。

まあ、たいして変わってないか。
by akiha_10 | 2010-03-27 16:43 | Daily thinking
<< page d-178     ... page i-21 ... >>